2016年03月10日

バレルクランプ


M3用に販売しているバレルクランプですが、CYMAのM870にも取り付け出来ました。


ただ、CYMAのM870とマルイのM3とではアウターバレルの太さもマガジンチューブの太さも違うため、取付にはスペーサーが必要です。
もしCYMAのM870にご使用になる場合は購入時にその旨をお伝え頂ければスペーサーは無料でお付けしますのでよろしくお願いします。

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/satomaru49

ちなみにスペーサーはマガジンチューブ側へ入れてください。

なお、マルイのM3とKTWのイサカにはポン付け出来ます。


イベント出店時にはこれも直売特価になりますので、ガーデンフェス参加・ショットガン限定定例会参加よろしくお願いしますicon12

  


Posted by フリップ好き  at 16:11Comments(0)製品紹介お知らせ

2016年03月05日

イサカの説明動画


出品用のシェルマガジン&6発発射のイサカが最終調整段階に入ってます。本日中には出品できますが、それに先駆けて基本的な取り扱いの動画を作りました。
本当はカスタムを始めた時点で作れば良かったのですが・・・申し訳ないです。
すでにご依頼・お受け取りになった方もご参照下さい。

・マガジン挿入方法
先台を引いてからマガジンチューブにシェルマガジンを入れる。→先台を戻したら発射可能です。

・本体の構造上、内部ルートに6~7発のBB弾が残ります。=最初のマガジンは4回発射となります。
マガジンに30発入っていない場合は6発発射されない場合があります。
なお、本体内に残る弾は本体を逆さまにすることで発射出来ますが、戦闘下では使用せず、セーフティーに戻る際の捨て弾として使用下さい

・マガジン取り出し
先台を引いてからシェルロックを指で押し込むとシェルマガジンが出てきます。ロックの押し込みが足りなかったり、シェルマガジンのステッカーが捲れていたりすると中途半端な位置で引っかかって止まってしまうことがあります。その場合は軽く押し戻してやれば反動で出てきます。
マガジンを抜いて先台を戻すとコッキング状態となっています。この状態では空撃ちになってしまいますので、アクションバーロックを解除し(トリガー横のレバーを引いた状態でコッキングする)、銃を逆さまにして本体内の弾を捨て弾として利用する事で空撃ちを避けることが出来ます。

・コッキング不良
コッキングした際、稀に先台がロックされる位置まで戻らないことがあります。(コンっと何かにぶつかった様な間隔があり、前進しない)
これはチャンバー内に6発以上の弾が流れ込もうとして弾が詰まってしまっている状態です(給弾能力の強い新品マガジンや最終ショット時にマガジンフォロアーに押し込まれて起こる場合が多い)
無理に押し込むとノズルが破損しますので、先台を下げて一旦マガジンを抜いた状態でコッキングしてください。(後ろから押し込まれる力がなくなるので弾の渋滞が解消されます。)

・弾ポロ
タクティカルリロード(残弾がある状態でマガジンを換える)するとマガジンを抜いた際に1~2発弾ポロします。映像内にもありますが、逆さまの状態でタクティカルリロードするとこぼれた弾が本体の中に入ってしまう危険があるのでご注意下さい。
(基本的には銃を逆さまにしてコッキングするのはマガジンを抜いて残弾処理時以外には推奨しません。)

・スリングワーク
アウターバレル付け根に負荷が集中しますので、フロント側へのスリング取り付けは行わないで下さい。また、フロント側へのアクセサリー追加も推奨しませんので自己責任でお願いします(バレルクランプやライト1個程度なら問題ないことは確認しましたが、使い方も人によって違うでしょうしね。)

・その他要注意点
このイサカは本体を削っている為、ぶつける・落とす等の衝撃には非常に弱いです。バリケードや壁にガコン。ハンドガンへスイッチの際に床にガコンってやると真っ二つになってしまう事もありますので、取り扱いには十分ご注意下さい(特にフェザーライト・ライアット・ディフェンス等のロングモデル)

こんなところでしょうか?なお初速は6発で60~63m/s(単発使用は出来ませんが単発では94~96m/s)ハンドガン並みとなっています。
推奨弾はマルイかG&Gのバイオ弾です。なお、径の小さなエクセル製は弾の渋滞発生率が高まるので使用しないで下さい。

