2013年12月31日

年の瀬


今年もあと数時間ですねicon12
今年一年、皆様は如何お過ごしだったでしょうか?

私自身は、ショットガンナーに転身してから1年が過ぎ、副業としてショットガン関連アクセサリー製作でぼちぼちの成果を上げることが出来、満足な一年だったと思いますface02

来年は嫁の分まで頑張って稼がないといけないので、ショットガン関連アクセサリーに加えて、銃本体も製作して行きますからねface03
新年一発目は伍長のショットガン
今回のは以前5発同時発射で量産してたやつ(内部はノーマルで5発時には0.12gを使用することを前提とした物でした)とは違い、内部も多弾同時発射仕様に合わせたカスタム&強化を行います。
さすがに8発同時にもなると0.2gでも厳しい(ホップのお陰で飛距離は出せますが、弾速が遅く、当たらない)ので、0.12gに合わせたホップ作りをしていきます。
失速も激しいですが、15m圏内では0.2g6発より速い8発をぶちまけるので、「接近戦には一番だ」というヒックス伍長の言葉を裏切らない仕様になる予定です。


楽しみに待っててねface02

2月に娘が生まれる予定ですが、嫁がしばらくは実家へ戻ると言うことで、2月後半~3月頭にサバゲ許可が出てますface05
とりあえずそれもあるし、モチベーション保って頑張ろうicon09

それでは皆様、よいお年を~  


Posted by フリップ好き  at 17:38Comments(0)

2013年12月27日

SAI BM870の動画


を編集しました。弾道動画がなくて申し訳ない(><)
さすがにこの年末、野外に撮影に行っている時間がなかったので。



実戦ではもう少し落ち着いてリロードしてますwww
でもショットガンらしい隙は与えないようにスピードリロード練習はしてますよ。  


Posted by フリップ好き  at 21:18Comments(0)ショットガン

2013年12月25日

年内最終


毎度オークションにて販売しているマルイショットシェルマガジン用ショットシェルキーパーですが、作業場の大掃除も始める関係から、本日で年内最終と致しますm(_ _)m
年末年始サバゲーにショットガンを使う!!と言う方は是非!!

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/satomaru49

なお、来年も販売は継続しますので、ご安心を。
初夏から作り始めて、250を越える数を販売することが出来ました。個人の自作製作品としては大変喜ばしいことです。皆様のお陰です。ありがとうございますm(_ _)m
来年は銃器製作(主にショットガンですが)も行っていきますので、今後とも「フリップ好きにカスタム工房」をよろしくお願いしますicon12m(_ _)m

なお、これが本業ではないということと、販売物品製作の方に時間を取られるので、個人的なカスタム依頼は引き続き受けることは出来ませんのでご了承下さい。
・・・材料費別で10万出すからパルスガン作ってくれとか言われれば考えますがねwww  


Posted by フリップ好き  at 08:21Comments(4)オークション情報

2013年12月24日

伍長のショットガン


作るよ~face02
多弾同時発射対応の固定ホップが作れるようになったので、販売用にショットガンを作ります。

最初は、多弾同時発射の楽しさを知ってもらおうと言うことで、KTWイサカをベースに、エイリアン2のヒックス仕様のイサカを作ろうと思います。
販売用なので、やはり強度の面からショットシェルマガジン化は見送ります。その代わり、同時発射数を増やします。
イサカのマガジンは46発装填で、6発が本体内に残るので、実質発射可能な装填数は40発です。

実イサカ(ソードオフサイズ)の装填数は4+1発の計5発ですから・・・・

40÷5で8発同時発射にしようかな?

現在、銃本体とパーツを収集中です。郵便局も休みになってしまうことですし、出品自体は来年に入ってからになると思います。
ボーナスやお年玉取っておいて下さいねwww   


Posted by フリップ好き  at 10:10Comments(0)ショットガン

2013年12月22日

HAAカスタム

嫁が仕事終わりを迎え、産休状態に入る為、「職場まで送り迎えをする」というミッションがなくなりました。icon12
1月、もしかしたら時間作ってサバゲ行けないかなぁと淡い期待を抱いてますicon10

