2017年01月20日

CYMA M870 マグプルカスタムレビュー


うちにも納品されて来ましたicon12

CYMA M870シリーズの最新機マグプルカスタムで御座います。
昔、BM870と称して自作したことがありましたが、ついに来たか!といった感じです。
全体的には結構いい感じの作りです。
ちなみにこれは自分用のメタルモデルです。

販売用としてはメタル2本、プラ2本の計4本を入れて、全てフルチューンして販売に回します。(メタルがアウトドア仕様、プラがHAA仕様になる予定です。)


まずストックですが、赤丸部分のネジを外すことでプレート枚数を減らすことが出来ます。
体格の小さな方はプレートを抜いた方が扱いやすいですよ。


ストックの固定ネジはここにあります。レンチが当たったような跡が付いてますが、これは他のにも全て付いていたので、仕様の傷のようです(汗)
あと、残念な事に本来ここにはネジを隠すラバー製のカバーがあるはずなのですが、ありませんでした。
全ての製品(今回仕入れなかったモデルにも)に付いてなかったので、不足パーツではなく、初めから無いようです。


ちょっと試作してみましたがすんなり出来た(笑)どうせステッピングしてしまえば消えてしまうのでモールドの再現はしませんでした。
うちで作るカスタムガンには標準パーツにしようと思います。


フォアエンドです。マグプルの樹脂レイルがそのまま付きそうですが、そのままだとアクションバーベースに干渉するので、付けるなら要加工です。


フロント/リアサイト形状はM3のコピーですが、リアサイトはクリック感があり、工具なしでカチカチカチと左右調整が出来ます。
これだけでもM3に逆輸入していいくらい良い物です。


内部に関してはまだ各個体ではややバラツキ(個体によりスプリングテンションが異なり初速は90越えの物もあれば80前半の物もあり、バラバラ)がありますが、概ね良好です。
ホップは強く掛かる傾向にあり0.28gが初めから使える個体がほとんどでした。
逆に言えば0.2gや0.25gを使うには要調整。0.28gも本格使用するなら要調整。結果、要調整なんですがね(笑)

ホップが掛からない以前に比べればだいぶマシになりました。ベースガンとしても十分過ぎるものです。
下準備はしてありましたので、カスタムガン完成までそう時間は掛からないかと思います。

頑張りマース!

<追記>
シリンダーのノズル破損防止加工がなくなり、かつノズル寸法も変更になりました。
またアウターバレル内径も細くなりました。
結果、従来通りのカスタムが出来ない仕様になってしまいました。

マルイ製チャンバー、TNバレルを使う場合は、ほとんどの個体でシリンダーを含めたほぼ全てのパーツをマルイ製に交換する必要があり、カスタム前提と考えるとM1014並に厄介な状態に成り下がっています。
いや、成り下がったというのは語弊がありますね。独自の進化を遂げたおかげで従来のカスタムが出来なくなったというのが正しい言い方ですね。
  


Posted by フリップ好き  at 10:15Comments(17)ショットガン

2016年12月28日

愛機整備

もうすぐ2016年も終わりですね。
皆さん今年はどんな1年でしたか?
インフルエンザに侵されて最悪なクリスマスを過ごしたフリップ好きです(笑)
神様からクリスマスプレゼントに休暇を貰ったicon12と解釈してますが、まぁ、きつかったicon10
予防接種してたお陰で軽度で済んでますが、そもそもかかりたくないよね(^^;

今は動けますがまだ保菌者状態なんで自宅監禁中です。

こっそり行こうと考えてたライズのファイナルミッションもパーです。仮に行けたとして商品作れてないから売る物ほとんどないし・・・
かといってがっつり商品作りするほどの元気があるわけでもないので、愛機の整備を行いました。最近紹介してたCYMAカスタムじゃなく、最もメインで使ってるM3です。


結構弾痕付いてたりとボコボコだったし。フロント周りも少し変えました。



マガジンチューブを延長して、アウターバレルにはS-Ventを開け、ヒートシールドを外しました。
早い話がフロントはSAIカスタムのM3と同じにしたって事です。


これ、ライズで雷さんのトレポンにフルオート喰らった時の弾痕(笑)ヒートシールドで隠してたんです。


ポートカバーも同様にフルオート喰らってボコボコになってましたが、板金しなおして修正・補修しました。

結構傷も多いけどそれだけ使い込んでる一番の相棒ですから。
自分の銃器の中でも一番使用歴が長いんじゃないかな?(完成させると満足して結構あっさり販売しちゃうタイプだったので一定機種を長く使うことが少ない)
ショットガンナー成り立てから1年くらいがBM870使ってて(今のCYMA M870みたいだね)

その後コスタのSAI M3にするもあっさり売却


でその後からはずっとこのM3カスタム使ってます。ちょっとずつ姿は変わってるけどね


バッテリーも不要、初速も年中安定。最近のシェルマガジンの出来に不満はありますがやっぱりエアコキショットガンは良いですねicon12
来月にはマグプルタイプのM870も入ってくるし♪まだまだショットガンナー辞められないっす(^^







  


Posted by フリップ好き  at 11:17Comments(1)ショットガン

2016年12月04日

レイルフォアエンド


また1個入りましたicon12M3用のレイルフォアエンドです。
もちろんCYMA M870にも使えますが、スポーツラインの場合はアクションバーベースも樹脂製のためネジ穴が負けてしまうので、CYMAに使うならメタル製か、アクションバーベースのみをメタル製のものに変える必要があります。