あと、撃った回数のわりに発射した弾数は多いので、チャンバーへのBB弾のワックス付着も起こりやすくなってます。
電動ガンなら弾道が荒れてくるのですぐ気付くのですが、そもそも散弾するショットガンのためそれも気付きにくいです。
ですので、バレル清掃もしっかり行ってくださいね。


よろしくどうぞm(_ _)m  


Posted by フリップ好き  at 14:35Comments(0)ショットガン製品紹介お知らせ

2016年03月03日

シェルキーパー競技用タイプ


マルチアングルベースが売れない(笑)ので、同材料を使って、3GUNマッチでよく見かける競技用タイプのシェルキーパーを作りました。


MABと同材料ですので、22.5度刻みで取り付け角度を変更出来ます。


2段階傾けてこんな感じになります。

さて、以前にも似たような物を試作しましたが、以前はチューブ固定タイプで上方向に引き抜く必要があり、音が鳴らない反面取り出しにくいという欠点がありました。
今回は違いますicon12
3Dプリンターのお陰でパチンと留めるタイプが作れるようになりましたので、そのタイプで作りました。わざわざ上に引き抜かなくても、そのまま前に取り出せます。

3GUNマッチごっこをするときなんかに如何です?または隠密行動派におすすめです(シェル携帯数が減った状態で走ってもカチャカチャ音は鳴らないので)
そんなに弱い固定テンションではないですが、ハンドガンへのチェンジの際にメインショットガンを下ろし、それがぶつかるとシェルマガジンを落としてしまう可能性はあるので、あんまり激しいサバゲをやる方は注意が必要です。

とりあえず2個(正直こういうのは複数個装備したほうがサマになるので同じ人が2個買うことのも考慮してます。)作って見ましたのでよろしくお願いします。人気があるようなら増産しますが・・・

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/satomaru49
  


Posted by フリップ好き  at 14:34Comments(0)製品紹介お知らせ

2016年02月26日

特注品


普段販売しているシェルキーパー、シェルホルダー以外でもご注文があれば製作しているホルダーの紹介です。

これらはご依頼者様の要望でレイルに取り付けられるようにした2連のシェルホルダーです。

保持方式はサイドシェルホルダーと同じくチューブによるテンションが掛けてあります。

元にしたホルダーは本来セミオートショットガンのポート付近に取り付けるタイプのものです。(M1014やM1100なんかに使うもの)
写真のあたりにつけるのが本来の使い方ですが、当然コッキング動作が必要なM3のこんな位置に付けたらコッキング出来なくなりますから、こんなとこには付けませんが。
レイル対応ですので、どこにつけるかは依頼者様次第ですね。

もうひとつの方はパチンと、樹脂の弾性でテンションを掛けて保持するオープンタイプのホルダーです。
取り出しやすい反面、シェルのステッカーを貼り替えていると、つなぎ目が引っかかりやすくステッカーが剥がれてしまう原因になりやすいため、自分では使ってないタイプではあります。

2連のホルダーはミニシェルキーパーと同じ料金扱いになりますので1400円で製作しています。
この位置にシェル付けたいんだけどホルダー市販されてないなぁと思った場合はご相談下さいicon12  


Posted by フリップ好き  at 11:20Comments(0)製品紹介お知らせ

2016年02月12日

ショットシェルキーパー用マルチアングルベース


先日作った試作品を基に、新規でキーパーを買って頂くのではなく、以前から愛用してくださっている方にも使って頂けるように、シェルキーパーの取り付け角度を任意で変更できる取付ベースを作りましたよicon12


SとLはベースこそ同じですが、シェルを固定する部分は長さが違うため、S用・L用それぞれ個別になります。
過去に何人かいらっしゃいましたが、5発用やマルゼンシェル用などのいつものS、Lとは異なるオーダー品に関してはキーパー取付部分を専用で作る必要がありますからご相談下さい。
価格はS用L用とも1700円を予定してます。(シェルキーパーとセットだと結局3500円になっちゃいますがご了承頂けると幸いです。)

使用方法です。

試作と同じく22.5度刻みで角度変更出来ます。取り付ける前に中央のネジを外してベースとキーパー取り付け部分を分離します。


ベースを装備品に取り付けます。モーリー3列分に合わせてますので、細身のベルトだとちょっと広いかな?


