2013年03月31日

電動ショットガン-案-


実験に回す費用を算出できないので、案だけ。

先ごろからいろいろ考えてる、ショットガンの電動化ですが、理想はスパス/M3の機構で電動化なのですが、リューターとハンドドリルしかないような個人レベルでは(工作機械でもあれば別ですが)到底無理です。

そこで1バレル複数発装填方式で考えることになりましたが、エア漏れを起こさず、もっとも確実な方式は
セクターギアのタペットピン増設&弾保持位置の変更
だと思われます。

具体的には、セクターギアにタペットプレートを下げるためのピン「タペットピン」(恐らく3本が限界)を増やし、それに合わせてタペットプレートをカットします(DSG搭載時の加工のように)

つまり、ピストンを1回コッキングする間に、タペットプレートを3回動かすということです。

チャンバー側は、ホップの突起位置を3発分前方にずらせばOKです。

これならパッキン入口はしっかりシールされるのでエア漏れは起きませんし、加工もリューターとドリルがあれば個人で行えるレベルです。

イカサの実験から、ピストンに重量を持たせ、ホップを長掛けにすれば単発になっても3発発射でも飛距離、初速ともに安全かつ実用レベルを保てることがわかっています。

バリバリの流速メカボとの併用が望ましいですが、高レートスプリングに対応するギアはどれも固いので、個人のハンドドリルでタペットピンを増設出来るかは微妙な所です。

今現在、もっとも確実かつ個人で出来そうなのはこれしかないでしょう。タペットプレート・セクターギア・インナーバレルの3点のみ加工すれば(可変ホップにするならチャンバーも加工する必要ありますが)で出来るので可能性は高いかと。

手元にあるのはショットガンばかり。転がってるM4も兄貴のなので、さすがにメカボ内に細工を行うことは出来ません。
なので、今は案だけ出してみました。

どっかのショップとか実験してくれません?私は失敗したらおしまいなので出来ません(笑)実験機で良いからやってくれと言われても失敗したら弁償するお金もないしね(^^;

イサカ実験にちょっといろいろ使いすぎちゃったから今はその予算回収をしないと。またなんか作ってオークションに出すかな?  


Posted by フリップ好き  at 13:58Comments(4)電動ショットガン

2013年03月31日

マガジンホルダー


使ってないポーチ(たぶんラジオポーチ)をバラして、イサカのマガジンホルダーを作りました。
本当は3本にしたかったんだけど布の長さがたりなかったicon10
ロックが掛かるようになった新型マガジンだから使えるホルダーです。ロックの掛からない旧式マガジンだとちょっとぶつけただけで弾をぶちまけちゃうので携帯にも不利でした。

各種ベスト等にも対応。
ライアットのマガジンも入りますが、あれ入れて腰に装備してると腰みのみたいになる(笑)
あれはロックが効いても携帯には不向きですね。それこそ弓矢の矢のように、皮ケースみたいなのを作って背中に入れた方が良いでしょうね。  
タグ :KTWイサカM37


Posted by フリップ好き  at 08:22Comments(0)ショットガン

2013年03月30日

補修強化


強度面でシェル仕様に耐えられなかったため、純正マガジン仕様に戻したイサカです。

シェル仕様時に破損した箇所を検証し、純正マガジンフレームもその箇所に補強を入れました。負担が増えている分、いずれ同じ個所が破損するだろうと思ったからです。

あと、マガジンを購入して発見したのですがイサカM37シリース用(ライアット除く)の最新ロッドのマガジンはライアット仕様と同じように、ロックが掛かるようになってましたicon12
これにより携帯性がグンと上がってます。不用意にぶちまける心配がなくなりましたね。
戦民思想様の「まほうの杖」と併用すると、マガジン交換も容易に行えるようになります。イサカ使いにはありがたいですね。

初速にも調整を加えました。ノズルをもう少し絞って、3mmまで落としたところ、0.2g単発で90m/s、6発で59m/sとグレーゾーン時と遜色ないどころか、同じ数値まで持っていくことが出来ましたicon12
(単発初速が下がり、複数発初速が上がった)
これならアウトドアで散弾使って戦えます。それも0.2g弾で。接近戦に限るなら0.12g使った方が弾速も速いのですが、失速が激しい分、単発も視野に入れると0.12gでは狙撃は出来ないです。