これはCYMA M870に付けたモデルですが、結構いかつくなります。
(CYMAにつけるとアクションバーのクリアランスの関係で結構カタカタします。が、それがかえってメタルのパーツにカチャカチャ当たり、良さげな金属音が鳴ります♪)

自分のに使うつもりで仕入れたのですが

アクセサリーのキャリアリリースバーに干渉してしまうため、使用出来ませんでした(涙)

単品販売しようと思いましたが、一品物になってしまったので、せっかくなので何かフルカスタムしたショットガンを販売用に作ろうと思います。
年末までには間に合わせる予定。頑張ります。
  


Posted by フリップ好き  at 18:15Comments(2)ショットガン

2016年11月24日

イベント販売分の2丁

ガーデンフェスで販売するカスタムショットガン2丁が完成しました。
今まで6発イサカを販売することはありましたが、マルイ(マルイ方式)ショットガンのカスタムを販売するのは初になりますね。

2丁ともベースはCYMAのM870ですが、ばっちりいじってあります。

まず1丁目

スライドストックタイプのメタルモデルがベースです。


マズル先端にはハイダー。フロントサイトはマグプルDVD時にコスタさんのM870に付いていたタイプで作りました。
ホワイト塗料ではなく、蓄光塗料を塗ってあります。


フォアエンドにはステッピング。後述しますが、内部はPSカスタムなのでこれが結構重宝します。


フレームトップにはレイルとリアサイト。リアサイトにも蓄光塗料を塗ってあります。
フレーム側面の+ネジは六角ネジに変更して見映えを良くしてあります。


エジェクションポートの開放量を増やしてちょいチラ見せを追加。

さて、中身はPSカスタムとなっており、初速は0.2gで91m/sとなっています。が、0.2gは使用出来ません
何故か?それは0.28g用ロングレンジホップを搭載したためです。昨日の段階では補正ホップにして仕上げようと思っていたのですが、場所はガーデン。森です。ブッシュを貫通するだけのパワーが必要かつ購入してそのまま使用するには0.28g仕様にするのが一番と判断しました。
PTWや流速に対抗するにも十分です。なお、0.28gでの初速は78m/sです。※0.28gでの上限は83m/s
チャンバーはマルイ製、インナーバレルはTNバレルです。

通常価格は44000円ですが・・・・さぁ、いくらになることやらicon12 title="icon12"/>



2丁目

こちらはスポーツラインがベースです。軽量でガンガン突っ込めるHAA仕様です。


アウターバレルはリブ付き。サイトはフロントのみですが集光アクリルサイトを搭載しています。


こちらもフレーム側面のネジは六角に変えてあります。ポート開放量も同じく増やし、チラ見せシェルはグリーンにしました。

内部は上記にも書いたように、軽コッキング仕様のHAAカスタムとなっております。
こちらはチャンバーはCYMA製ですが、ホップパッキンはマルイ製です。インナーバレルはCYMA製ですが、真鍮バレルを使用しています。
初速は73m/sとなっており、1丁目のようなブッシュ貫通力があるわけではないので、正直ガーデンにはやや不向きではあります。
それでも飛距離は純正M3よりは出ますので、ショットガン入門用に向いているカスタムです。非力な方や女性でもコッキングできる利点はあります。
ちなみに、初速が低いと言えどもハンドガンクラスはあり、電動ガンの予備銃扱いするには勿体無いショットガンではありますよ。

ステッピングは入れてませんが入れて欲しいということであれば当日道具を持って行きますので現地で追加加工致します。

こちらは通常価格20000円ですが・・・いくらになるでしょうねface03

今のところ当日は、雨予報とのことですが、エアショットガンは雨にも強いですよ?故障しませんから。
ガーデンも森ゆえに小雨程度なら気にしないでゲーム出来る利点があります。

なお、じゃんけん大会の景品にもショットガンを出しますが、今回そちらは無カスタム品とさせて頂きました。

27日は是非ガーデンフェスにお越し下さい(^^


  


Posted by フリップ好き  at 18:28Comments(0)ショットガンお知らせ

2016年11月23日

ぶっ壊しちゃったので(汗)

昨日は久しぶりのライズ火曜日定例でした。

ショットガン率が高くて楽しかったです。ライズの火曜定例はPTWかショットガンかってくらいショットガン率が高く、使いこなす鬼ゲーマーも多いので修行にももってこいで御座いますicon12
約半分はフリップカスタム製w

で、タイトルのやつですが

こいつね

調子に乗ってサラコナーコッキングしてたら壊れてしまいました(笑)
やっぱりアレはやっちゃダメだねw

CYMAのM870を仕入れてきたうちの1丁を補修用パーツ取り銃にして、そこからパーツを回収し、修理。
結果こうなった↓

ストックを変えてみて、M3用に保管してあったレイルフォアエンドに交換。エジェクションポートをスチールグレーに変更してみました。
ストックはいつでも戻せますしね。

中身もHAAを止めてNPに変更。初速は86m/sに。
とりあえず転がってたフォアグリップ付けてみた。コッキングできないかな?と思いましたが、

ちゃんと引けます。
このスタイルも中々かっこいいではないかicon12

27日のガーデンフェスではCYMAベースのカスタムガンを2丁ほどですが販売します。

まだ製作中。でもたぶん間に合いますよ。

長い方はメタルベースで、TNバレルも入っていて、0.25~0.28を前提としたアウトドア仕様。
短い方はスポーツラインベースで、メタルモデルからぶんどった真鍮バレルにマルイのパッキンを使用。中身はHAAのインドア向け仕様です。
どちらも普通に製作販売するよりも、イベント価格で安く販売する予定です。値段の兼ね合いを見ながら加工箇所を考えながら作ってますが、中身はどちらも即実戦使用向けです。

