2018年02月17日

スライドストックすっぽ抜け対策


CYMA M870のスライドストックです。
使用者は分かりますが、このストック、すっぽ抜け対策がされておらず、勢いよく伸ばすとスポーンと抜けます。
いきなりMAXの長さまで伸ばそうとすると大体抜けます。

そこで今回はこのスライドストックにすっぽ抜け対策を施そうというわけです。

正確には、このストックにもその機能があったんですよ
しかしストックパイプの加工と合っておらず機能しない物になっていたんですよ。なのでそれを機能させてやろうと。


まずストック上面のネジを外してチークピースを外します。


で、このピン
このピンこそがすっぽ抜け対策用の部品だったんです。
このピンを裏からピンポンチとハンマー等を使って叩いて抜きます。


あとはストックパイプの写真の位置に低頭ネジを埋め込みます。
この部分が切削されずに残っていればさっきのピンが機能を果たし、すっぽ抜けないようになっていたのに、CYMAさんはストックパイプの最後端まで削ってしまったようで・・・

なので、ピンに引っかかるように段差を作ってやろうというわけです。このあたり使うネジによって位置が多少変わりますが、必ず低頭ネジを使って下さい。一見低く見えるトラスネジでは高すぎます。
なお、ネジ頭が高すぎるとストックが入らなくなります。

後はストックを逆手順で戻せばOKicon12

ちなみに長い六角レンチを持ってない場合はストックを外す必要のある全分解時は面倒になるので、ストック固定ネジを同じ長さのプラスネジに変えたほうが良いです。
バットプレートを外せばストック固定ネジにアクセス出来るのですが、この長さの対応六角レンチを持ってる方はそうそういないと思うので。逆にロングのプラスドライバーはホームセンターで簡単に入手出来ます。


スライドストック機種を使用している方は試して見ては?
ネジ穴切るためのタップとか持ってねーよって方は25日のさんだんキャンプ時に工具持ってますので声を掛けてくれればその場で施工しますよ。タダじゃないけどねw
その希望がある場合は事前に連絡下さい。工具はあるけど低頭ネジは用意していかないとないので。
  


Posted by フリップ好き  at 13:06Comments(2)ショットガン

2018年02月16日

アクセサリー追加


眺めているうちにだんだんお気に入りになってきたSTF12icon12
オプションパーツを追加してやったface03


パッと見は実のSTF12用サイドシェルホルダーと同じで作りましたが、シェルの保持方式はいつものサイドシェルホルダーと同じくシリコンチューブによる摩擦力保持です。
樹脂の弾性保持にするとシェルのステッカーが痛むから嫌なのよ・・・
で、ホルダー自体も少しだけ左にオフセットにしました。実と同じ位置にデザインするとスリングフックに当たるので。ていうか、実の5連もスリングフックに当たってたけどどうなのよ?(^^;

ホルダーの固定自体は両面テープです。ネジはダミー。
メタルフレームならネジで固定できるんだけどねー。



イオテックちゃんは安物レプリカ。グリーンにも切り替えできるよ♪
レイルにインサートしたアルミバーのお陰でたわみも出ず。
しかしマウント自体が右に傾いてて水平出すのに2mmも盛った(^^;
厚紙で補正どころではない・・・

固定ホップのエアコキショットガンは傾きに敏感だからね、雰囲気重視だ!!って傾いたまま付けておくわけにもいかないので。



いや~良いicon12タクティカルっぽくてicon12


アンダーレイルには何かライトを付けたいところですね。
ちなみに付けなくてもコッキング出来るけどハンドストップ付けてやると物凄いコッキングし易くなります。





  


Posted by フリップ好き  at 16:07Comments(0)ショットガン

2018年02月11日

STF12 エアショットガン


発売前には結構盛り上がっていたものの、現物を見てガッカリする人も多かったと聞いてます。

私もそうでした。
外観はほとんどプラ。中身はダブルイーグルのM1014とほぼ同じ(というかそれそのままという感じでした)それでいて価格はマルイのM3と同等。

あまりいい要素が無かったのですが

買ってしまいました(笑)

だって海外から個人輸入で買えば送料入れても1万ちょっとだったんだもの。この値段なら許せると思いまして。

購入したのは上記画像と同じショートのグリップタイプの物です。
ですがこちとら少し前までカスタムを生業としていた者。当然フルチューン前提で購入。

出来上がったものがこちらw



もっと時間掛かるかな?と思いましたが、ポート可動機構が出来上がってからは早かった。
各部作業はプラモデルの手直しに近い内容です。ネジ変更とか再塗装とか。


この位置にプラスネジが丸見えだったので、ハイダーの向きを変更してネジを見えなくして塗装。


各所の目に付くプラスネジを六角ネジに変更。


トップのレイルはグニグニしてたので、中にアルミフラットバーを通してグニグニしないようにしてます。
何もしないとドットサイトとか載せてもたわんじゃってダメだと思う。


前後サイトが全然明るく見えなかったので、一度アクリルを抜いて、穴を貫通させ、採光率を上げました。


一番気に食わなかった場所w
モールドだけだったエジェクションポートを切り抜いていつものM3カスタムのごとく、コッキング時の連動開閉ギミックを追加。チラ見せシェルはレッドで、ポートカバーは余っていたCYMA M870のを使ってます。でもCYMAの機構ではなく、M3に行うのと同じ方法で加工してるのでフルオープンです。