飛距離も十分ですのでメインでも使用可です。
発射回数少ないけどね。

話変わりますが、CA870やG&PのM870(中身CA870)ってインナーフレームはメタル製なんですね。強度は十分だと思うのでこっちをベースにシェル仕様に出来ないか考え中です。
  


Posted by フリップ好き  at 11:37Comments(0)ショットガン

2013年03月27日

Hk416の前出し配線化


ぶっといマイナスドライバーを万力に固定して、万力ごと回してやっとレール外れました。

しかしながら今度はバレルナットがどう頑張っても外れないicon15
でもどうしてもCTRストックを付けたいと。ご存じの通り、CTRストックにはバッテリーが入りません。

どうにかしてでも前出し配線をするしか方法はありません。

よーく観察すると、1ヶ所だけ本体内からハンドガード内へ繋がる穴がありました。
ガスピストン(?)のロッドが通ってる穴です。
もうここを使うしか方法はありません。

全バラシして配線を張り直し、ボルト類に干渉しないように配線を通し・・・・


やってやったぜ!!
ガスピストンのロッドも削って配線が通れるように加工

ここまでくればあとは挟まないようにハンドガードを付けるだけです。


バッテリーは前に付けるPEQ-15の中に入れる形になるでしょう。これで彼も心おきなくゼロダークサーティー仕様が作れるはずですicon12  
タグ :マルイHK416


Posted by フリップ好き  at 14:16Comments(0)次世代電動ガン

2013年03月26日

Hk416


知り合いの方から、ゼロダークサーティーのやつっぽくしたいから、何とか前出し配線に出来ないですかね?って相談を受けました。
マルイの次世代のやつです。

Hk416を触ったことなかったので何とも言えなくて、とりあえず様子見で預かってみました。

まずお決まりの2分割してみましたが、前出し用の配線穴がない。それどころかレール固定のネジがビクともしないicon10

穴がなかろうが、レールさえ外せればリューターで掘っちゃえば良いんだけど、それ以前の問題(汗)
レビューサイトとか見ても個人じゃ外せなそう・・・アームズマガジンでは分解してたが・・・コレ無理だろicon11

人様のだし、壊したらまずいのでとりあえず保留。

あと、アンビセレクターの反対側が、セミの時に指に干渉するからどうにかして欲しいって事だった。
確かに邪魔だ(笑)

なので、そこは丁寧に削っておいた。

今できることはとりあえずこんなとこです。  
タグ :マルイHk416


Posted by フリップ好き  at 17:37Comments(0)次世代電動ガン

2013年03月26日

割れたー(笑)


昨日紹介した、マルイのシェル仕様にしたイサカですが、耐久力テストも兼ねて室内で撃って遊んでましたが、1000発を越えたあたりでフレームが割れました(汗)

流速状態になっていて負担が増えていたのも一因のようですが、パカーンとフロントと本体が・・・
ベースに使ったフレームが、ジャンクからの中古品だったこともあるかもしれません。
アルミ板をインサートして修復したものの、またすぐ割れました。

やはりこの加工は自己責任でお願いします(笑)

複数発発射時の性能を優先すると、本体を削ることになるシェル仕様には出来ないという結論に至りました。
初速に手を加えない0.12g5発仕様ならいけるのかも。

とりあえず、今までの純正スティックマガジン仕様に戻すしかありません。シェル仕様フレーム割れちゃったんだから。

あーぁ、おもしろかったんだけどなぁicon15
ちなみに散弾能力は健在で、0.2g6発を20m以上飛ばすだけの力があります。もちろん単発での初速も0.98Jを越えません。
代わりに相当な負荷(電動ガンで言うと200%前後の流速チューンになってます)が掛かっているのも事実です。

やはり耐えられなかった・・・懸念はしてましたがこんなに早く割れるとは・・・
というか削って薄くなったプラフレームが200%流速に1000発耐えただけ凄いというべきでしょうか。