出来上がったら詳細はまたアップします。

ガーデンフェスでは他にも色々とアイテムを準備していきますので、当日は是非大金を持って(笑)お越し下さい。


  


Posted by フリップ好き  at 19:42Comments(0)ショットガン

2016年11月17日

サイトの変更

インドアメインのCYMA M870ベースカスタムですが、ちょっとサイトの高さが低すぎるので変更しました。


M3純正サイト+集光サイトの組み合わせから、イサカライアットのサイトにicon12


フロントにもリアにも蓄光塗料を塗ってあります。
リアの位置はフォールディングストックを畳んでいる状態でも干渉しない位置です。


本当はガスのM870タクティカルのサイト使いたかったのですが、フロントサイトがいつまで経ってもメーカー在庫切れで入手出来なかったので、注文翌日には届くイサカのサイトを使いました。
なかなか良いもんですicon12

ついでにジーザスのショットガンもサイトが無くて狙えないとか贅沢な事を言いやがったので作ってやりました。

まぁ、以前試作してほったらかしてたやつを仕上げて付けてやっただけなんだけどねw
一応上下左右の調整は出来るし、十分でしょうよ。

27日のガーデンフェスにはゲームに参加しないので、禁断症状が抑えきれず、急遽22日にライズの火曜定例に行くことにしました。久しぶりの修行ですface03

  


Posted by フリップ好き  at 21:18Comments(6)ショットガン

2016年10月30日

久々の出品


バレルクランプと集光フロントサイトの2アイテムのみですが久々のオークション販売分が出来ましたので回しました。

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/satomaru49

しばらく出品していなかった為、以前の出品データが消えてしまい、また書き直すはめに・・・
シェルキーパーも今度出品する時はまた書き直さないとダメです(^^;
めんどくさい・・・

現在は修理・メンテナンスをちらほらとショップ向け卸分、イベント販売用の方を優先して製作作業を行ってますのでシェルキーパーに関してはまた当面オークション分までは回らないです。

よろしくお願いします。


話は変わりまして、暗くなるのが早くなる時期になりましたね。同時にガスガンは動作が厳しくなる時期です。

ショットガンで発光BB弾を撃ち出したくて色々考えてます。
先日のバトルシティー10周年の時に色々な方と意見交換を交わしまして、その際に、本体内に紫外線LEDを仕込む方法は、紫外線により劣化が早まるとの実験結果話を頂きました(M3やスパスの機関部は樹脂製なので)

そりゃ困るね(^^;

考えてみりゃ電動ガンでこの方式を使ってるチャンバーはメタル製ですもんね。


こんな形のビームマガジン方式(LED照射部分は金属性にして)でちょっと作ろうかと検討中。

多弾マガジンは好きじゃないんですが、夜戦・ローライト戦などの限られた場合でしか使わないと考えれば良いかなと。マガジン側で発光させれば各銃をカスタムする必要もないですしね。
で、ショットガンの多弾マガジンの画像を探してたらこれを見つけましてね。単純にサラマンダー使ってM4のビームマガジン突っ込むのは嫌だし、多弾マガジンであってもショットガンらしくしたいと思ってるのでね。
ちなみにAA-12のマガジンを使うとM3やスパスのマガジン部分では重すぎてたぶん支えられない(笑)

この冬のうちには作りたいなぁ。  


Posted by フリップ好き  at 17:16Comments(4)オークション情報ショットガン

2016年06月10日

ジーザスショットガン

夏にライズでもショットガン定例をやる方向で検討中との連絡を頂きまして、その際に「ジーザスも強制参加ね♪」という話がありました。

ジーザスというのは、私の古くからの友人(保育園~中学まで一緒だった仲)でいつも一緒にサバゲに行く友人です。ここ数年で、その風貌からなぜかジーザスというあだ名に(笑)

彼は普段トレポンを使用しており、ショットガンは使ったことはなく、当然ながら持ってもいません。
仕方ないのでジャンクや余ったパーツを寄せ集めて1丁組み上げました。


ベースはCYMAのM870.スポーツラインのミドルです。



頂き物のM1014のストック(ラバーが溶け出してベタベタだったためにジャンク品として貰った物です。)
ベタベタラバーを除去して干渉部分を削って取り付け。古いやつなんですっぽ抜け対策はされていません。
※劣化したベトベトラバーは消毒用エタノールをウエスに付けてこすると落とせますよ

タダで作る腹いせにジーザスエンブレム作ってフレーム側面に貼り付けてやった(笑)



エアショットガン初心者なので、引き損じを起こさないことを第一に考えてHAAカスタム&ステッピングの初心者向け仕様に。
ちなみに実験用で余ってたとは言え、マルイチャンバーとパッキン、TNバレルが入ってる高級仕様です。
ホップは0.2g用補正で、初速は74m/s。
一応サラコナーコッキング出来ました(笑)でもストックが軽い分、フォールディングストック機よりもやりにくいのでやらないほうが良い。

サイトがないと狙えないと思ったのでとりあえずフロントサイトは付けてやった。リアはない。そもそも遠距離は撃てない仕様なので弾道見ながら当たるように練習しやがれってんだface03

遠距離撃てないって言っても30m圏内は問題なく戦えるレベルです。ちょっと仰角つけりゃ40mも行けますが、当たり所や相手の装備によっては当たったことに気付いてもらえないかもね。
ただ初速と使用弾の関係でブッシュ貫通力は弱いです。0.25g使ってもちょっと厳しいかな?