サバゲがしたい・・・


さて、巷じゃガスのM870が人気ですが、アレどうですか?冬でも使えてますか?
私は冬でも安心安定のエアショットガン派なのでね。


SAI BM870ですが、ボルトのカラーをもう少しゴールドに近付けるように変更しました。

具体的には、母材をアルミから真鍮に変更しました。真鍮は最初からゴールドですから、良い感じです。


あとですね、以前頂いたジャンクM3に組まれていたものの、使用しないために放置していたM3用のTNバレルを、ダメ元でSAI BM870に組んでみました。もちろんシリンダー容量に合わせる長さへカットしてからです。
すると

バーン!!
ヒット&アウェイカスタム、通称HAAカスタムを施してあるにも関わらず純正より少しだけ低いくらいな初速になりましたicon12
大体83~84m/sで、純正M3とは1~3m/s程度しか違いません。飛距離でいえばほとんど差はないでしょう。しかしながらコッキングは物凄く軽くなってるという、ウハウハな状態にicon12

ホップも補正し、0.2で気持~ち浮くぐらいしっかりホップが掛かるようにしました=若干飛距離は落ちるものの0.28まで幅広い弾が使えます。

中身書いときますね。下記以外は純正パーツです。

スプリング:KTW イサカ用スプリング(カット)
インナーバレル:KM企画 TNパーフェクトバレル(200mmへカット)
ホップ:純正パッキンをテープ補正

純正以下の力でコッキング出来るが、性能は純正+αという、まさにエアショットガンを最大限生かしきるカスタムです。
ガスM870にも負けてるとは思わないよface03

  


Posted by フリップ好き  at 20:58Comments(4)ショットガン

2013年12月20日

ステッピングツール

ステッピングと言うのは、主にグリップ等に施す滑り止めのことで、クリス=コスタさんの銃なんかによく見られるカスタムです。

はんだごてを使って樹脂パーツを溶かして行うのが主な方法です。なので、実銃でも樹脂フレームのグロックなんかにはよく行われますね。

さて、今日は、私が使ったステッピングツールの紹介です。

まず普通のはんだごて

最近じゃ100均にも売ってます(100円じゃないけどwww)
この大きさだとそこそこの大きさの粒粒になります。

SAI M3に施したのはこれ

で、もうひとつ

おなじはんだごてですが、5mmのアルミ棒から自作したこて先を付けてます。
5mmのアルミ棒先端を、平坦に整えた後、三角の鉄やすりで格子状に削ったものです。
チェッカリングの入ったハンドガンのマガジンキャッチをイメージしてもらえばわかりやすいかな?
これでハンコを押すようにポンポン押しつけていくと

SAI BM870のハンドルに施した細かい粒粒のステッピングが出来ます。
SAIカスタムのグロックなんかを作る時のステッピングにも、この方が合ってます。

どちらのこてで作った物でも滑り止め効果は高いです。グローブをはめていてもばっちり食いついてくるので、エアショットガンのハンドルに施すとコッキングを少し楽にすることが出来ますよ。

三角ヤスリも100均ので十分ですし、アルミ棒自体も500円したかしないかぐらいで買えます。低予算で作れる上に、一個作っておけばずっと使えるのでおススメですよ♪

  


Posted by フリップ好き  at 11:44Comments(4)カスタム

2013年12月19日

M3のストック


SAI BM870の完成に伴って不要になった、純正M3の固定ストックを出品しました。
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d150263451
使用頻度は少なめ(というか実際には射撃に使用していない)ですが、道具箱にしまってた時にちょこーっと擦れ傷が付いてしまったため、新古品扱いには出来ず・・・
ストック本体はマルイ製ですが、固定ネジは中華M3ストックのやつです。同じ規格なので使えます。純正M3のネジはSAI M3に使ってしまっているので。

良かったらいかがですか?

あとショットシェルキーパーダブルも再出品
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r109397659

同時購入いかがっすか?

  


Posted by フリップ好き  at 10:18Comments(0)オークション情報

2013年12月18日

SAI BM870

SAI(SALIENT ARMS INTERNATIONAL)のレミントンM870をマルイのエアショットガン ベネリM3で作ろう計画

内容的にはBM31をリメイクする事でしたが

早くも完成しましたface03icon12


内部はスプリングを弱めてホップを補正したHAAカスタムで、初速は78m/sです。コッキングが軽いので連射が余裕で出来ます。

それでは各部を。


リブ付きアウターバレルにS-Vent、集光アクリルのフロントサイト。アウターバレルより長いマガジンチューブが特徴ですね。
サイトピクチャーも良好です。

リアサイトはないですよ。


マグプルタイプのコッキングハンドル。これも自作。ABS板の塊です。握ってみた感じ、強度的にも大丈夫そうです。
ステッピングのお陰&コッキングの軽さも相まって、コッキングが超軽いです。