もう一度言いますが、流速カスタム(散弾性能重視)とシェル仕様加工の併用は出来ませんぜ  
タグ :KTWイサカM37


Posted by フリップ好き  at 12:37Comments(0)ショットガン

2013年03月25日

イサカM37 シェルマガジン仕様作り方


はじめに言っておきますが、簡単に行える加工ではありません。失敗すれば大事な銃がお釈迦になります。自己責任において、加工は慎重に行って下さい。

さて、昨日紹介した、KTWのイサカM37にマルイのショットシェルマガジンを使用できるようにするやり方の紹介です。
ちなみに、本体がメタルであるライアットには出来ません。
ライアットにしたいならフェザーライトにこの加工をしてマガジンチューブを自作・ライアットカスタムにした方が良いです。


まず全体像です。私は左右均等に加工するのが苦手なので、機構はすべて片側に集約しています。


トリガー周りです。
まずトリガーバーを切断し、リターンスプリングの機構を新造します。単純にそのままの形で短縮しました。
トリガーバーが穴だらけなのは1回失敗したから(笑)
シリンダーがずれないように、このバーに沿って下がってくるため、バーを切断するとこの能力を失います。なので、シリンダーがずれないようにするプレートを追加します。


シェル挿入口です。大きく切開し、フロント側へギリギリまで広げます。んでシェルをロックするパーツと排莢用パーツを自作。ぶっちゃけシェルロックがあれば十分ですが、シェルを下に押し出す排莢用パーツがあった方が取り出しやすくはなります。
挿入時には2つのパーツとも上に上がり、シェルの挿入を阻害しません。シリンダーロックが少し干渉するので、干渉部分を2mmほど削ります。
排莢の時は、ロックを外した後、シェルが出てきますが、その際に排莢パーツに押されて、シェルが下に下がり取り出しやすくなります。


シェルの入る部分です。他の方の方法はここを限界まで削るというやり方でしたが、私は挫折した(笑)ので、切開しちゃってシェルがすっぽり入るABSパイプを移植しました。パイプの外径が大きいので削りました。大変ですが内側を削るよりはマシです。
給弾口はローダーの先端を移植。スムーズに流れることを第一にしたので、逆流防止用Oリングは取っ払ってます。弾が残った状態でシェルチェンジするとぼろぼろこぼれます。まあ発射回数が少ないので撃ち切ってからしかチェンジしないから良いかなと。
給弾ルートも自作する必要がありますが、ここがいい加減だと弾がスムーズに上がらないのでご注意を。


排莢するためのスプリングです。ロッドが、シェルが入る部分まで伸びていて、シェルを押し出す仕組みです。
マガジンチューブ内に隠れちゃうので不格好でも構わないと判断。ガチガチにくっつけてあります。

トリガーバーの移設・シェルの固定方法・排莢方法。重要な加工はこの3点です。シェルが入るようにするだけなら簡単に出来るので、頑張ってみて下さい。

一番注意するのはトリガー周りね。修正効かないので。

あと、昨日言ってたパルスライフルの再製作はあっさり却下されましたicon15今後は出産費用とかも大変になるのよだってicon10
銃器にお金掛からなくても材料費に2万ほど掛かるのがNGだったみたいですicon11
ずっとショットガンナーでいろってことですね。  


Posted by フリップ好き  at 08:55Comments(2)ショットガン

2013年03月24日

イサカM37 マルイのシェル仕様


やっと出来たface03


シェルマガジンの装填及び排莢はハンドルを下げた状態で行いますよ。(ピストンが邪魔だからね)

シェルマガジン装弾数は30発ですが、このイサカは6発発射なので、発射回数は4回+逆さにして1回の計5回となり、純正に比べて減ってしまいます。
でも「マガジンチューブにシェルを詰める」という行為が楽しめるので、良しとしましたicon12

あと、たまに排莢不良起こします(笑)
これは、マルイのシェルマガジン先端のロックがキツすぎるため、給弾口にがっちり噛みこんでしまうと排莢用スプリングのテンションよりも強いのでシェルが出てこなくなっちゃうんです。軽く叩けば解決しますが、とっさのときは恐らく焦る(笑)