寄せ集めにしては贅沢かつ普通のM3以上に使えるレベルになってます。普通に依頼で作ったらウン万取るレベル(笑)
シェルマガジンくらいは自分で買ってね♪




3Dプリンターまだ入院から帰ってこないorz
よほど重症だったと見える。でも支障でまくりで困る(汗)

  


Posted by フリップ好き  at 13:33Comments(7)ショットガン

2016年06月03日

CYMA M870出品用


元々はストック回収のみが目的で購入し、本体は放置プレイしてたやつですが、置いておくのも邪魔だし、CYMA M870はM1014と違ってちょっといじるだけで結構まともに使えるようになるので、お蔵入りするのも勿体無いと言う事で、出品に向けて整備しました。

また出品時に細かく書きますが、
・インナーバレルをメタルM870の真鍮製に交換し、ホップパッキンはマルイ製に交換。
・トリガーも例のごとく調子が悪い(引ききった位置からさらにぐにっと押し込まないとシアが落ちない)ので、トリガーも調整。
・シリンダーにシェルステッカーを貼ってチラ見せ風に。(ポートの開閉量は増やしてないので完全なチラ見せギミックではないです)
・メインスプリングをM3の物に交換。78m/sだった初速は89~91m/sに。
・アクションバーベースをプラ製→M3のダイキャスト製に交換。

PSカスタムを実験したのでアクションバーには油溝彫ってあります。肝心なPSカスタムは、逆に初速が85m/sに下ってしまう自体が発生したので取りやめました。(それでも純正の78m/sよりは上がったけど、これはスプリング交換の効果だと思います。シリンダー容量が微妙にM3とは違うので、やはり適正バレルもM3と同様ではないみたいですね)

ストックがないので取り寄せ中で、届き次第出品します。なお、M3ショーティーのグリップが余ってるので、付けられるように加工し、それもセットにします。

普通に使える物ですよicon12初速があるから飛距離も出るし。ガチ仕様にカスタムしたM3には及びませんがね。並みのM3と同等かつ飛距離はやや上って感じになってます。
インナーバレルがCYMA製なので不安でしたが、真鍮バレルは同社スポーツラインのアルミバレルより精度ある感じなのでそのまま使ってます。
本当はPSカスタム実験時にマルイのチャンバーとバレルを移植したんですが、上記の通りあまり芳しくなかったので、戻したんです。もうマルイ製インナーバレルの予備もなくなっちゃったんで。真鍮バレルで集弾性が良かったのは正直結果オーライでした。
まぁお陰で余計な材料費アップは避けられてますよ。(実験工賃入れたら結構な額になりますが、それはしませんので。)

ホップも補正したら逆に0.28g用ばりな鬼ホップになってしまったので純正マルイホップです。このチャンバーがM3よりも少し強く掛かるんで(恐らく内径の0.数ミリの違い)これでいい感じのホップになってます。

ステッピングもした方が良いってのが個人的な意見ですが、マルイのM870のようにストックとフォアエンドを木目調塗装してみるのもカッコいいので、それは購入者様の判断に任せますよ。これはあくまで素体ということで。

別途出品中のフロントサイトやヒートシールドを付けてみるのも如何です?face02
出品額は15000円です。スポーツラインとしては高いですが、M3買うよりは安い額になります。
実験工賃は含みませんが、実際施してある加工賃とパーツ代は頂く形です。ショーティーグリップ代はおまけ(笑)

ストックが来たら詳細説明と出品しますね。  


Posted by フリップ好き  at 16:48Comments(0)ショットガン

2016年05月26日

実験中

相変わらず3Dプリンターは修理中です。

受付を停止している間に出品分のシェルキーパーを製作、補充しておきました。
よろしくどうぞ。


さて、シェルキーパー製作と合わせて、少し落ち着いてきましたし、いい機会(とりあえず現在も新規受付は停止中です。)自分のM3を使っていろいろ実験中です。


まずはやろうやろうと思ってましたが時間が取れなかったこちらから

引き損じた時にノズルが潰れるのを防ぐ加工
現行ロッドのガスM870シリーズには施されてる方法です。
それをM3に導入しました。今のとこ異常はないです。

この加工をしたら単発時に初速が下がるという謎の安全システムが発生しましたface08

この個体には現在PSカスタム&補正ホップの組み合わせのカスタムを施しています。カスタム後、発射数が2発以下になるとピストンの前進スピードが上がるので、少なからず初速が上がります。もちろん単発になっても0.98Jを超えないように調整はしていますが。
これも同様でしたが、上記の加工を入れてからなぜが安全現象が。


これが0.2g使用、3発時の初速です。


で、これが単発時の初速。

ちなみに0.28g、3発だと


しかし単発だと


ノズル潰れ防止ピンの逃げを確保するために、チャンバーも干渉部分に穴を開けます。そこからエア漏れするのかな?と予想してますが、そうだとすれば3発時にも初速が下がってしまうはずです・・・よくわかりません

手作業ですから、たまたまこの個体に起きた偶然かも知れないので、メインのM3にも同様の加工を入れてみようと思います。



もうひとつはホップの飛距離実験ですが、今後0.25g用のロングレンジホップは廃止の方向で行きます。
ロングレンジホップ自体は初速が下がるHAAとは相性が悪く、NPかPSカスタムとの併用を進めて来ました。
が、NP・PSカスタムであれば、0.25gまでならあえてロングホップにしなくても補正量を少し変えた補正ホップで0.25gをすっ飛ばせたので、時間の掛かるロングレンジホップを作る必要性が少ないという結論が出ました。