ロゴと社名入りのフレーム。エジェクションポートはもちろん開閉しますよ。


マグプルタイプのストック。これもABS板からの自作。結局この後、バットプレートの調整プレートを1枚抜いて、さらにショートストックにしました。というか調整プレート1枚入ってSAI M3のストックと同じ長さだったので。


SAI M3同様、シングルポイントスリングを出来るようにしました。



これでSAIショットガンが揃いましたface02フルサイズのM3、少し短いBM870。
ちなみに弾道も良好です。初速が低いからと言ってアウトドアで使えないかと言われるとそんなこともなく、純正M3と同等に飛ばせるので、インドア・アウトドア問わずに使用出来ます。コッキングが軽いのでショットガンナーやってみたいって言う人へのレンタルにも向いてるかな?
・・・貸さないけど(笑)

ストックが出来てからは完成まで早かったですねicon12

エアショットガンもまだまだ強いです。電動ガン使ってるからってナメてると、その頭ぶち抜きますよ?www
ショットガンナー万歳!!icon12

  


Posted by フリップ好き  at 18:12Comments(4)ショットガン

2013年12月17日

自家製製品をカスタム


ショットシェルキーパー ダブルがちょっとずつ売れ始めた半面、まったく売れなかったシェルキーパーのグレーはお蔵入り(生産終了させて、現在あるやつは他カラーへ塗り直し)させました。
ACUにも合うから個人的には好きだったんですけどね。まあ仕方なし。

さて、販売物と同じものを当然ながら自分も使用します。
今日はショットシェルキーパー ダブルをカスタムしました。

こちら

側面肉抜きicon12

あと、各シェルを固定するストッパーを追加してみました。

こうすることで各シェルが固定され、シェルが減った状態で走り回ってもカシャカシャ鳴らなくなります。

代償として、取り出しやすさは少し犠牲になるんですけどね。
取り出しやすさを確保しつつカシャカシャならないストッパーの厚み・角度を実験中です。


個人的には好きです。icon12こっちの方がかっこいいと思うんですが、この加工、正直デメリットしかありませんwwww

肉抜きしたことで強度が落ちます。側面がガラ空きなので、シェルマガジンにごみが入り易くなっちゃいます。
一般向けにやらない理由も、加工の苦労の割にデメリットしかないため。
でもカッコいいとは思うんですよ。デメリットしかないけど・・・
こうするとちょっとカッコいいよっていう参考までに。


あと、過去にショットシェルキーパーを購入して頂いた方から、ラバーバンドが破損してしまったので予備を頂けますか?というのがありました。
特別強い素材でもない普通のゴムなので、使っていれば、どうしても劣化や少しの傷からの破損は避けることができません。
その場合は、オークションの質問欄やこちらのコメントからご連絡頂ければ、すぐにお作りしますので、遠慮なくご連絡下さい。
一応ラバーバンドの価格は100円です。

なんなら新しいシェルキーパーを買ってくれても構いませんけどねicon12


来年からはショットガン本体周辺パーツの製作にも力を入れていこうと思います(グリップとかサイトとか)
嫁が働けなくなるんでね、その分稼がないと。
夜、バイトするのが確実なんですが、そうすると一切の製作は出来なくなるので、それなら出来る限り自分で製作販売して頑張ってみようと。
せっかく趣味を生かせてるんですから無駄にしたくないなぁ(><)  


Posted by フリップ好き  at 21:44Comments(0)サバイバルゲーム

2013年12月14日

マガジンチューブ延長

まず、オークションの方ですが、ショットシェルキーパーOD S、BK S、ダブルを再出品しましたのでよろしくお願いします。m(_ _)micon12
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/satomaru49

さて、SAI BM870です。今日はマガジンチューブの延長を行いました。

新規のマガジンチューブはないので、BM31だった頃のを、塩ビパイプで延長して再利用です。
延長パイプの付け根のパーツも塩ビパイプから削って作ってます。先端に延長されるエクステンションは別パーツ感を出すために別々で作りました。