シースも出来ましたicon12
いろんな装着パターンを想定して、いろいろな付け方が出来るようになってます。

6発散弾でしかもシェルマガジンを使うicon12これこそ求めていたショットガンだicon12


  
タグ :KTWイサカM37


Posted by フリップ好き  at 16:29Comments(6)ショットガン

2013年03月24日

また作ろうかな


やはり物欲には勝てなかった(笑)

ALIENSのゲームしたことでまた欲しくなってしまいましたが、スノーウルフのはサバゲで使いにくいのでちょっと・・・

電動ショットガン開発に回そうと思っていた予算を回してもスノーウルフベースではちょっと掛かり過ぎてしまうので、兄貴が使わずに眠っているM4をベースでまた自作しようと思います。



とりあえず作動するようにはなっているM4RISです。ですがメカボ内パーツはあまりモノの寄せ集め・ハイダーもあまりモノの中華品・フレームはミミ破損。と散々な状態なのでずっと眠ってましたが、これを使わない手はないでしょうicon12

グレネード部にはBM870ソードオフを入れようと思ってます。これにより、実質銃器類の新規購入は必要ないので、材料費はかなり安くあげられるかと思います。

ショットガンカスタムで培った技術を生かし、今回はグレネードも威嚇・けん制用ではなく、単体でも兵器として使用できるレベルに持っていく予定です。

ただ、1日に使える作業時間は30分程度なので3、4ヶ月掛かっちゃうんだろうなぁ。サバゲ行かない火曜日をフルに使えば2カ月でいけるかな?といった感じ。

とりあえず外装的にも売っちゃったM41Aに引けを取らないレベルにしたい。
M4ベースならいろいろカスタムパーツが使えるのでそれも視野に入れての選択です(スノーウルフベースだと出来るカスタムが限られるんでね。M4ベースなら電子制御系作動も出来るので、レボリューションメカボやPTWに対抗できるレスポンスまで引き上げることが出来るかと。)

マシンピストルもメール送ったっきり返信ないからとりあえず放置で時間あるし。

実質、BM870が1個なくなるんだから、手持ち銃器数は増えないから怒られないよね!?(笑)

ちなみに残弾カウンターは販売元が在庫切れのため、搭載出来ないですicon15  


Posted by フリップ好き  at 08:44Comments(8)M41-A

2013年03月19日

マルイM3 0.25g用遠距離ホップ


成功しましたface03
良い感じの伸び弾道icon12
作り方は0.28g用と同じです。かさ上げ量が1mmに変わるだけ。
ただ、かさ上げが増えたということは接着面が小さくなるということなので、耐久性は0.28g用に対して劣ると思われます。
実際かなりギリギリでくっ付いてる感ありますし・・・
こればかりは実際使ってみてどの程度もつのかを検証しないとわかりませんね。
1年以上もつかもしれないし、1日でダメかもしれないし。
テストした感じは、少なくとも1日でダメになることはなさそうですけどね。

まだ1本分しか完成していないのですが、材料がなくなった(以前の0.2g用実験で使い果たした)ので、あとでフロンティア行ってきますicon16  


Posted by フリップ好き  at 12:06Comments(0)ショットガン

2013年03月18日

ALIENS colonial marines


兄が新婚旅行でアメリカ行ってお土産で買ってきてくれたやつicon12

PS3も兄から借りてプレイしてます(笑)
海外では失敗作だの駄作だのいろいろ言われちゃってますicon15理由はいろいろあるんですが、まぁ製作会社間のいざこざのせいってことでicon11

グラフィックが荒いらしいのですが、最近PS2のゲームやニンテンドー64のゴールデンアイとかやってた私にとってはさほど気にするレベルでもなく(笑)

初めからパルスガン装備してて、開始直後にセカンダリーのグレネード発射して自爆したのはご愛敬です。
まだクリアしてない(やっとこさ惑星に降りたとこ)のですが、ちょっと対人対戦(AIだけど)が多いのはなんだかなぁって感じます。こっちはエイリアンと戦いたいんじゃ!!
しかも人間は遠くから撃ってくるし・・・
三つ巴の時は、敵人間とエイリアンを戦わせ、自分は遠くから隠れて見てて手を出さないwww
エイリアンがこっちきたら撃つけど。

酷評されてるけど個人的には楽しいですよicon12
またパルスガンが欲しくなってしまってますが、今回パルスサブマシンガンちっくな銃も出てるんです。MP7系というかクリスベクター系というか。それにも興味津津です。