ちなみに上のM3も集弾性を維持するために弱めの補正にした補正ホップですが、写真のように初速が出てますので飛距離自体はパワーで補って飛ばせております。

また、補正ホップも今後は0.2gメインの補正0.25gも使用出来る補正の2種類に分けて行きます。

今後もよろしくお願いします。

<追記>
メインのM3にもノズル潰れ防止加工を入れました。
仕様はPSカスタム・0.28gロングレンジホップという組み合わせです。
上のM3ほどではありませんでしたが、単発の方が3発同時発射時に比べて5m/s程度落ちました。
うーん、謎だ。でも少なくともこの加工を入れたことで単発になった時の初速が下がったというのは間違いないようですね。

しかし元々デフォでこの加工がされているCYMA M870ベースのカスタムの方ではこの現象が起こらなかった(今まで同様に、単発時には初速が上がる)ので、この加工自体に単発時低下現象が起きるというよりも私が手作業で行ったということに何らかの原因があるんだと思います。

まぁ、安全になるわけだし3発で下らないならどーでもいいや(笑)

他のカスタム時にも単発時低下現象が起こるかどうかはわかりませんが、3発発射での悪影響はないと断定できたので、これも今後はメニューに加えて行きますね。
  


Posted by フリップ好き  at 12:38Comments(4)ショットガン

2016年05月25日

スパストリガーの修理

補修パーツが手に入らず、長らくほったらかされていたスパスですが、再販されるとのことから、もし失敗しても新たにトリガーを注文すれば良いと思いまして、思い切って補強修理を行いました。

イノ獅子さんとお話してた方法。

中に骨材としてネジ(イモネジを使用)を通し、オートウェルドで接着。その際、L曲げした亜鉛鋼板を一緒に貼り補強し、下側にも直角三角形に削り出したダイキャストを貼りました。

ご存知オートウェルドは固定に24時間要するものの、その固定力は溶接並みという超強力な接着剤です。ただ、接着面積が小さいので、さすがにこれだけでは無理と判断してネジ埋め込みと板材補強方式を取りました。

どのくらいもつでしょうね?組み上げてテストした感じでは問題なく撃てますが。


とりあえず長らく眠っていたスパスは補修完了し、へたったスプリングも交換して完了。


もしダメだった場合は新品トリガー入手後、使用前に先に補強を入れて組み替えようと思ってます。

  


Posted by フリップ好き  at 17:57Comments(2)ショットガン

2016年05月12日

KSG


ツイッターでも情報が上がり始めましたが、マルイの新製品(世界初とやら)はショットガンのKSGでしたねicon12

パワーソースはガス・・・モデルアップが世界初であって、世界初の機構ってわけではなかったようですね。
固定のダブルホップアップチャンバー、3-6発切り替え機構。基本的にはM870と同性能ってことになりますが、操作性面では構えた状態でシェルマガジンをチェンジできるM870の方が上だよなぁ。

うん。保留(笑)

AA-12のドラムマガジンも発売秒読みだそうで、これが出たらAA-12買おうかなとicon12
で、ノーマルマガジンに組みなおして、ドラムマガジン外装のノーマルマガジンを作りたい(笑)
プレデターズのロイス仕様を作りたいわけですよ。でもジャラジャラうるさい多弾マガジンはいらないし、むしろノーマルマガジンでシェルマガジン3本分に相当する時点ですでに多弾マガジンだろという認識。フルオートなんか使わないしね。

モーター変更・FETをモーター停止位置コントロールや発射サイクルをコントロール出来るものに変更・TRB搭載・11.1V以上のバッテリー使用・フラットホップ化
で、セミオートの反応のみ早くした物を作るんですよicon12見積もったら8万くらい掛かる・・・イヒヒ・・・当面無理そうorz

まぁ、そんなことはどうでもいい
スパスユーザーさん、朗報です!!
エアショットガンナーとしてはこちらの方が重要な情報です!!

製造終了・カタログ落ちが噂されたスパスですが、再販が決まったようですicon12
AA-12やM870、KSGのお陰でショットガン人気が持ち直したからでしょうかね?face02

再販される=補修パーツも製造されるicon12
トリガーも入手出来るようになりますねface02
なぜかスパスはトリガーが折れるという持病を抱えており(M3で折れた個体は見たことありませんが、スパスでは結構頻繁に見かけてます(^^;)、しかしパーツが作られていないせいで修理が出来ない期間が長らく続いていました。

スパスユーザーさん!!再販されたらトリガー買い溜めしておいては?
  


Posted by フリップ好き  at 11:25Comments(10)ショットガン

2016年05月01日

装備変更


すっかり暖かくなってきてガスガンがシーズン入りですねicon12

それに伴って装備も変更しました。プレキャリはキーパーを外してただのボディーアーマー状態にし、腰周りに集約させました。
ハンドガンも使える時期ですから、12個のシェルマガジンで十分です。プレキャリの前面が空くことでスリングして銃を下ろしてもぶつかる物もなく、ハンドガンへのトランジションがしやすくなります。かといって脱ぎ捨てると痛い思いをするので(^^;

明後日5/3はライズの6周年です。いつからライズに行き出したんだっけな?2年目くらいだった気がする。

ちなみに2012年の11月からショットガンナーになったのでショットガンナー暦ももうじき3年半です。
シェルキーパーの販売暦は3年になりましたね。有難う御座いますm(_ _)micon12手作り品だけと意外とロングセラー(笑)今度も頑張ります。