全体で合わせてみるとこんな感じ

だいぶ「らしく」なって来ましたねicon12アウターバレルより長いマガジンチューブがまた新鮮な感じだface02


ストックもネジ小物を追加して完成しました。

反対側はSAI M3と同じくスリングを付けられるスイベルを追加


フレームも再塗装とステッカー貼り、ウレタンクリアー処理をしないと行けないのでまだ組めません。
ゆっくりですが確実に進行中です。  


Posted by フリップ好き  at 21:38Comments(4)ショットガン

2013年12月13日

先にアウターバレルを。

ミリブロがバージョンアップ(仕様変更?)してから、携帯からの簡単アクセスが出来なくなったり、キーワード検索しても最新記事が出てこなかったり・・・・・・・改善されないのかしら?
いつも、ショットガン関連の最新記事とか書かれてないかな?と検索してるんですが、仕様変更されてからぱったり最新記事が表示されなくなりました。ちょっと残念ですicon15


さて、SAI M870を模してのんびり製作中のSAI BM870です。


ストックはほぼ完成icon12あとはモールド入れたり、ダミーネジ入れたりで完成です。
ちょっと粗が出てますが、自分用だし、使ってりゃ傷も付いてくるので別に良いやicon12雰囲気雰囲気♪

で、この後コッキングハンドルを作る予定でしたが、あれは最後に付けるので、製作自体を後回しにしても問題ないと思ったため、アウターバレルの加工を先に行いました。
コッキングハンドル以外を全て組み上げてしまおうという判断。

リブ接着中icon12


S-Ventの穴の位置が違うので開け直しです。赤丸の4個が後ろに来ます。
すでに空いてしまっている前の穴はバレルクランプで隠れるのでそのまま放置。

丁度バレルクランプを付けた時に、隠れるようにアウターバレルの長さ自体も調整しまして、約17.5インチほどに。インドアでも使いやすいんじゃないかな?

リアサイトはありませんが、リブの上に集光フロントサイトが載ります。狙いにくくはないと思います。

中身は弱スプリング仕様の79m/s。HAA(ヒット&アウェイ)カスタムです。




先日イサカ試射の際、SAI M3も持って行って撃ってましたが、30mまでは良いのですがそれ以降の弾道がよろしくない。たぶんどれか1本が少しホップ強い。


長掛けホップは飛距離を伸ばせる半面、手作りゆえになかなか同じ強さにならず、命中率の面で良くないですね。もちろん全て同じに出来た時の性能はでっかい弾の出るスナイパーライフル的な性能を発揮しますが、そこにたどり着くまでが困難なんです。
「ショットガンなので散っても構わない・飛距離が出てれば多少散っても当たる可能性は高い」という妥協も出来るのですが、このSAI M3に関してはBM870TCの後任を担っているため、一撃必中の性能が欲しい。

そこで、マルイのM870のホップ(ダブルホップアップチャンバーパッキン)をいじくって搭載してみようと思います。あれ、フラットホップになってるんですよね。シングル用にして補正すれば0.28g飛ばせるんじゃないかと。
幸いSAI M3は初速も高いので若干ホップが弱かったとしても飛距離を出せる仕様です。
手作りと違って、3発とも安定した弾道に持って行きやすいと予想してます。

パッキンが届いたら即実験だ。  


Posted by フリップ好き  at 18:34Comments(0)ショットガン

2013年12月11日

各色追加


マルイ ショットシェルマガジン用ショットシェルキーパー
各色各サイズ、完成分を再出品しました。
※OD LとBK Lの2種は昨日天候不順で塗装が出来ず、まだ未完成です。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/satomaru49

よろしくお願いしますm(_ _)micon12

<追記>
OD LとBK Lも追加完了しましたのでよろしくお願いしますicon12  


Posted by フリップ好き  at 07:47Comments(0)オークション情報

2013年12月06日

ストックの進行具合

どうせ完成したところでしばらく使えないのでちんたらやってますwww


ABS板材を積層させて削って削って作ってるストックですが、だいぶ形になって来ました。
というかストック本体の造形作業はほぼ終わり、薄付けパテで細かな段差埋めの段階です。

現在、バットプレート製作中。
バットプレートとストック本体の間に、スペーサーがあり、これでストックの長さの調整が出来ます。画像ではスペーサーは2枚入ってますが、構えてみた感じ、私は1枚で良い感じでしたので、1枚しか作ってません。
ちなみに1枚の厚みは15mmです。
フルサイズのストックよりやや短いので扱いやすい長さです(もう1枚作るとフルサイズになります)