スノーウルフのパルスガンをベースに改修した方が安く済むかな?
グレネードにM3入れて、機関部にDSG入れれば、6.6VのLifeでも十分な作動性が確保できるからグレネード前部の下にバッテリーも内蔵できるicon12
問題は・・・マガジンだよね。それ考えるとM4ベースで自作の方が良いっちゃ良いんだよなぁ・・・
ゼンマイ式は好きじゃないんでね。

あとグレネードにイサカを入れようかと考えてみたものの、5発だの6発だの同時発射出来るチャンバーを入れた場合、インナーバレルが5cm程度しか確保出来ないことが判明(汗)
やはりグレネード部にはM3が限るようです。

さてどうしよう。そもそも作るとなれば現状じゃ3、4ヶ月ぐらいは掛かっちゃうし、その頃までパルスガン熱があるかは不明だしなぁ。
スノーウルフがまんまG&Pのコピー機じゃなく、グレネードも撃てるまともなのを出せばよかったんだよ!!せめてマガジンがまともなら良かったのに・・・

前作ゲームのAVPダブルバレルショットガンも作りたい!!

やりたいことはいっぱいだねicon12

  


Posted by フリップ好き  at 16:49Comments(2)

2013年03月13日

KTWイサカ 一般用出品しました。


http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/satomaru49
KTWイサカM37 一般用(同時発射数5発仕様)をソードオフ・ポリスの2機種で出品しましたicon12

結局パッキンは来ず・・・自分用予備を投入して完成させました。即決出品でぽこぽこ作ろうかと思ってましたがそうもいかなくなってしまったので、少し値段を下げてオークション設定出品にしました。
外見が違うだけで中身は一緒なので、単純に好みの問題ですね。戦闘能力も同じです。
自分用6発仕様に比べて、1発分負担が減る分、着弾スピードも速いです。インドアではそこそこ使えると思いますよ。
アウトドアでは間違っても散弾設定でメイン使用は辞めましょうね。ボコボコにされますよ(笑)
アウトドアでは0.25gや0.28g使って狙撃銃として運用するのが一番です。
まあ0.2g入れておけばとっさの切り替えにも対応は出来ますよ。0.25g以上で散弾撃とうとすると弾詰まり起こす可能性があるのでやめて下さい。(パワー不足で押し出せないためです。)

給弾ルートが長いこともあり、使用する弾によっては、コッキングが速すぎると5発装填されない場合があるので、「ガッシャン」ぐらいのスピードでコッキングしてください。「ガシャン」だと、テスト上では3発しか出なかったことが多かったです。

あと、依頼製作でもお作りしますが、必ず1度バラしてみてパッキンがブラックかグレーか確認してください。グレーだと散弾化出来ないです。

通常は単発が前提にあるため、柔らかいグレーパッキンの方が弾全体を柔らかくしっかり保持してくれるので命中率が良いんだと思いますが、散弾メインにすると柔らかいグレーパッキンは弾の保持力が強すぎて(複数発装填時には少しの負担が大きな負担になる)撃ち出せなくなるからです。

メインで遊ぶもよし、背中に背負っておくのもよし。散弾銃に興味があればよろしくお願いします。
自作パーツを含んでいる関係で以後の修理サポートも致しますよicon12  


Posted by フリップ好き  at 15:37Comments(4)オークション情報

2013年03月12日

ライズでエアソフト


本日は実に三カ月ぶりのサバゲでしたicon12

フィールドはまだ冬モード全開で、緑がなく、ライズでは無類の迷彩効果を発揮するA-TACS FGでも浮いてしまう始末でした。この時期はデザート系迷彩の方が良さそうです。

イサカのライアットも初野外使用か!?とも思いましたが、思いの外失速が激しく、散弾では厳しいものがありました。
かといって単発でしようするならBM870を使った方が圧倒的に良いので、私がこれをアウトドアで使うことはなさそうです(笑)
あと、依頼されていた1‐6発ソードオフに比べて明らかに弾道は不安定だった(特に10m以降)ので、ライアット形状を辞めてソードオフにしちゃいたいと思います。ソードオフの方が10m以内用と割り切って背中に背負っておけるのでアウトドアでも活躍が期待できそうですし。