GWにつき家族サービスで今年も行けないかと思ってましたが、営業目的だよって言ったら参加許可下りた(笑)
ブース出すわけじゃないですが、出来上がった依頼品の引渡しもあるので、嘘ではないですしicon12
個人売買出来るように販売物は車に積んでは行くようにしますね。

話は変わりまして、静岡ホビーショーの新作って何ですかね?(ちょいワクワク)
世界初ってくらいですから、新カテゴリーかなと。
予想としては、装填はコッキング、パワーソースは電動エアのハイブリッド電動ショットガンではなかろうかとicon12
M870のチャンバー技術、AA-12の電動ショットガンメカボ技術をくっ付けて3発-6発切り替えが出来てコッキングも軽い。
形状的にはKSGかUTS-15あたり可能性がありそうかなと。

実現できそうで世界初ってなると可能性ありそうじゃないですか?
現存カテゴリーのバリエーション製品なら世界初とは言わないでしょうし。

出たら買うか?って言われたらわかりません(笑)エアコキが好きなので。外装だけ頂いてM3の機関部をぶっこんだエアコキショットガン化するかもw

新作にはハイブリット電動ショットガンを期待してます。


そうそうイサカも短く改修しました。

6発同時発射で初速は72m/sです。(単発初速92m/s)短くなって怖い発射音がする仕様(笑)
ちなみにこの内部仕様はお客様向け仕様とは異なります。この仕様ではピストンやシリンダーは3ヶ月~半年程度で破損・交換になる仕様なので。
他人向けには出来ませんよこんな仕様(^^;
  


Posted by フリップ好き  at 11:53Comments(2)ショットガン

2016年04月18日

ライフルストックスリング


やっと届きましたicon12



このショットガンに関しては



↑この動画のM3を模して作ったのでシングルポイントスリングフックを埋め込むいつもの方式にはしたくなかったんです。
しかしながらライフルストック用のスリングはなかなか手に入らず、結局海外から購入しました。
以前バレルクランプを買ってた銃砲店。さすがにスリングはすんなり税関通れた(笑)

全く同じスリングではないですが満足です。

あと別途これも購入icon12

上の動画、POLENAR TACTICALのパッチicon12
刺繍ではなく、ラバー製です。裏はベルクロ。送料もったいないから2枚買いましたがそれでも日本円で約1500円くらいでした。
いいわこれ(^^


  


Posted by フリップ好き  at 17:33Comments(9)ショットガン

2016年04月01日

リムカラーの変更


当工房で行っているカスタムで、エジェクションポートのコッキング連動開閉ギミックがあります。文字通り、M3/スパスのコッキングに連動してエジェクションポートが開閉するギミックですが、その際にちらっと見えるシェルに関してです。

今まではどのカラーでもリム部分はゴールドでした。


ですが、見てお分かりのように、レッドシェルに関してはリム部分はブロンズとなっています。
中華のはゴールドのもありますが、少なくともマルイとCYMAのレッドシェルはブロンズです。
ですのでチラ見せシェルもレッドを選択された場合、リムカラーはブロンズに変更しました。


一瞬しか見えない部分なんですけどね。
なお、グリーン、ブルー、ブラックは従来どおりゴールドです。

よろしくお願いします。

一番上の写真でも載ってますが、ようよう中華シェルも使い出しました(^^
ブラックシェルがそれ。M1014に付いてきたやつ。
磨いたけどたまにシェルの中で弾が引っかかります(笑)初弾撃ったら弾が上がってこなくて、一旦出してぶっ叩いたら上がってきた(笑)
中華だからね。
マルイのシェルで同症状が起きるとイラっとするのはやはり高いからか?

4月に入ったらやたらSAIショーティーの注文が入って来てますicon12有難う御座います。順次製作して行きますのでお待ち下さいね。
・・・でもショーティーだとバレルクランプが売れない・・・

エイプリルフールだけど嘘ついてる余裕ない(^^;  


Posted by フリップ好き  at 16:34Comments(0)ショットガンお知らせ

2016年03月21日

サラコナーコッキング


CYMA M870を使って皆さんご存知(笑)のサラコナーコッキングをして見ました。
動画はツイッターに上げてありますので見てみて下さい。
このブログ、左側の下の方、プロフィールのところから飛べますので。

スプリングが少し落ち着きましたがそれでも74m/sとベースガンよりも軽いコッキングでベースガンと同じ初速となってます。
結果、このコッキングが可能。

ちなみに、サラコナーコッキングが出来るのはフォールディングストック機に限られます。というのも、ストック側が重いと言うのがこのコッキングをする上で必要だからです。
メタルフレーム機でもフォールディングストックじゃないと出来ないと思う。試してないからわかりませんが。

楽しいなコレ♪
たぶんやり過ぎるとどっか壊れる気がするw

HAAカスタムはこんだけコッキングが軽く出来ますので、M3のコッキングは重くてちょっと・・・って方は是非お試しを。
なお、高初速希望・対ゾンビ対策としても強烈な3発を撃ち込んでやるぜって方の場合は初速的に満足できないかと思います(^^;  


Posted by フリップ好き  at 17:32Comments(2)ショットガン

2016年03月16日

協賛品

4/10(日)ガーデンフェスに提出する協賛品が完成しました。


CYMAのM870ショーティーモデルです。

もちろん、カスタム工房として協賛する以上、そのまま出すのもアレですので、ちゃんと整備してあります。
整備・カスタム内容は以下の通り
・HAAカスタム
コッキング負荷を出来る限り軽くして、尚且つ戦闘力は維持する内容。初速は80m/sです。