これも余っていたCYMA M870のスライドストックの再利用品。ベース部分は3Dプリンターで作って、そこにスライドストックのストックパイプから取り付け。CYMAのスライドストックなんで、引っ張りすぎるとストックはすっぽ抜けますw

M4系ストック仕様にしてCTRストックとかでも似合いそうかな?とも思ったのですが、このストックの方がSTF12用のスライドストックに似てたし、追加資金掛からないし。


スリングフックは純正のプラ製はまるで使い物にならないので、ダイキャストのプレートから自作。フロントはCYMA M870のを取り付け。
これで実用的に使えます。


で、以前言っていたように、これは0.2g専用ショットガンにしたので初速も80m/s前後です。
でもこれに使用したメインスプリングは、現行CYMAの、本来68m/sしか出ない軟らかいスプリング(ステッピングしなくてもコッキング出来ちゃうほどのもの)を使用してます。

ピストンの加工やその他低抵抗化加工と組み合わせてこの初速icon12
形状的にコッキングしづらいSTF12でも余裕で引けるので、合理的なカスタムになってます。

弾道もすこぶる安定。ホップも0.2gに合わせてあるので0.25g使うと飛距離は落ちますがすんごいまとまるよicon12


全体的にも再塗装して、ワックス仕上げにしたからあからさまなプラスチック感は感じないようになりましたicon12
手を加えないとなんだかなぁって感じですけど、ちゃんといじってやればそれなりにカッコ良くなりますねicon12





  


Posted by フリップ好き  at 14:40Comments(0)ショットガン

2018年02月04日

試作

こんなカスタム良いよねーって画像が送られてきました。

遠回しに、作ってくれねーか?という意図をプンプン感じたわけですが、残念ながらもううちにはその余力が無いです。

こないだ一軒家の内見に行ってきました。家を買うことが現実味を帯びて来ましたが、まだ先になるでしょうね。
1部屋作業場にしたいとすると4LDK以上は欲しいし。

というか・・・買ったらお義母さんも一緒ってのは聞いてなかったぞ・・・

カスタム復帰のめどはたってないんで、ショットガンカスタムに関しては散弾工房さんにお願いして下さい。

が、小物の手助けくらいなら出来る(作るのは3Dプリンターだから)ってなわけで、レイルフォアエンドについてるオープンタイプのシェルホルダーを試作してみました。


レイルスルーで、真ん中にボルトを通して位置を決める固定方法です。シェルに関してはパチンとはめ込むタイプですが、しっかり固定されます。

レイルによってキツイ場合があったので0.1mm単位で寸法修正中。(レイルスルーゆえに精度も大事なんだけど、樹脂の収縮が作ってみないとわからないんで、トライ&エラーの繰り返し)

2/25に間に合えば何個か作っていきます。  


Posted by フリップ好き  at 08:06Comments(2)ショットガン

2018年01月28日

週間エアショットガンを作ろう!!

頑張ったw

作業場さえあれば2日で終わったであろう内容(テストや調整は別として)のカスタムに約4週間かかりました・・・

毎週末ちまちまちまちまと玄関先でパーツを作り、嫁の外出中にダンボールを拡げてこっそり室内作業をし、やっとこさ完成icon12


短いショットガンicon12

CYMAのM870ベースです。シルバーのメタルモデルは発売予定なしとのことで、適当なショートのメタルモデルを削って磨いて塗装してシルバー化。


ボディーとアンダーカバーは削って磨いたんだけど、アウターバレルとマガジンチューブは面倒になって(磨いてるとあと1週間掛かるんで)そのまま塗装。フロントのビーズサイトはマルイM870のやつです。


フォアエンドはザラザラ仕上げ。あと、ガタガタしないようにクリアランス調整パーツも取り付け。


ボディーはメタル。磨いてから塗装してるんで、塗装が剥げてもアウターバレルと違ってブラック地は出ないようになってます。
ポートカバーはブラックでチラ見せはレッド。


グリップは自家製。ガーデンフェス販売ショットガンに付けてた試作品をもう少し寸法変更して細くしたよ。梨地の滑り止め仕上げで他のCYMA M870にもポン付け可能icon12(マグプルモデルは除く)
そうそう、ベースに使ったM870はマグプル仕様のじゃないです。フォアエンドだけマグプルのに交換した通常VerのM870です。
付け替えで遊ぶためにピストルグリップが欲しかったんでね。


中身はTNバレル仕様のPSカスタムです。
マルイM3の純正スプリング使ったのに98.4m/sというちょっとギリギリすぎて良くない初速が出たので、スプリングをカットして現在の数値です。(0.28gでは82m/sで、ギリなんだけど、これ以上は下げなくていいかなとw)
同仕様のジーザスのショットガンがここまで出なかったので、今回試験的に入れたピストンの加工が要因なのか、単純にマルイがM3スプリングの出力を上げたのかはわかりません。検証してる時間も取れないしね。