BM870はすこぶる快調で、朝っぱらから狩るわ狩るわ(笑)
特に、とっさの射撃は電動ガン以上にヒットを取りやすい(慌てて撃っても3発どれかが当たるんで)ため、出会い頭の撃ち合いに強いことも判明。やっぱりショットガンは楽しいですface02
やはりイサカといえども主力の座は譲れないねface10

あと、結婚祝いにジュースと、メタルギアライジングのポスター(笑)もらいました。ありがとうございます。

それと、長掛けホップ化の依頼を2件頂きました。
スパスはいつも通り0.28仕様ですが、M3ショーティーの方は0.25仕様での依頼です。
0.25仕様はまだ実験前段階ですよとお話ししましたが、テストベットにして頂いて構わないとのことでしたのでお受けしました。

頑張りますicon09

あと、マシンピストル依頼のイメージがようやく届きましたicon12が、ちょっとアレだったんでもう少し煮詰めてみます(笑)

<追記>
アメリカへ新婚旅行に行っていた兄がお土産に買ってきてくれました。

PS3ソフト「ALIENS COLONIAL MARINES」
たしかストーリーは「エイリアン2」直後の惑星LV426に植民地海兵隊の別働隊が派遣されての出来事のはず・・・
これ、日本では発売されたっけ?ずっと延期延期で待ち望んでたやつなのでめっちゃ嬉しいですface03
早くやりたい(笑)またパスルガン欲しくなっちゃうかも。  


Posted by フリップ好き  at 21:00Comments(6)サバイバルゲーム

2013年03月10日

チャンバーパッキン

PCを初期化したため、ばたばたしとりますicon10


販売用1-5発切り替え式KTWイサカをいじくってて、多弾発射化出来るチャンバーと出来ないチャンバーがあるのがわかりました。

グレーの方が最新のやつだと思うのですが、どちらも長掛け形状ではあります。

硬度の違いだと思うのですが、グレーのパッキンでは多弾化出来ません
引っかかって弾詰まりを起こしてしまいました。設計ミスかな?とも思ったのですが、不具合が発生するのは決まってグレーのパッキン。同じ物でもブラックのパッキンに変えると弾詰まりは発生せず、5発でも問題なく発射されます。弾速も明らかに6発より速いです。

さて困った(汗)

購入したソードオフ、ポリスともにグレーのパッキンでしたicon11最新ロッド?今回はかえって困る事態になってます。
KTWに注文できるかな?  
タグ :KTWイサカ


Posted by フリップ好き  at 18:18Comments(0)ショットガン

2013年03月09日

辿り着いた完成形


昨日の実験から、ライアット・フェザーライトのロングバレル機は散弾に向かないことがわかりましたが、やはり装弾数の多いライアットは魅力です。

パワーが不足している時にタイトバレルを組むと、初速が落ちる事例がありました。(バレル内圧にピストンが負けるんだと思います。)
KTWの純正バレルは内径6.04で、一般的なカスタムバレルに近い部類に入ります。
6発発射するとパワーは大幅に落ちるので、内径が細く、尚且つ長いインナーバレルを持つライアットでは0.2gを6発撃ち出すことが出来ません。バレルの短いソードオフでしょぼい弾と言えど0.2gで6発発射出来たのはバレルの内圧が関係しているものと思われます。

0.12gを使えばライアットでも6発発射出来ましたが、ソードオフに比べるとやや初速が劣りました。(飛距離では大した違いにはならない程度ですが)

スプリングによるパワーアップに頼れないなら、ピストン自体の運動にパワーを持たせれば良いのではないだろうか
という考えに辿り着きました。
具体的には流速カスタムを応用、ピストンを重くして空気の圧力に負けないようにすることです。

何g重くしたかは秘密ね(笑)結構手間かかったんだからface03

これにより、0.2g単発93~97m/s、0.12g6発同時45m/sにまで上げることが出来ました。
ちょっと0.2g単発時の初速の振れ幅が広いのが気になりますが、チャンバーが6発用で長いので仕方ないのかなと思ってます。
0.28g使うともう少し振れ幅は少なくなります。
ちなみに0.28g単発では79~81m/sと、こちらも0.9Jを維持し、狙撃が可能なレベルです。