・パッキン交換
マルイ製パッキンに交換。少なくともインドアではメインで通用するようにしました。アウトドアでももちろん通用しますが、初速の関係からも遠距離には不向きです。

・トリガーストローク調整
自分の個体に比べたらマシな方でしたが、少し調整しました。

・エジェクションポート開放量を10mm増やしてチラ見せギミックを追加
ベースのギミックを生かしたのでM3のようにフルオープンとまではいきませんが、チラ見せギミックを追加しました。

・フレーム側面のプラスネジを六角穴付ネジに交換
見た目が少し良くなります。

このショットガンはとあるゲームの景品になるので、必ずしも手にする人がショットガンが得意な人とも限りませんし、男性とも限りません。
そのため、女性やマルイのエアショットガンはコッキングが重くて苦手という人が手にしても扱えるようにHAAカスタムにしました。
普段ショットガンを使わない人でも、背中に背負っておいてセカンダリーとしても使用出来るようにショーティーモデルを選択。

完全なるガチ仕様機ではないですが、もしショットガンナーの方が手にした場合は追加料金でガチ仕様にカスタムすることも構いません。
いずれにしろ安心して即実戦投入出来る性能にはなってます。

入手は運次第ですが、運が良ければタダでお持ち帰りですからねicon12
是非ガーデンフェスにお越し下さいface02
もちろん、これをゲット後、4/24のショットガン定例に来て頂ければ尚嬉しいです。

よろしくお願いします。  


Posted by フリップ好き  at 15:16Comments(0)ショットガンお知らせ

2016年03月14日

フォールディングストックと言ったら

これでしょう

ストックシェルホルダー

以前はT2仕様だったので7連でしたが、今回のは6連です。黒と赤のコントラストも良いなぁicon12チラ見せシェルもレッドに変更しようかな?

TNバレルをぶっこんだら売却したHAA機とほぼ同じ集弾性を発揮しましたicon12(まぁ、バレルとチャンバーは同じなんだからちゃんと出来ていればそうなる筈ではありましたが、元が中華な分、期待はしてなかった)
でも上がると思った初速自体は77m/sから変動無し。不思議・・・
さすがに想定外にびっくりしてます。
所詮中華だろ?とバカにしててごめんなさい。同じ中華でもM1014(現行のはS&T製かな?)とは違いますね。あっちはチャンバー移植だけでは高確率で3発上がらなくなるし。


ちなみにおふざけでサラコナーコッキングやったら出来た(笑)
たぶんフォールディングストックが重かったために出来たのかと。これ軽いピストルグリップやライフルストックでは出来ないと思う。

集弾性を見てみたい方は3/17(木)のシスターか4/10(日)のガーデンフェス、4/24(日)のどんぱちショットガン定例にお越し下さいface02
イベントごとは大事ですからねicon12何度でも言うよ(笑)
  


Posted by フリップ好き  at 17:11Comments(2)ショットガン

2016年03月11日

CYMA M870カスタム


本格カスタム前の状態がHAAカスタムとホップパッキンのみマルイ製に交換して初速82m/sという状態でした。

午後、雨が上がったのでテストして来ましたが、15m以降での散り具合がM3に比べてやや広めで、パッキン交換のみではこんなもんかといった感じでした。
近距離やインドアでは問題ないレベルですが、インドアでもF2プラントやどんぱちのような交戦距離が長めに取れるような所ではちょっと役不足な感じ。
ショットガンらしいと言えばそうなのですが、3発で散っても当たらんのですよ。

以上の結果を見て本格カスタムを投入しました。
まず要点の洗い出しとしては
・もう少しまとまって欲しい
・飛距離や初速はこれで十分
・トリガーストロークが長い・キレが重くて悪い

という事です。
まずトリガーです。M3に慣れていると結構トリガーが引きにくいです。しかも目いっぱいまで引いた位置からさらにグニっと押し込まないとシアが落ちないことがありました。

アクションバーとトリガーを連動させるこいつ。こいつとアクションバーのクリアランスがよろしくありませんでした。
これがアクションバーにより固定されることでトリガーとシアが繋がりシアが落ちるのですが、アクションバーの、こいつの後退量を制限する部分が薄いためになかなかシアが落ちない状態。


なのでその部分にイモネジを埋め込んで後退量を減らしました。あまりやりすぎると今度はシアがピストンに掛からなくなるため、せいぜい1mmです。板を貼っても良いのですがここへの貼り物は接着面積も狭い上に衝撃で外れてしまう危険性もあるため、ネジ埋め込みが確実です。


ついでにトリガーの角度も少し起こしました。これで目いっぱい引かなくてもシアが落ちるようになりました。形状的に多少引きにくさは残りますが、当初よりは全然マシです。
トリガースプリングが強いために、トリガーが重いという事もストローク自体が短くなったことであまり気にならなくなりました。(重いと感じる位置までトリガーを引かなくてもシアが落ちるようになったので)


お次は集弾性ですが、思い切ってマルイのチャンバーごとバレルを移植手術しました。
で、集弾性は劇的に向上するも初速が77m/sにダウンicon15
気密が変わってしまったためと思われます。チャンバー側の手術で、シリンダーやピストンは純正CYMAのものですから。
まぁそもそもHAAカスタムなので77m/sで十分なレベルです。
給弾不良も起こらず、M1014のカスタムに比べれば楽な方ではありますね。