クリスマスプレゼントのナイトホークと並べるとこんな感じicon12

スリングつけるとこがないので、ベルトかプレキャリにウェポンキャッチ付けて運用する形になるかな?
結局これも0.2g使えねぇ・・・
0.2~0.25の汎用ホップで高初速化すると0.2使用時には結構浮くのよ。ピンポン玉を強く投げてもかえってまっすぐ飛ばなくなるのと一緒。
固定ホップの欠点ですね。初速を80~85m/sくらいにするor0.2用にホップを弱めるのどちらかを行えばいいんだけど、当たったのに気付いてくれない人対策としてはやっぱり0.28g使いたいからね。

次回の週間エアショットガンを作ろうの際には0.2g専用にしようicon12

0.2g用には0.2g専用のショットガンを作るしかないよなicon12もう1丁作るしかないよねface05
口実が出来たなw  


Posted by フリップ好き  at 17:10Comments(5)ショットガン

2018年01月08日

玄関先で色々と

相変わらず作業場がありません。

ですが玄関先で物を削ってる分には怒られないので、3Dプリンターで出力した物を玄関先で仕上げるという行為を行っております。


こんなんとかね。


短いショットガンが欲しいと思いまして。短いのなら家族の目から隠すのも容易ですしw

で、週間○○を作ろうシリーズばりに、毎週末小物をコツコツ作ってます。本体まだ買ってない。
パーツの加工とか、各パーツは家で作って持って行き、本体は購入先でテーブルを拡げてその場でカスタムする形になるんじゃないかと。

今日はこれ

マグプルフォアエンドのガタつきを抑えるスペーサーicon12

CYMAのマグプルフォアエンドって結構ガタガタして気になる&変なとこに擦れてコッキングが重くなるときがあるので嫌なので、そのガタを抑えようと。
かといってあまりクリアランスを詰めすぎるとかえってコッキングが重くなってしまうので、テストしては寸法直してまたテストしての繰り返し。

やっぱり何か作ってるのは楽しいねicon12
  


Posted by フリップ好き  at 10:07Comments(2)ショットガン

2017年12月08日

夜鷹カスタム


自分へのクリスマスプレゼント(笑)用に製作中だったやつです。

仕上げに入ります。


シェルリリースレバーのパーツがリリーススプリングに干渉して、動きが渋いので干渉部分を削ります(設計ミスレベルですよここ)


アクションバーベースに3mm厚のアルミフラットバーを付け足し、フォアエンドの位置を前へずらします。

内部はいつものカスタム同様の加工を施します。今回、フォアエンドの滑り止めがステッピングじゃないので、フルパワーのPSカスタムではないです。

あとは各部をちょいちょい仕上げて完成icon12





フロントサイトは集光レッドの固定です。


表面をザラザラにしたフォアエンド。ナイトホークのロゴはマスキング→塗装で入れました。


上下左右調整可能なM1014リアサイトにトップレイル。
エジェクションポートカバーはブラック。チラ見せはレッド。
セーフティーはビッグボタン。
フレーム固定ネジは六角のボタンネジに変更しました。


ストック両側面にもナイトホークのロゴ入れ。スリングフックは実パのスチール製。


6連のサイドシェルホルダーはフレームネジ穴を利用してネジ固定式にしました。不要なときは外せます。


ホップと初速も少し控えめにして、0.2~0.25が使えるようにしました。気が付けば持ってるショットガンのほとんどが0.28仕様だったので(^^;

0.28でも使えますけどね。


いつ使えるかはわからないけどとりあえず自分用クリスマスプレゼントは完成icon12

作業場の片付けは嫁が産後入院している期間に行う事が決まりました。何とか間に合った。
当面何かやる場合は部屋の隅っこかお外でやることになりそうです(^^;
BB弾が転がってると問題になるので室内発砲も禁止されましたし。

フロンティアのレンジでも通うことにしようかなぁ?




  


Posted by フリップ好き  at 16:07Comments(0)ショットガン

2017年11月29日

クリスマスプレゼントw


ガーデンフェスも頑張って販売したので、自分へのご褒美ということで(笑)

恐らく自分用としても当面の最後になると思うのでこれを作りたいなと


M45A1も購入予定ですし、タンカラーのショットガンが欲しいなと思いましてね。

今日明日は午前中でお仕事終わるので、ガンガン作業を進めます。時間も無いですし、のんびりしてたら作業場消滅しちゃうのでね。


CYMAのメタルモデルと言えども機関部は樹脂。やはり首周り強度が気になりますよね?なので、強化骨格アルミバーを埋め込みます。


この位置にオートウェルドとネジを使って貼ります。もちろん、貼れるように機関部側を切削しておきます。


あと内側のこの位置に同じくアルミバーを埋め込み。シャッターの動きを阻害しないところまでです。


で、24時間放置。

その間に他の作業


まさかの実ショットガン用スリングがまた入手出来たので加工して取り付け。
これ、スチールなので、リューターの超硬ビットでも歯が立ちません。なので、グラインダーで切断します。
あとはステンレスドリルで穴をあけてネジ止め。細かなはめ込み形状の調整は本体側で行い、そっちはリューターで切削出来ますので比較的楽です。
側面のフレーム固定ネジは六角ボタンボルトへ交換しました。


フォアエンドは今回ステッピングとは別方法で滑り止め加工を試してみてます。

ここまで本体到着から半日での作業w
明日は内部着工かな?
  