次にキーパー取付部分を任意の角度でベースに取り付けます。写真のはS用です。
この時、ネジ部分のベースもABS樹脂ですのであんまりきつく締め過ぎるとネジ穴がバカになっちゃいます。適度なトルクで締めて下さいね。


あとはキーパーを取り付けて下さい。

カラーですが基本的にはブラックのみです。上にキーパー付けるため、各色に変更するのはあまり意味がないので。特注でならカラー変更は受け付けますよ。+100円になります。


真横にも引き出せるようになりますので、意外と便利ですよ。

他製品にも流用できるのかは不明ですし、試す気もありません。あくまでも私の製作品を使ってくれている方に、より扱いやすくするための物ですから。

寸法等細かな修正をしたら量産に入ります(といっても手作業ですが。一部3Dプリンター製。)
来週には出せるようにしますね。






  


Posted by フリップ好き  at 11:48Comments(0)製品紹介

2016年02月07日

新型試作ショットシェルキーパー


これはいつも販売しているショットシェルキーパーLです。



今はなきイサカ用のサプレッサーが写ってる(笑)
まぁそれは置いておいて、このレイアウトが今までのプレキャリのレイアウトでした。

ただ、ここにシェルキーパーを配置してあると、上方向に抜き取るため、小柄な私は結構肘が上がる取り方になってしまいます。
かといって位置を下げれば腰周りのシェルを取り出す邪魔になるため、普段ここのシェルは飾りか、慌てないような状況でのシェル交換時にしか使っていませんでした。

ですが、6発イサカを装備に導入したことでシェル消費量が増えたために最近はここのシェルも頻繁に使うようになりました。(4回撃ったらシェルチェンジですので。状況によっては2回、3回撃ったらチェンジしてます。)
そこで、お飾りアクセサリーを取っ払ってこうしてみました。

斜め抜き
こうすることで、小柄な私でも抜きやすくなり、かつ腰周りのシェル取り出しの邪魔にもならないようになります。
このシェルキーパーが新型icon12


パッと見はいつものシェルキーパーですが、


キーパーの取り付け角度を22.5度刻みで任意に変更できるようにしてあります。
(垂直・水平・45度・その各中間)
真横に向けることも出来ますよ。
真横に向ける場合は追加の小加工をすることをお勧めします。

で、プレキャリにベースを取り付けて

自分は2段階傾けた向きで取り付けました。

正直ここまで取り出し易さとかに拘る人ってそうはいないのですが(そもそも普通にM3とかスパス使ってる方なら腰周りの携帯シェル数で事足ります)、ブリーチャーとかM870を6発モードで常用する人ならこのくらいは使うんじゃなかろうかと。

本当は斜め付けが出来るモーリーパネルを作るのが一番安上がりかつ普段のシェルキーパーも使用出来るのですが、家庭用ミシンだとナイロン生地とナイロンベルトを販売可能な精度で縫えないというね。

で、これは試作なのですが、これを販売するとなると1個3500円ほどとなり、普段のシェルキーパーが1800円で販売していると考えるとコスパは良くないので、今までのシェルキーパーを購入してくれた方がそのシェルキーパーを使えるように、モーリーシステムの可動ベース部分だけを作る方向で検討してます。
それでも1個1500円くらいにはなっちゃいますが、キーパー以外にもファストマグやマガジンポーチを使えるようにすればショットガンナー以外の方でも使用出来ますのでね。
角度変更できるのは意外に便利ですよ?