もうこれで少なくともインドアでは不安なくメインで使用できる性能です。
カスタム後の集弾性の画像などは特にありませんよ。信憑性も低いでしょうし、気になる方はイベント時に試射出来ますので直接お越し下さい。ショットガンバカ(笑)が予算度外視(そもそも自分の銃に工賃は発生しませんが)でいじると中華ショットガンもここまでのレベルになるってのは自分の目でお確かめ下さいface02

もう少し暖かくなったらカスタムガンとしての紹介も踏まえて動画作りますがとりあえず今は弾道動画等は撮影してません。

あとはもう一手間を掛けまして

エジェクションポートの開放量を10mm増やしまして、チラ見せギミックを搭載。先日お伝えしたようにフルオープンさせるなら機構自体の作り直しが必要ですが、ここまでなら小加工で出来ます。
これだけでもリム部分まで見えるから十分かと。


あとは側面のプラスネジを六角穴付に変更。これは手間も掛からないし、CYMA M870ユーザーは絶対やった方が良いですよ。明らかに見映え良くなります。

さてあとはどうしましょうかね?とりあえずストック用のシェルホルダーは3Dプリンターにやらせてます。
フォールディングストックのM870ってあまりカスタムガンの画像出てこないんだよなぁ。

  


Posted by フリップ好き  at 17:18Comments(0)ショットガン

2016年03月09日

CYMA M870の分解


要望がありましたので、分解時に写真とっておきました。基本的にはM3と同じですので難しくはないです。5分でばらせます。
ちなみにこれはプラ製のスポーツラインです。メタルのはフレーム部分の分解方法は異なります。


まずストックを外します。これはフォールディングストックVerです。グリップVerはネジ同じでしょう。ストックVerは持ってないので分かりませんが、恐らくバットプレート外せは取り付けネジがあるものと思います。


はいフロント。コッキングハンドル下の2本のネジを外し、右側のハンドル(写真の状態だと左側)をマイナスドライバー等を突っ込んで外します。


グリーンのネジを外せばもう片方のハンドルも外れます。あとは赤丸のネジ(反対側も)を外します。


カバーを前へスライドさせるとまたネジが現れますのでこれも外します(反対側も)


そのままフロントを前へ引っ張れば外れます。インナーバレルを固定している先っちょパーツが、アウターバレル内に取り残されてることがありますので注意して下さい。


フレームです。赤丸のネジ(反対側も)とピンを外します。ピンはローレットが付いてますが中心部分にあるので左右どちら側に抜いても構いません。
あとはフレーム後部を開きつつ前へ押せばフレームが外れます。アクションバーロックの紛失に注意して下さい


トリガーガードの後ろのピン(フレームピン同様にローレットあり)を外せはトリガーガードが外せます。ちなみにトリガーガードはフレームを外す前でも外す事が出来ます。


ポートカバーとスプリングを外します。機関部はネジというネジ全てを外せば開きます。なお、M3違って機関部を開けないとチャンバーも取り出せない構造(スパスと同構造)になってます。
ちなみにポートカバーの連動開閉はギミック自体を作り直さないと完全オープンは出来ません。現状で開閉領域を増やしても1cmしか増えませんでした。


エイリアングリース(笑)
スプリングの太い方がすごく短くカットされており、カタカタ動いてましたw74m/sの原因。


ノズルは綺麗でした。ホップが掛からなかったのは単純にパッキンの突き出し量が少なかったためでした。


ちなみにピストンはこんな感じで若干形状が違います。まぁ、海外の強いスプリングに耐えられるものですからそうそう壊れないと思いますが・・・
マルイのピストンはピストンカップのサイズが違うので使えません。しかし前回の物よりもクリアランスが広がったようで、組もうと思えば組める程度ではありました。ただ、抵抗が増すので初速は低下すると思います。

メインスプリングがお粗末君でしたのでHAA用のスプリングに交換し、内部もHAAカスタムを施しました。
相変わらずインナーバレルの太さが0.1mm違うためにマルイ製のバレルは使用出来ず。が、今回の物はバリも少なく比較的良好な物でしたのでホップパッキンのみをマルイ製に交換。→ホップ掛からず・・・=前回の物は補正すると逆にきつ過ぎてホップが悪くなる状態で、補正の必要がなし(通常でマルイよりも掛かりが強め)でしたが、今回のは補正無しで組んだらこの有様。
クリアランスが変わったみたいですね。0.1mmとかの世界ですから個体差かもしれません。

補正ホップに修正したらまともに飛ぶようになりましたicon12
最も、最終的な判断を下すのは晴天時に撃ってみてからです。今日は雨でしたので。正規な弾道ではないでしょうから。

ちなみにコッキング負荷は同じくらいなのに初速が82m/sに上がりましたw意味不明w

この程度の修正で済んだのだから今回のは半アタリ個体と言えそうですね。良かった良かったicon12

なぜフォールディングストックVerを選んだかと言うと、フォールディングストックは外せばピストルグリップになる・ライフルストックはM3で持ってる・スライドストックもM3で持ってるしイサカでも持ってる=唯一ないやつだったので。仮に本体使えなかったとしてもフレームの厚みが同じなため、ストックは加工すればM3で使えますしね。

当工房は基本的には中華のカスタムは行っておりません。今回のCYMA M870もですが個体差が激しすぎて各個体により必要な修正箇所が異なる=工数、工賃が安定しない(余計な加工が必要な分、M3カスタムより工賃が高くなる事の方が多い)・金かけたのに能力アップしない場合があるためです。

しかし、カスタムベースの関係で10数丁は中華ショットガン買ってますが、箱出しで使えるアタリ個体を引いたことは1度もない・・・
  


Posted by フリップ好き  at 19:57Comments(2)ショットガン