Posted by フリップ好き  at 17:46Comments(0)ショットガン

2017年06月26日

CYMA M870 ポート可動域拡張

以前質問があった加工法です。文章ではわかりにくいと思ったのと、丁度やる機会があったので写真を取りました。


うちでカスタム済みショットガンを出す際には標準加工にしてました。
エジェクションポートの可動域を拡げてチラ見せをより良く見せるための加工です。
CYMA M870はデフォでここが可動するのでシリンダーにステッカーを貼ればチラ見せギミック自体は簡単にできます。が、拡張をしないとリム部分が見える位置までポートが開きません。
その僅かなこだわりをするための加工です。


まずアクションバーのポート側です。この溝にポートの板が引っかかって後退するようになってます。
その引っ掛かりの位置を10mmを目安に後ろへ下げます。
方法としては10mm下げた位置にイモネジを埋め込みます。


裏から見るとこんな感じ。しっかり垂直にやれば、トリガー連結パーツの動きを阻害しない位置にネジが来ます。
アクションバーの加工は以上です。
網目状の切削はグリスを乗り易くしてコッキングを軽くするための油溝加工ですので、今回の拡張加工には無関係です。



次に機関部のガワです。そのままでは赤丸の位置が、後退量の増えたポートカバーとぶつかるので、ここを削ります。


こんな感じで切り離さないように。角にはアールを残しておくと応力が集中しにくいです。


そしたらシリンダーにシェルステッカーを貼り、組み直すのですが、その際に、このポートに繋げるスプリングを


純製の物よりも良く伸びる物に変更します。純正スプリングだとスプリングが伸びきらずに破損します。


ビヨーンw
ちなみにここのスプリングが軟らかくなると若干コッキングも軽くなります。

これで組めば可動域拡張加工は完了です。


難しくは無いですがドリルとリューター、タップの道具3点は必須です。

  


Posted by フリップ好き  at 17:03Comments(0)ショットガン

2017年01月20日

CYMA M870 マグプルカスタムレビュー


うちにも納品されて来ましたicon12

CYMA M870シリーズの最新機マグプルカスタムで御座います。
昔、BM870と称して自作したことがありましたが、ついに来たか!といった感じです。
全体的には結構いい感じの作りです。
ちなみにこれは自分用のメタルモデルです。

販売用としてはメタル2本、プラ2本の計4本を入れて、全てフルチューンして販売に回します。(メタルがアウトドア仕様、プラがHAA仕様になる予定です。)


まずストックですが、赤丸部分のネジを外すことでプレート枚数を減らすことが出来ます。
体格の小さな方はプレートを抜いた方が扱いやすいですよ。


ストックの固定ネジはここにあります。レンチが当たったような跡が付いてますが、これは他のにも全て付いていたので、仕様の傷のようです(汗)
あと、残念な事に本来ここにはネジを隠すラバー製のカバーがあるはずなのですが、ありませんでした。
全ての製品(今回仕入れなかったモデルにも)に付いてなかったので、不足パーツではなく、初めから無いようです。


ちょっと試作してみましたがすんなり出来た(笑)どうせステッピングしてしまえば消えてしまうのでモールドの再現はしませんでした。
うちで作るカスタムガンには標準パーツにしようと思います。


フォアエンドです。マグプルの樹脂レイルがそのまま付きそうですが、そのままだとアクションバーベースに干渉するので、付けるなら要加工です。


フロント/リアサイト形状はM3のコピーですが、リアサイトはクリック感があり、工具なしでカチカチカチと左右調整が出来ます。
これだけでもM3に逆輸入していいくらい良い物です。


内部に関してはまだ各個体ではややバラツキ(個体によりスプリングテンションが異なり初速は90越えの物もあれば80前半の物もあり、バラバラ)がありますが、概ね良好です。
ホップは強く掛かる傾向にあり0.28gが初めから使える個体がほとんどでした。
逆に言えば0.2gや0.25gを使うには要調整。0.28gも本格使用するなら要調整。結果、要調整なんですがね(笑)

ホップが掛からない以前に比べればだいぶマシになりました。ベースガンとしても十分過ぎるものです。
下準備はしてありましたので、カスタムガン完成までそう時間は掛からないかと思います。

頑張りマース!

<追記>
シリンダーのノズル破損防止加工がなくなり、かつノズル寸法も変更になりました。
またアウターバレル内径も細くなりました。
結果、従来通りのカスタムが出来ない仕様になってしまいました。

マルイ製チャンバー、TNバレルを使う場合は、ほとんどの個体でシリンダーを含めたほぼ全てのパーツをマルイ製に交換する必要があり、カスタム前提と考えるとM1014並に厄介な状態に成り下がっています。
いや、成り下がったというのは語弊がありますね。独自の進化を遂げたおかげで従来のカスタムが出来なくなったというのが正しい言い方ですね。
  


Posted by フリップ好き  at 10:15Comments(17)ショットガン

2016年12月28日

愛機整備

もうすぐ2016年も終わりですね。
皆さん今年はどんな1年でしたか?
インフルエンザに侵されて最悪なクリスマスを過ごしたフリップ好きです(笑)
神様からクリスマスプレゼントに休暇を貰ったicon12と解釈してますが、まぁ、きつかったicon10
予防接種してたお陰で軽度で済んでますが、そもそもかかりたくないよね(^^;