少しでもショットガンナーの力になれるようにいろいろ考えますね。


  


Posted by フリップ好き  at 08:47Comments(2)製品紹介

2015年12月28日

ヒートシールド 

さっき自分のイサカにつけてモスバーグ風にしてみたやつです。





短いのは良いんだけどやっぱりライアット形状の方が好きなので戻すことに。
んで、ヒートシールドの方は売りに出しました。
http://page23.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o125823837

これはモスバーグのを参考にしたため、フロント側の固定ネジが1本で、今量産している他のとは1cmほど長さが短い1点ものになります。
全体的なデザインは同じだけどね。

ちなみにこっちに付けてるのが量産品になります。


まぁ、固定ネジと長さ以外は同じですので、取付機種も汎用です。イサカに付けてたからイサカ用ってわけではないです。
今出てるショットガンには大体取り付けられる(中華のジュニアモデルとかは分かりませんけど、普通にサバゲに使われているCA870、M870、M3、イサカライアット等には付きます。)

強度はアップしませんし、これ自体にも強度があるものではありません。見た目が厳つくなるアクセサリーです。


ぶっちゃけ実銃用も輸入さえ成功すればこのくらいの値段で買えるものもありますが、お分かりですよね?バレルクランプ以上にボッシュート率が高いものです。かといって国産プレス製ではこれまた高額になります。
パッと見で「お!かっこいいっすね~」となれば良いやって人向けです。

見た目を厳つくしたい方はどうですか?

<追記>
出品時に出ていなかったので見落としてしまいましたが、以前から作られていた方が居りましたので、こちらのオークション向け量産は中止します。
二番煎じは売れませんし、アルミ製に対して樹脂製では勝ち目もないので(値段もこちらの方が高くなっちゃいますしね)

今後は受注にて対応しますが、価格は4500円となります。

なお、この出品物はこのまま出しておきますのでよろしくお願いします。  


Posted by フリップ好き  at 15:57Comments(0)製品紹介

2015年10月28日

バレルクランプ


出しましたicon12
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/satomaru49

販売可能な先行納入分は3個しかないため、今回は値下げ未塗装品はありません。ご了承下さい。

本商品はM3スーパー90で使用すること(SAIカスタムを再現することが第一目的)を前提とした、M3スーパー90専用設計で、他のショットガンに使用出来るかは未確認であり、保証出来ません。
でもKTWイサカライアットには取り付け出来ました。

最も問い合わせの多い、マルイのM870への使用可能かという質問に対してもお答え致しかねます。


SAIカスタムじゃなくても付けるとこんな感じになります。

レイルは一般的な20mmレイル寸法ですのでライト類の取り付けも可能です。稀にスルーレバー系アイテムはカタつく場合があります。

次回納入は来月中ですがまだ未定です。
よろしくお願いします。

<追記>
もはや不要になりましたので実物の方も出品しました。
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h212093522

なんか実のほうが荒いなぁ(笑)

前述しているように、実物はトイガン寸法に合っておらず、使用するにはマガジンチューブとアウターバレルが寄らないように工夫や加工をする必要があります。
ちなみにこれはM3、イサカ、マルイM870にもそのままでは使えなかったです(これは過去に確認済みのため、マルイM870にも堂々と、このままでは使えませんと言い切れます。)
「それでも俺は実パが欲しいんだ!!」と言う方、如何です?
入手困難品ですのでオークション形式ではありますが、トイガン用の物の価格を上限と設定しました。

なお、実パの方は確実に再入荷はないと断言出来ますので、よろしくお願いします。  


Posted by フリップ好き  at 09:09Comments(3)製品紹介

2015年10月12日

M3用フロントサイト


量産品の上級カスタムに初導入して、フリマで販売した際に好評だったフロントサイトですが、オークション用のが出来上がったので出品しました。

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b183569231



純正サイトを外す必要が無いので一切分解が出来ないという初心者の方でも簡単に取り付けが出来ます。また、純正サイトの同軸に付けるだけですので調整も容易です。(しかしながら簡単にはずれないほどがっちりホールドします。)

集光アクリルのカラーはグリーンレッドの2色がありますが、落札後に選べるシステムにしました。(セットして特定色が売れ残るのは嫌ですので)

個人的には視認性が高いのはグリーンの方だと感じますが、ブラックにレッドのカラーも見栄えが良く、こっちも捨てがたいです。
2個各色買って頂いても構いませんよ?(笑)

集光サイトですので真っ暗闇では効果を発揮しませんが、薄暗いインドアなんかでも純正サイトを使うよりは明らかに視認性が向上します。見た目もタクティカルちっくになります。

