2012年04月05日

システマ レボリューションメカボックス



来ましたicon12
M110で、現行国内仕様ではないので、付属はマグナムモーターになります。
当然ながらそのまま組み込むことをしてはいけません。

流速銃を作るとき同様、テスト用の短いインナーバレルを順々に試していき、190mmで落ち着きました。

長掛けHOPではありませんが、電気なまずをフルで使うので、HOP窓は広げてあります。
また、先端は10mm近く、深いテーパーが掛かってます。

これで初速は0.2g弾95~96m/sです。流速チューンとはちょっと違うので、HOPを掛けても初速変動はありません。(バレルが短いので下がることもないけど、上がることもありませんでした。)

0.28gでは81m/sでした。良好です。ちなみに0.28gではHOP掛けすぎると初速落ちました。

セミのレスポンスはハンパないですface05これが電子制御の力なのか!?icon12



動画icon12
レボリューションメカボックスはセミ主体で使用することを前提に設計されていて、フルで使いすぎると破損に繋がるようです。

が、これだけ反応が早いとセミのみでも十分だと思います。face05

こりゃいいなicon12

  


Posted by フリップ好き  at 12:01Comments(0)M727

2012年03月19日

完成



なんか懐かしい(笑)
結局、リコイルキットはトレマーズに変更しました。
理由は、作動音がかっこいいから

トレマーズは、次世代と同じリコイル方式なので、ピストンがリコイルシャフトに当たった際、「ガチャン!!」っと鳴るわけですよ。これが無限のリコイル方式にはないんです。
流速の発射音と、この作動音が、撃っていてとても楽しいんですface02

トレマーズへの変更に伴い、スプリングのかさ上げ量が変わるので、スプリングは130%に上げました。
バレル長に変更はなく、初速は変更前と同じです。



無限対応用に短くしちゃったストック付け根。そのままでも大丈夫ではあったのですが、なんか不安だったので、アルミパイプとビニールテープで再延長パーツを作りました。
イモネジで固定してます。

イモネジが干渉するので、ストックパイプ付け根の干渉箇所に、イモネジ逃げ用の溝を彫って対処。


内部構成は130%流速です。ピストンヘッドは最近自分の中では定番になりつつある、アルミの負圧給弾ヘッドです。
Φノズルを合わせてあるので、弾詰まり時、ノズルが塞がれて崩壊!!ってことにはならないですface02

負圧給弾ヘッドは良いよ?face03給弾不良がまず起こらないからicon12

モーター自体に鬼トルクがあるので、ギアもライラのダブルトルクから、SHSの純正比(18:1)に。ベベルのみマルイ純正のHC電動ベベル入ってます。

FET化は取り合えず見送った為、スイッチは消耗品扱いですが、まあいいでしょう。

次のサバゲは再びデルタ装備だなface03









ついでに、メッシュベストも加工

ポーチ類を全て外して、ファスナーもバックルに(ファテックスって言うんだっけ?)付け直しました。


後ろはそのまま。フィールドパック付けてみたり。

サンダーソンと行動を共にしていたデルタの誰か。って設定で良いよね(笑)
  


Posted by フリップ好き  at 16:41Comments(0)M727

2012年03月13日

仮組みとテスト



M727です。
実はこれ、過去にも製作したことがあります(ガンジニア様のガンスミスライブラリにあります)

前回は、フロントサイトポストをずらすやり方で、純正M4のアウターバレルを組みましたが、今回はアウターバレル付け根に4mmのアルミパイプを入れて、アウターバレルごとずらして製作。
※マルイのM4とM733のハンドガードは、長さが違うので、M733にM4のアウターを組む場合、フロントサイトポストをずらすか、アウターバレルを延長する必要があります。

当然ながら固定ネジは5点化です。あと、今回は、M733ゴードンでもお世話になった、ハリケーン製のメタルフレームを投入face05

ハンドガードはほっそり見せる為、上下ともハンドガード[上]を組んでいます。下側のは内部を削ってミニバッテリーが入るように加工。

内部パーツにまだ変更が入るので仮組みですが取り合えず組んでみました。(インナーバレルとスプリングに変更は出ないので、初速は現段階で確定)
0.2gでは84m/sくらい(HOPかけて90m/s行くか行かないかくらい)ですが、0.28gで75m/s(HOPかけて80m/s前後といい感じ)


インナーバレルは135mmで、先端に結構なテーパーを掛けてみましたface02
シリンダーは自作(M4より少し多め)今回、シリンダーヘッドやノズルには絞りを入れてないので、120%スプリングでの流速になってます。

リコイル欲しかったので、無限2改を入れましたが(プロトタイプテストからの結果を得て、正規販売品となったものです。分割式だったリコイルウェイトは一体型になり、組み間違いが起きないようになってましたface03

しかし、流速+リコイルをやる場合、トレマーズを使った方が調整は楽だと感じました(作動音もトレマーズの方が派手なので、個人的にはトレマーズの方が好き)
無限2の利点はハイサイにもリコイルを載せられることですが、流速前提なら、まずサイクルはそこまで上げませんしね。

今後の課題はAtoZモーターさんをいかに上手く扱うかなんです(笑)
今はテストなんでSBD+接点グリスべっちょりーなで運用してますけど、変態モーターにはSBDは望み薄・・・これではスイッチが早期消耗品扱いに(汗)

FET化の交渉中icon12


モバゲーのサークルメンバーに声を掛けて、サバゲメンバー集めてたらぺナってしまった(笑)
しかもスレッドごと抹消される始末。
最近のモバゲーは厳しいねぇ。

来月は第2も第4も予定が取れず、いつものライズ戦に参加できないので、第3あたりにデザユニかバトルシティーに行きませんか?って内容だったの。

今月は第4にライズ参戦しますface03
M727が間に合えばデルタ装備で。間に合わなかったらUSCM装備で。
あ、M42Cの再調整してねーや(笑)

  


Posted by フリップ好き  at 14:49Comments(1)M727