今は動けますがまだ保菌者状態なんで自宅監禁中です。

こっそり行こうと考えてたライズのファイナルミッションもパーです。仮に行けたとして商品作れてないから売る物ほとんどないし・・・
かといってがっつり商品作りするほどの元気があるわけでもないので、愛機の整備を行いました。最近紹介してたCYMAカスタムじゃなく、最もメインで使ってるM3です。


結構弾痕付いてたりとボコボコだったし。フロント周りも少し変えました。



マガジンチューブを延長して、アウターバレルにはS-Ventを開け、ヒートシールドを外しました。
早い話がフロントはSAIカスタムのM3と同じにしたって事です。


これ、ライズで雷さんのトレポンにフルオート喰らった時の弾痕(笑)ヒートシールドで隠してたんです。


ポートカバーも同様にフルオート喰らってボコボコになってましたが、板金しなおして修正・補修しました。

結構傷も多いけどそれだけ使い込んでる一番の相棒ですから。
自分の銃器の中でも一番使用歴が長いんじゃないかな?(完成させると満足して結構あっさり販売しちゃうタイプだったので一定機種を長く使うことが少ない)
ショットガンナー成り立てから1年くらいがBM870使ってて(今のCYMA M870みたいだね)

その後コスタのSAI M3にするもあっさり売却


でその後からはずっとこのM3カスタム使ってます。ちょっとずつ姿は変わってるけどね


バッテリーも不要、初速も年中安定。最近のシェルマガジンの出来に不満はありますがやっぱりエアコキショットガンは良いですねicon12
来月にはマグプルタイプのM870も入ってくるし♪まだまだショットガンナー辞められないっす(^^







  


Posted by フリップ好き  at 11:17Comments(1)ショットガン

2016年12月04日

レイルフォアエンド


また1個入りましたicon12M3用のレイルフォアエンドです。
もちろんCYMA M870にも使えますが、スポーツラインの場合はアクションバーベースも樹脂製のためネジ穴が負けてしまうので、CYMAに使うならメタル製か、アクションバーベースのみをメタル製のものに変える必要があります。


これはCYMA M870に付けたモデルですが、結構いかつくなります。
(CYMAにつけるとアクションバーのクリアランスの関係で結構カタカタします。が、それがかえってメタルのパーツにカチャカチャ当たり、良さげな金属音が鳴ります♪)

自分のに使うつもりで仕入れたのですが

アクセサリーのキャリアリリースバーに干渉してしまうため、使用出来ませんでした(涙)

単品販売しようと思いましたが、一品物になってしまったので、せっかくなので何かフルカスタムしたショットガンを販売用に作ろうと思います。
年末までには間に合わせる予定。頑張ります。
  


Posted by フリップ好き  at 18:15Comments(2)ショットガン

2016年11月24日

イベント販売分の2丁

ガーデンフェスで販売するカスタムショットガン2丁が完成しました。
今まで6発イサカを販売することはありましたが、マルイ(マルイ方式)ショットガンのカスタムを販売するのは初になりますね。

2丁ともベースはCYMAのM870ですが、ばっちりいじってあります。

まず1丁目

スライドストックタイプのメタルモデルがベースです。


マズル先端にはハイダー。フロントサイトはマグプルDVD時にコスタさんのM870に付いていたタイプで作りました。
ホワイト塗料ではなく、蓄光塗料を塗ってあります。


フォアエンドにはステッピング。後述しますが、内部はPSカスタムなのでこれが結構重宝します。


フレームトップにはレイルとリアサイト。リアサイトにも蓄光塗料を塗ってあります。
フレーム側面の+ネジは六角ネジに変更して見映えを良くしてあります。


エジェクションポートの開放量を増やしてちょいチラ見せを追加。

さて、中身はPSカスタムとなっており、初速は0.2gで91m/sとなっています。が、0.2gは使用出来ません
何故か?それは0.28g用ロングレンジホップを搭載したためです。昨日の段階では補正ホップにして仕上げようと思っていたのですが、場所はガーデン。森です。ブッシュを貫通するだけのパワーが必要かつ購入してそのまま使用するには0.28g仕様にするのが一番と判断しました。
PTWや流速に対抗するにも十分です。なお、0.28gでの初速は78m/sです。※0.28gでの上限は83m/s
チャンバーはマルイ製、インナーバレルはTNバレルです。

通常価格は44000円ですが・・・・さぁ、いくらになることやらicon12 title="icon12"/>



2丁目

こちらはスポーツラインがベースです。軽量でガンガン突っ込めるHAA仕様です。


アウターバレルはリブ付き。サイトはフロントのみですが集光アクリルサイトを搭載しています。


こちらもフレーム側面のネジは六角に変えてあります。ポート開放量も同じく増やし、チラ見せシェルはグリーンにしました。

内部は上記にも書いたように、軽コッキング仕様のHAAカスタムとなっております。
こちらはチャンバーはCYMA製ですが、ホップパッキンはマルイ製です。インナーバレルはCYMA製ですが、真鍮バレルを使用しています。
初速は73m/sとなっており、1丁目のようなブッシュ貫通力があるわけではないので、正直ガーデンにはやや不向きではあります。
それでも飛距離は純正M3よりは出ますので、ショットガン入門用に向いているカスタムです。非力な方や女性でもコッキングできる利点はあります。
ちなみに、初速が低いと言えどもハンドガンクラスはあり、電動ガンの予備銃扱いするには勿体無いショットガンではありますよ。