おひとつ如何ですか?
ちなみにイサカにも付きました。フェザーライトにレッドサイトって組み合わせなんて如何でしょう?ポリスにグリーンも良いなicon12

  


Posted by フリップ好き  at 16:15Comments(0)製品紹介

2015年10月07日

イサカ用マガジンホルダー


今度のは量産品です。
余計なギミックやデザインを省いて値段を下げたイサカ用のマガジンホルダーです。

今までサイリュームホルダーやゴムバンドタイプのショットシェルホルダーに入れて携帯していた方も多いですが、結局取り出し時に引っ掛けてしまいバシャー・・・って方が多く。その問題を解消するために製作しました。
樹脂パイプ構造ですので引っかかる心配がなくマガジンを抜く時に弾をぶちまけてしまう心配を無くしています。
マガジン側のロック強化加工と組み合わせれば、振動によるロック暴発の心配もなくなり、普通に携帯して使えるマガジンになります。

マガジンを多数必要とする6発/8発イサカユーザー向けに作りましたが、普通のイサカユーザーでも使えるように1本単位にして価格を抑えました。(普通のイサカユーザーは予備マガジンそんなに要りませんからね)
フルカバータイプになりますので被弾によるマガジン破損も防ぐことが出来ます。




モーリーシステム対応ですので各種ベストやベルトに装着可能です。腰ベルトの脇の下辺りの位置(よくホルスターを装備する辺り)に配置するとしゃがんだ時もベストに干渉したりせず、かつ抜きやすいのでこの位置が一番お勧めです。
レッグパネルに装着して太ももから抜くのも良いですよ。

多弾イサカを使いたいけどマガジン携帯大変だし、シェルマガジン化は高いし・・・という方どうでしょうか?

なお、戦民思想製まほうの杖を併用するとさらに給弾操作はしやすくなり、メイン兵器として十分使用可能になります。
今までイサカマガジンを毛嫌いしていた方の手助けになれば幸いです。

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n157734418

よろしくお願いします。  


Posted by フリップ好き  at 09:51Comments(4)製品紹介

2015年09月27日

セーフティーボタンの形状

M3のセーフティーボタンカスタムです。
ご相談があったのですが、仕事用携帯では画像をアップすることが出来ずだったので、こっちに上げることに。

機能的に性能が大きく向上する類のカスタムではなく、見た目を変えて他人と差をつけるためのドレスアップカスタムです。
まぁ、セーフティーの操作性は向上しますが。


よくやる真ん丸のビッグボタンタイプです。


幅広タイプ


最初のビッグボタンより大きいタイプ。干渉する部分が切りかかれた、昔のダイエーのマーク(笑)タイプ

こんなところです。純正セーフティーにABSで追加する形になりますが、ネジ+接着で取り付けるので捥げる事はまずないです。
むしろここには横方向からの力は掛からない箇所ですしね。
撃たれたら破損するかもしれませんが、ここに当たる前にまずトリガーにかけている人差し指にヒットしますので、その点ここは安全です(指はかなり痛い思いをしますが。)

ご依頼の方は参考までに。
  


Posted by フリップ好き  at 11:52Comments(0)製品紹介

2015年09月12日

イサカ用マガジンホルダー

試作が出来上がりました。

6発イサカを常時販売しておきながら、イサカ系の装備がなく。ましてやイサカのマガジンは携帯しづらいと言われ続けて来たので、何とか改善できないかといろいろやったのがミサイルランチャー(笑)

外見はまぁアレですけど、機能的には良かったので、同じようなパイプ構造の物をベースに考えました。

1.マガジンホルダーとしての機能を有している
2.装備を見たらショットガンナーであると分かる
3.コストを抑えるために複雑な構造にはしない

をコンセプトに、脳内会議を繰り返して出来上がったものがこちら

競技なんかで使用されるタイプをモチーフにして、裏はシェルキーパーと同様のモーリーシステム対応。
ラバーバンドはシェルキーパーSと共用ですので、破損時の交換も容易です。
垂直・やや右に傾ける・やや左に傾けるの3ポジションで向きが変更できます。(写真は右に傾けてます。)


マガジンの2/3をカバーする構造です。


腰周りの装備に2、3個並べると結構さまになると思うのですがどうでしょうか?