装填数がずれても安全・アウトドアでもインドアでも使用できる

やっとたどり着いたface03
ちなみに、0.2g6発でも発射可能になったので(飛距離は出ないけど)、近距離で敵を発見したが、単発威力で撃つのはかわいそうだなって時にボフッと6発浴びせる使い方が出来ます。

ピストン重量化ですが、インナーバレルの短いソードオフとポリスには必要ない加工です。ライアットとフェザーライトを散弾化する際には必要ですが、当然ながらパーツ寿命には悪影響と思いますので、やはり散弾化にはソードオフかポリスがお勧めです。
背中に背負っておいて

「接近戦には一番だ」

ってのはまさに正しい選択です。

<追記>
動画を編集し直して再公開しました。今度はグレーな部分はなく安心安全、健全なショットガン(笑)です。



一般向けにはソードオフとポリスをベースに1-5発で作っていく予定なので、0.12g5発で50m/s程度は出るんじゃないでしょうか。
面白い武器になると思います。  
タグ :KTWイサカM37


Posted by フリップ好き  at 12:09Comments(2)ショットガン

2013年03月05日

そろそろ装備をどうにかしたい


ショットガンナー転身時からずっとNESTアーマー装備ですが、そろそろどうにかしたいと思ってます。

決して使いにくいわけではないんですよ?軽いし、動きやすいのでとても良いのですが、
いかんせん黒が目立つ

ショットガンの特性上、いくら複数発同時発射と言えども、やはり電動ガンと真っ向勝負を挑むのはあまりに無謀すぎます。
扱いは、BM870に関してはスナイパーライフルに近い。
イサカに関しては短距離なのでハンドガンに近い。

発見されにくいことが前提にないとちょっと厳しいんです。
BLAMやどんぱち、バトルシティーやユニオンベースとか、迷彩効果をあまり必要としないインドアや、市街地フィールドならNESTアーマーでも十分なのですが、普段よく行くライズでは迷彩効果が非常に重要になってきます。

雷さんをはじめとしてライズの方々は、そもそもスキルのレベルが大違いです。最初の頃はあっという間に狩られまくったのを今でも覚えています。

発見されてから、射撃体勢に入り、射撃←これが速い上に正確なので恐ろしい(笑)

まだ戦闘スキルが未熟な私は迷彩効果で発見される率を下げることでやりあっていられるわけです。
なので、アーマーも脱いでハンドガンだけ持って葉っぱ星人になることも多々あります。

ライズにおいてA-TACS FGは偉大です。

でもショットガンナーなんだからやっぱりショットガン使って勝ちたいじゃないですか。
お金ないので何種類も装備買えませんので、四季を通して使えるとなるとODCBあたりで装備を変更したいと思ってます。

まあ、来週の参戦には間に合わないのでまたNESTアーマーで行きますけどね。

NESTアーマーは今は結構入手性悪くなってきたから、間違っても染めたくはないので、これはこれで持っておきたい(><)

いっそA-TACS FGの生地からアーマー自作してプレデターにでもなっちまおうかな(笑)
BM870ソードオフを0.28仕様の迷彩カラーに塗装しちゃって、インドアはイサカに任せる・・・良いかもしれないicon12



<追記>
イサカの同時発射数増加関連記事を削除致しました。
初速面で誤解を生みやすいためです。チャンバー依頼製作も、現在お受けした方の分は製作致しますが、以後ストップさせて頂きます。ご了承ください。

もしかしたら、以後、同時発射における実験や製作は水面下で行うことになるかと思います。電動ショットガン化計画も一時凍結。進行させても非公開となる可能性が高いです。
やっぱりショットガンらしいショットガンを目指すのは難しいですね。技術的にではなく法律的に。

M3の長距離ホップは堂々と胸を張って公開できる技術だと思ってますので、こちらは堂々とやっていきます。製作依頼もぼちぼち入ってるしね。

マシンピストルはイメージ画を作画中だそうです。こちらも楽しみですicon12  


Posted by フリップ好き  at 14:56Comments(0)サバイバルゲーム