ステッピングは入れてませんが入れて欲しいということであれば当日道具を持って行きますので現地で追加加工致します。

こちらは通常価格20000円ですが・・・いくらになるでしょうねface03

今のところ当日は、雨予報とのことですが、エアショットガンは雨にも強いですよ?故障しませんから。
ガーデンも森ゆえに小雨程度なら気にしないでゲーム出来る利点があります。

なお、じゃんけん大会の景品にもショットガンを出しますが、今回そちらは無カスタム品とさせて頂きました。

27日は是非ガーデンフェスにお越し下さい(^^


  


Posted by フリップ好き  at 18:28Comments(0)ショットガンお知らせ

2016年11月23日

ぶっ壊しちゃったので(汗)

昨日は久しぶりのライズ火曜日定例でした。

ショットガン率が高くて楽しかったです。ライズの火曜定例はPTWかショットガンかってくらいショットガン率が高く、使いこなす鬼ゲーマーも多いので修行にももってこいで御座いますicon12
約半分はフリップカスタム製w

で、タイトルのやつですが

こいつね

調子に乗ってサラコナーコッキングしてたら壊れてしまいました(笑)
やっぱりアレはやっちゃダメだねw

CYMAのM870を仕入れてきたうちの1丁を補修用パーツ取り銃にして、そこからパーツを回収し、修理。
結果こうなった↓

ストックを変えてみて、M3用に保管してあったレイルフォアエンドに交換。エジェクションポートをスチールグレーに変更してみました。
ストックはいつでも戻せますしね。

中身もHAAを止めてNPに変更。初速は86m/sに。
とりあえず転がってたフォアグリップ付けてみた。コッキングできないかな?と思いましたが、

ちゃんと引けます。
このスタイルも中々かっこいいではないかicon12

27日のガーデンフェスではCYMAベースのカスタムガンを2丁ほどですが販売します。

まだ製作中。でもたぶん間に合いますよ。

長い方はメタルベースで、TNバレルも入っていて、0.25~0.28を前提としたアウトドア仕様。
短い方はスポーツラインベースで、メタルモデルからぶんどった真鍮バレルにマルイのパッキンを使用。中身はHAAのインドア向け仕様です。
どちらも普通に製作販売するよりも、イベント価格で安く販売する予定です。値段の兼ね合いを見ながら加工箇所を考えながら作ってますが、中身はどちらも即実戦使用向けです。

出来上がったら詳細はまたアップします。

ガーデンフェスでは他にも色々とアイテムを準備していきますので、当日は是非大金を持って(笑)お越し下さい。


  


Posted by フリップ好き  at 19:42Comments(0)ショットガン

2016年11月17日

サイトの変更

インドアメインのCYMA M870ベースカスタムですが、ちょっとサイトの高さが低すぎるので変更しました。


M3純正サイト+集光サイトの組み合わせから、イサカライアットのサイトにicon12


フロントにもリアにも蓄光塗料を塗ってあります。
リアの位置はフォールディングストックを畳んでいる状態でも干渉しない位置です。


本当はガスのM870タクティカルのサイト使いたかったのですが、フロントサイトがいつまで経ってもメーカー在庫切れで入手出来なかったので、注文翌日には届くイサカのサイトを使いました。
なかなか良いもんですicon12

ついでにジーザスのショットガンもサイトが無くて狙えないとか贅沢な事を言いやがったので作ってやりました。

まぁ、以前試作してほったらかしてたやつを仕上げて付けてやっただけなんだけどねw
一応上下左右の調整は出来るし、十分でしょうよ。

27日のガーデンフェスにはゲームに参加しないので、禁断症状が抑えきれず、急遽22日にライズの火曜定例に行くことにしました。久しぶりの修行ですface03

  


Posted by フリップ好き  at 21:18Comments(6)ショットガン

2016年10月30日

久々の出品


バレルクランプと集光フロントサイトの2アイテムのみですが久々のオークション販売分が出来ましたので回しました。

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/satomaru49

しばらく出品していなかった為、以前の出品データが消えてしまい、また書き直すはめに・・・
シェルキーパーも今度出品する時はまた書き直さないとダメです(^^;
めんどくさい・・・

現在は修理・メンテナンスをちらほらとショップ向け卸分、イベント販売用の方を優先して製作作業を行ってますのでシェルキーパーに関してはまた当面オークション分までは回らないです。

よろしくお願いします。


話は変わりまして、暗くなるのが早くなる時期になりましたね。同時にガスガンは動作が厳しくなる時期です。

ショットガンで発光BB弾を撃ち出したくて色々考えてます。
先日のバトルシティー10周年の時に色々な方と意見交換を交わしまして、その際に、本体内に紫外線LEDを仕込む方法は、紫外線により劣化が早まるとの実験結果話を頂きました(M3やスパスの機関部は樹脂製なので)

そりゃ困るね(^^;

考えてみりゃ電動ガンでこの方式を使ってるチャンバーはメタル製ですもんね。


こんな形のビームマガジン方式(LED照射部分は金属性にして)でちょっと作ろうかと検討中。

多弾マガジンは好きじゃないんですが、夜戦・ローライト戦などの限られた場合でしか使わないと考えれば良いかなと。マガジン側で発光させれば各銃をカスタムする必要もないですしね。
で、ショットガンの多弾マガジンの画像を探してたらこれを見つけましてね。単純にサラマンダー使ってM4のビームマガジン突っ込むのは嫌だし、多弾マガジンであってもショットガンらしくしたいと思ってるのでね。
ちなみにAA-12のマガジンを使うとM3やスパスのマガジン部分では重すぎてたぶん支えられない(笑)