本体はブラックですが、需要を見てレッドやブルーのシェルVerも作ろうかと思ってます。
空状態でも装備しているだけでショットガンナーあるいはショットガン使用者であるということが認識出来るようにデザインしてみましたが、どうだろう。

値段は3500円を予定してます。(戦民思想様のフルカバータイプで3000円なので、それ以下にはとも思ったのですが、無理でしたicon15売れ行きによっては廃止して別Verも検討してますが、とりあえずは様子見・・・)

後でオークションに出しておきます。

<追記>
出品しました。
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v430933140
イサカ使いの方、如何ですか?
  


Posted by フリップ好き  at 16:53Comments(0)製品紹介

2015年06月27日

価格の設定


一部質問があったので算出しました。

9月くらいからこちらを本業でやる予定で動いてるのは以前お伝えした通りなのですが、それに伴って、カスタムにいくら掛かるのかを明白にする必要があります。

基本的には材料費+工賃+送料となります。
材料費に関しては仕入れ販売元が値上げしない限りほぼ変動なしとなりますね。
送料に関しては、基本変動しませんが、近郊で手渡しであったり、フィールドでお会いした際にお渡し等であれば掛かりません。

さて、工賃に関してです。私の場合、時給1500円で算出させてもらってます。
現職の給与は時給換算すると1800円だったので、ボッタクリではないはずです・・・
掛かる時間を工数と呼び、工数が何時間掛かったかでの単純計算です。
(施工・塗装・仕上げ)

そうなると、シェルキーパーに関しては工賃が下回ってしまっていますが、今更値上げる訳にもいきませんし、どの価格帯なら売れるのかも把握してますので、以前から販売していたような小物関係に関してはそのままで行こうと思ってます。


なお、先走って3Dプリンターを完成させた(笑)ので、イサカに関しては9月くらいからは20000前後まで値下げることが出来るようになります。
副業である現在は、全材料を通販に頼っている関係で、送料の分高くなってますが、それがなくなって以前の価格(ソードオフで21000円)まで下がる&3Dプリンターに作業分担をさせることで工数を減らせるためです。

そうなると当然、安くなるまで買ーわないっ!てのが人の心理ですので、イサカに関しては7月8月は出品予定はありません。
個別対応はしますので、7月8月にどうしても欲しいって方はご連絡下さい。

専用アドレスと電話番号も取得して、名刺も作らないとですねface02業務使用のみなので格安スマホを予定www

如何に実性能を維持した散弾が撃ちだせるか・如何に扱いやすいショットガンを造るか・どんなものを造ったらショットガンナーに喜ばれるか・どんなものを造ったらショットガンナーを増やせるか・・・
他にもいろいろ思いはありますが、まとめると

ショットガンが好き

の一言です。
それを同じ趣旨・趣味を持つ人と共有できたら嬉しいです。
遊びの道具を本気で考える
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m  


Posted by フリップ好き  at 08:38Comments(14)製品紹介

2014年09月14日

イサカシリーズ

<2016年5月をもちましてイサカシリーズのカスタムは取り扱いを終了しました>



私フリップ好きがカスタムしてオークション販売しているイサカシリーズで、○○モデルではない常時製作しているものに関してまとめてみました。
全てKTW製 エアショットガン イサカシリーズがベースです。
普通にショップ・通販販売されているものを購入してきてカスタムしているので価格はベース銃の値段により多少変動します。

全て6発同時発射で、単発時の初速も0.98Jを越えないようになっています。
ソードオフ・ポリスのショートモデルは63~65m/s、フェザーライト・ライアットのロングモデルは70~73m/sの初速を有しています。
多弾同時発射用固定ホップを作って搭載、全て30m以上の飛距離を有していますのでアウトドアでのメイン兵器としての使用も可能です。

・M37ソードオフ

20000円

・M37ポリス

21000円

・M37フェザーライト

27000円

・M37ライアット

32000円

また、たまにエイリアン2 ヒックス仕様、ターミネーター カイルリース仕様、M37ディフェンス等、バリエーション展開する場合もあります。

そのマガジンがネックとなるイサカシリーズではありますが、戦民思想様よりマガジンホルダーやマガジン装填補助アイテム「まほうの杖」も出ていますので、それらを使用すると、これら欠点も改善出来ます。