この冬のうちには作りたいなぁ。  


Posted by フリップ好き  at 17:16Comments(4)オークション情報ショットガン

2016年06月10日

ジーザスショットガン

夏にライズでもショットガン定例をやる方向で検討中との連絡を頂きまして、その際に「ジーザスも強制参加ね♪」という話がありました。

ジーザスというのは、私の古くからの友人(保育園~中学まで一緒だった仲)でいつも一緒にサバゲに行く友人です。ここ数年で、その風貌からなぜかジーザスというあだ名に(笑)

彼は普段トレポンを使用しており、ショットガンは使ったことはなく、当然ながら持ってもいません。
仕方ないのでジャンクや余ったパーツを寄せ集めて1丁組み上げました。


ベースはCYMAのM870.スポーツラインのミドルです。



頂き物のM1014のストック(ラバーが溶け出してベタベタだったためにジャンク品として貰った物です。)
ベタベタラバーを除去して干渉部分を削って取り付け。古いやつなんですっぽ抜け対策はされていません。
※劣化したベトベトラバーは消毒用エタノールをウエスに付けてこすると落とせますよ

タダで作る腹いせにジーザスエンブレム作ってフレーム側面に貼り付けてやった(笑)



エアショットガン初心者なので、引き損じを起こさないことを第一に考えてHAAカスタム&ステッピングの初心者向け仕様に。
ちなみに実験用で余ってたとは言え、マルイチャンバーとパッキン、TNバレルが入ってる高級仕様です。
ホップは0.2g用補正で、初速は74m/s。
一応サラコナーコッキング出来ました(笑)でもストックが軽い分、フォールディングストック機よりもやりにくいのでやらないほうが良い。

サイトがないと狙えないと思ったのでとりあえずフロントサイトは付けてやった。リアはない。そもそも遠距離は撃てない仕様なので弾道見ながら当たるように練習しやがれってんだface03

遠距離撃てないって言っても30m圏内は問題なく戦えるレベルです。ちょっと仰角つけりゃ40mも行けますが、当たり所や相手の装備によっては当たったことに気付いてもらえないかもね。
ただ初速と使用弾の関係でブッシュ貫通力は弱いです。0.25g使ってもちょっと厳しいかな?

寄せ集めにしては贅沢かつ普通のM3以上に使えるレベルになってます。普通に依頼で作ったらウン万取るレベル(笑)
シェルマガジンくらいは自分で買ってね♪




3Dプリンターまだ入院から帰ってこないorz
よほど重症だったと見える。でも支障でまくりで困る(汗)

  


Posted by フリップ好き  at 13:33Comments(7)ショットガン

2016年06月03日

CYMA M870出品用


元々はストック回収のみが目的で購入し、本体は放置プレイしてたやつですが、置いておくのも邪魔だし、CYMA M870はM1014と違ってちょっといじるだけで結構まともに使えるようになるので、お蔵入りするのも勿体無いと言う事で、出品に向けて整備しました。

また出品時に細かく書きますが、
・インナーバレルをメタルM870の真鍮製に交換し、ホップパッキンはマルイ製に交換。
・トリガーも例のごとく調子が悪い(引ききった位置からさらにぐにっと押し込まないとシアが落ちない)ので、トリガーも調整。
・シリンダーにシェルステッカーを貼ってチラ見せ風に。(ポートの開閉量は増やしてないので完全なチラ見せギミックではないです)
・メインスプリングをM3の物に交換。78m/sだった初速は89~91m/sに。
・アクションバーベースをプラ製→M3のダイキャスト製に交換。

PSカスタムを実験したのでアクションバーには油溝彫ってあります。肝心なPSカスタムは、逆に初速が85m/sに下ってしまう自体が発生したので取りやめました。(それでも純正の78m/sよりは上がったけど、これはスプリング交換の効果だと思います。シリンダー容量が微妙にM3とは違うので、やはり適正バレルもM3と同様ではないみたいですね)

ストックがないので取り寄せ中で、届き次第出品します。なお、M3ショーティーのグリップが余ってるので、付けられるように加工し、それもセットにします。

普通に使える物ですよicon12初速があるから飛距離も出るし。ガチ仕様にカスタムしたM3には及びませんがね。並みのM3と同等かつ飛距離はやや上って感じになってます。
インナーバレルがCYMA製なので不安でしたが、真鍮バレルは同社スポーツラインのアルミバレルより精度ある感じなのでそのまま使ってます。
本当はPSカスタム実験時にマルイのチャンバーとバレルを移植したんですが、上記の通りあまり芳しくなかったので、戻したんです。もうマルイ製インナーバレルの予備もなくなっちゃったんで。真鍮バレルで集弾性が良かったのは正直結果オーライでした。
まぁお陰で余計な材料費アップは避けられてますよ。(実験工賃入れたら結構な額になりますが、それはしませんので。)

ホップも補正したら逆に0.28g用ばりな鬼ホップになってしまったので純正マルイホップです。このチャンバーがM3よりも少し強く掛かるんで(恐らく内径の0.数ミリの違い)これでいい感じのホップになってます。

ステッピングもした方が良いってのが個人的な意見ですが、マルイのM870のようにストックとフォアエンドを木目調塗装してみるのもカッコいいので、それは購入者様の判断に任せますよ。これはあくまで素体ということで。

別途出品中のフロントサイトやヒートシールドを付けてみるのも如何です?face02
出品額は15000円です。スポーツラインとしては高いですが、M3買うよりは安い額になります。
実験工賃は含みませんが、実際施してある加工賃とパーツ代は頂く形です。ショーティーグリップ代はおまけ(笑)

ストックが来たら詳細説明と出品しますね。  


Posted by フリップ好き  at 16:48Comments(0)ショットガン

2016年05月26日

実験中

相変わらず3Dプリンターは修理中です。

受付を停止している間に出品分のシェルキーパーを製作、補充しておきました。
よろしくどうぞ。


さて、シェルキーパー製作と合わせて、少し落ち着いてきましたし、いい機会(とりあえず現在も新規受付は停止中です。)自分のM3を使っていろいろ実験中です。


まずはやろうやろうと思ってましたが時間が取れなかったこちらから

引き損じた時にノズルが潰れるのを防ぐ加工
現行ロッドのガスM870シリーズには施されてる方法です。
それをM3に導入しました。今のとこ異常はないです。

この加工をしたら単発時に初速が下がるという謎の安全システムが発生しましたface08

この個体には現在PSカスタム&補正ホップの組み合わせのカスタムを施しています。カスタム後、発射数が2発以下になるとピストンの前進スピードが上がるので、少なからず初速が上がります。もちろん単発になっても0.98Jを超えないように調整はしていますが。
これも同様でしたが、上記の加工を入れてからなぜが安全現象が。


これが0.2g使用、3発時の初速です。


で、これが単発時の初速。

ちなみに0.28g、3発だと


しかし単発だと


ノズル潰れ防止ピンの逃げを確保するために、チャンバーも干渉部分に穴を開けます。そこからエア漏れするのかな?と予想してますが、そうだとすれば3発時にも初速が下がってしまうはずです・・・よくわかりません

手作業ですから、たまたまこの個体に起きた偶然かも知れないので、メインのM3にも同様の加工を入れてみようと思います。



もうひとつはホップの飛距離実験ですが、今後0.25g用のロングレンジホップは廃止の方向で行きます。
ロングレンジホップ自体は初速が下がるHAAとは相性が悪く、NPかPSカスタムとの併用を進めて来ました。
が、NP・PSカスタムであれば、0.25gまでならあえてロングホップにしなくても補正量を少し変えた補正ホップで0.25gをすっ飛ばせたので、時間の掛かるロングレンジホップを作る必要性が少ないという結論が出ました。

ちなみに上のM3も集弾性を維持するために弱めの補正にした補正ホップですが、写真のように初速が出てますので飛距離自体はパワーで補って飛ばせております。

また、補正ホップも今後は0.2gメインの補正0.25gも使用出来る補正の2種類に分けて行きます。

今後もよろしくお願いします。

<追記>
メインのM3にもノズル潰れ防止加工を入れました。
仕様はPSカスタム・0.28gロングレンジホップという組み合わせです。
上のM3ほどではありませんでしたが、単発の方が3発同時発射時に比べて5m/s程度落ちました。
うーん、謎だ。でも少なくともこの加工を入れたことで単発になった時の初速が下がったというのは間違いないようですね。

しかし元々デフォでこの加工がされているCYMA M870ベースのカスタムの方ではこの現象が起こらなかった(今まで同様に、単発時には初速が上がる)ので、この加工自体に単発時低下現象が起きるというよりも私が手作業で行ったということに何らかの原因があるんだと思います。

まぁ、安全になるわけだし3発で下らないならどーでもいいや(笑)

他のカスタム時にも単発時低下現象が起こるかどうかはわかりませんが、3発発射での悪影響はないと断定できたので、これも今後はメニューに加えて行きますね。
  


Posted by フリップ好き  at 12:38Comments(4)ショットガン

2016年05月25日

スパストリガーの修理

補修パーツが手に入らず、長らくほったらかされていたスパスですが、再販されるとのことから、もし失敗しても新たにトリガーを注文すれば良いと思いまして、思い切って補強修理を行いました。

イノ獅子さんとお話してた方法。

中に骨材としてネジ(イモネジを使用)を通し、オートウェルドで接着。その際、L曲げした亜鉛鋼板を一緒に貼り補強し、下側にも直角三角形に削り出したダイキャストを貼りました。

ご存知オートウェルドは固定に24時間要するものの、その固定力は溶接並みという超強力な接着剤です。ただ、接着面積が小さいので、さすがにこれだけでは無理と判断してネジ埋め込みと板材補強方式を取りました。

どのくらいもつでしょうね?組み上げてテストした感じでは問題なく撃てますが。


とりあえず長らく眠っていたスパスは補修完了し、へたったスプリングも交換して完了。


もしダメだった場合は新品トリガー入手後、使用前に先に補強を入れて組み替えようと思ってます。

  


Posted by フリップ好き  at 17:57Comments(2)ショットガン