何よりもエアショットガンゆえに四季を通して使用出来ることは大きな利点になります。
マルイのショットガンも面白いですが、それに負けない自信がありますので是非お試しを(^^

ちなみに弾道はこんな感じです。



新Ver.品については以下の点がバージョンアップしてあります。
・シリンダー強化
もっとも破損が起こりやすい箇所に亜鉛鋼板で補強を入れて強化しています。

・マガジン追加工
ロックの掛かりを強めて振動等でかんたんに暴発してしまう(マガジン内の弾をぶちまけてしまう)点を改善してあります。  
タグ :KTWイサカM37


Posted by フリップ好き  at 08:17Comments(1)製品紹介

2014年07月18日

ミニキーパー


モニター使用者様からの御意見も頂きました。同じ材料を使うサイドシェルホルダーのうち、6発Verを止めたので(しっかりした金属製のメーカー製品が発売されたため)、それに代わるものとして製作品ラインナップに加えようと思います。

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m123040650

東京マルイ ショットシェルマガジン用ミニキーパー
2個のシェルマガジンを携帯するキーパーです。


ベルトやMOLLEシステムに取り付けて使用出来ます。
サイドシェルキーパーを装備品に転用したようなものですが、下にはすっぽ抜けないようになってます。

サイドシェルキーパーよりはシェルの保持力は弱くしてあります。簡単に抜く事が出来るようにです。
通常使用下の、走ったりジャンプしたりでは抜けませんが、ローリングとかしたら抜けちゃうかもしれません。


メインで使用する弾とは異なる重さの弾を装填したシェルマガジンを少量だけ持って、状況によりシェルを変えたりする場合を想定しています。

夏、マルイからブリーチャーが発売される予定ですが、それに合わせてショットガンを購入する方。特に、「普段ショットガンナーじゃないからシェルマガジンは持ってないし、ショットガンナーやるつもりもないからそんなにたくさんシェルマガジンを買うつもりもないんだよなぁ」って方如何でしょうか?
マルイのシェルマガジンは2個1パックですので、少量だけ持つ方にも都合が良い物だと思います。

現在はブラックのみですが、需要があればシェルキーパー同様、他カラーのも作っていこうと思ってます。

値段は1400円です。

よろしくお願いしますm(_ _)m
  


Posted by フリップ好き  at 15:33Comments(2)製品紹介

2014年05月26日

シェルキーパーの小加工紹介


小好評頂いております、私製 マルイ シェルマガジン用ショットシェルキーパーです。

取り出しやすく、落としにくいをコンセプトに実銃用をアレンジしたものですが、保持シェル数が減って来ると走った時にシェルが動いてカシャカシャ鳴ってしまうという欠点もあります。

各シェルの固定力を上げることで、音の出ない改善モデルも試作しましたが、取り出しやすさが犠牲になるというデメリットもあり、販売用に作るかどうかを考えていました。
音が鳴りにくく、取り出しやすさもそこそこ残せる物が出来ましたが、実戦向きではありませんでした

というのも、素手でなら「お!?このくらいなら問題ないかな?」という感じでも、実戦では大体グローブしてますよね?
グローブして取るとやっぱり取りにくいんです。
ですので、販売用製作としては見送る方向にしますが、加工方法は紹介しておきますので、多少取り出しやすさが犠牲になりますが、音がならない方が良いという方は試してみて下さい。
取り出し易さが犠牲になると言っても多少です。人によっては気にならない場合もあります。その辺は試作でいろいろ試しましたので、加工後、不満が大!!って事にはならないと思います。

まずはホームセンターで買える1cm厚3cm幅のスポンジゴムを1cm弱ぐらいに切り出します。多少前後しても大丈夫ですが、1.5cmまでいくと厚すぎます。


横に倒し(接着面が左)、半分よりちょっと薄いぐらい(4~4.5mm)の位置からカッター等で斜めに切ります。


今度はそれを3等分して1:2くらいの位置からまた斜めに切ります。(【へ】の字のような形にする)



への字型が作れたらそれを4等分に切り分け(1個の塊からシェル2発分作れます)、シェルキーパーに1.1mm間隔で左右に貼っていきます。両側はリムの分2mm程度側面から離して下さい。幅が広い方が下向きです。



厚みも試しましたので、Lに対しても良い感じですが、Sやダブルとの相性の方が良いです。

取り出しやすさの方が優先・音は別に気にならない・という方には不要ですし、走る時に体が上下に動かないように走る(銃を構えたまま走るような感じ)ようにすれば音は鳴らないので、そちらの方で解決する方法もあります。

こちらでこの加工をやってほしいという場合は、落札後にその旨をご連絡頂ければ、Sで100円、Lで150円、ダブルで200円追加頂ければ追加致します。
シェルキーパーは持っているのでスポンジゴムのみ売ってくれと言うのはご遠慮下さい。
というのもこれも手作業ゆえにどうしても厚みや幅が一定にならず、またスポンジの貼り付け位置によってもシェルが固定しきれないものが出来てしまう時もあります。その場合テストしつつ作り直してますので、スポンジだけ売った場合、それが失敗Verだったなんて事もないとは言い切れない為です。
どうかご理解下さい。

個人的にはこの加工はいらないと考えてますが、音が気になる方は試してみて下さい。

各シェルキーパーはヤフオクからどうぞicon12
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/satomaru49

  


Posted by フリップ好き  at 11:45Comments(0)製品紹介

2013年08月25日

フリップ好き製品紹介

今現在製作及びヤフオクにて販売を行っているものをまとめました。

・東京マルイ ショットシェルマガジン用ショットシェルキーパー

実銃シェル用スピードストリッパーを参考にマルイのシェルマガジン対応用で製作したものです。
6個のシェルマガジンを保持出来ます。
裏はラバーバンド固定になっていて、各種ベストやベルトのMOLLEシステム対応にアレンジしてあります。
ABS製。フリップ好きの代表製品(笑)
ベストやチェストリグにおススメ


1800円

・東京マルイ ショットシェルマガジン用ショットシェルキーパー S

上記シェルキーパーのショートバージョン。
4個のシェルマガジンを保持出来ます。
ベルト装備にはこちらがおススメ。


こちらも1800円です。

・東京マルイ ショットシェルマガジン用サイドシェルホルダー

マグプルのショットガンタクトレでクリス=コスタさんが使っていたM870カスタムに装着されていたモデルを元にしたものです。
実物と同じ作りで、シリコンチューブによってテンションを掛けてシェルを保持します。4個のシェルマガジンを保持可能。
ABS製。
シェルを入れる際、ねじ込むように入れると入れやすいです。まっすぐ入れようとするとシリコンチューブが引っかかって上手く入らない場合があります。また、シリコンチューブにシリコンスプレーをかけてあげるとスムーズになりますが、シェルを落としやすくなってしまう恐れもあるので注意。
2800円

・東京マルイ ショットシェルマガジン用サイドシェルホルダー L

上記サイドシェルホルダーの6発保持バージョン。
サイドシェルホルダー2種に関しては材料の入手性が悪い&製作に時間が掛かるので出品頻度は少なめです。
3800円

こんなところです。全部マルイのショットガン用品です。マルゼンシェルにも製作を広げるかはまだ検討中。

全部手作業による手作り製品です。当然、塗装だのヤスリ痕だのの製品ムラもあります。機能に関しては全部チェックしながら作ってるから大丈夫ですけどね。見た目の出来に関しては機械製品にはどうがんばっても勝てませんが、まごころ込めて作ってます。

お買い求めはヤフオクにて
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/satomaru49

なお、実店舗では、千葉県インドアフィールド「どんぱち」様併設ショップにて取り扱って頂いてます。


<追加>

ショットシェルキーパーにダブルが追加されましたicon12

Sを2重にした形状で、8個のシェルマガジンを携帯可能です。
携帯数が増える半面、ベルト前面に装備していると前にせり出てプローン出来ないというデメリットはあります。
プローンするより、ニーディング程度で駆け回るアタッカー向きです。

値段は3000円で、Sを2個買うより少し安いです。
  


Posted by フリップ好き  at 18:07Comments(0)製品紹介