バットプレートが出来たらグリップ部分にG34の様な細かいステッピングを入れてストックは完成ですね。

次はコッキングハンドルに行きましょうか

電動ガン用のMOEグリップ上を加工して取り付けてるのは見た事がありますが、ここもABS板から自作します。
本体は弱スプリング使用のヒット&アウェイカスタム(HAAカスタム)にするので、自作の強度でも問題ないかと。  


Posted by フリップ好き  at 19:01Comments(0)ショットガン

2013年12月05日

ショットシェルキーパー ダブル

まずいつものショットシェルキーパーですが、ブラックS再出品しましたのでよろしくお願いします。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b151581680

新しくラインナップに加えたのが4個×2列保持のダブルモデルです

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r108893243

現在出品中のBM870TCにおまけで付けたテストモデルを販売向けに量産したものです。
作りは同じでMOLLEシステム対応です。シェルをたくさん持ちたいがMOLLEスロットに限りがある・ベルトに付けたいが4連では不足だし、6連ではしゃがんだときに腿に当たるので嫌だというヒット&アウェイを得意とするアタッカー向けですね。
ベルトに装備することを前提として4連×2列=シェルマガジン携帯数は8個です。

ラバーバンドの材料費が浮くので単純にSを2個買う値段より安く出来ました。

前に出っ張るので、ベルト前面に付けるとプローン出来ないという欠点があります。なのでヒット&アウェイで動き回る方向けなわけです。
実際この手の方は1シェル打ち切る前にタクティカルリロードするので、携帯数が多いと言うのは良条件になるかと思います。

ショットガンナーの方はご検討をicon12

  


Posted by フリップ好き  at 12:23Comments(2)オークション情報

2013年12月02日

BM870TCとショットピストル

BM870TC

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f134682931
マグプルのトレーニングDVD「ART OF THE DYNAMIC SHOTGUN 」で、クリス=コスタさんが使っていたM870をモチーフに、マルイのベネリM3スーパー90をベースにカスタムしたものです。
ベネリM3+M870のタクティカルカスタムで、BM870TC

全長:997mm
重量:2200g
初速:0.2g=95m/s、0.28g=79m/s

純正スプリング+かさ上げですが、インナーバレルとシリンダー容量を見直すことで、あまりコッキングを重たくせずに(元々の重さを極力変えずに)初速を上げています。
長掛けホップを搭載し、0.25g以上の重量弾(0.28g推奨)を使用することを前提としています。
※固定ホップゆえに0.2gではホップが強すぎて使えません。


ライト一体型ハンドルはその形状から、コッキングの重いエアショットガンではややコッキングがしにくいため、ステッピングを追加しました。
ライトは100均のLEDライトをくっつけたものです。直視すれば明るいですが、タクティカルライトとしては約不足のため、飾りです。


T-1サイトを使用することを前提としていますが、フロントサイトは集光サイト、リアも左右調整が可能なので、一応機能としては生きています。
エジェクションポートはコッキングに合わせて連動開閉します。
・・・T-1サイトの電池が切れかかってます(汗)使用前には交換をお勧めします。


ストック付け根にシングルポイントスリングを付けられるようにフックを追加してあります。4連のサイドシェルホルダーは強力両面テープにて接着してるので、不要の場合は外せます。
シェルカバーは排除。またレバースプリング自体を少し弱めのスプリングに変えてシェルチェンジしやすくしてあります。

付属品の8連ショットシェルキーパーは未発売モデル(笑)
いつものショットシェルキーパーSを前後に2連にした形で8個のシェルマガジンを携帯出来るようにしたものです。



ショットピストル

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b151474692

中華M1014をベースに中身をマルイパーツに交換したもの。

全長:525mm
重量:1000g
初速:78m/s

メインスプリングを長さ調整したKTWイサカの物に交換することで、純正に比べて初速は下がるもののコッキングが軽くなり連射し易くしています。
※よく言われている2本のスプリングのうち1本抜くデチューンでは初速が下がり過ぎてしまうので、スプリング自体を交換しました。
ホップも、長掛けではありませんが、掛かりの強さを補正し、初速が下がった分の飛距離は補ってあります。


前後サイトはM3の物を使用し、ホワイトを入れてあります。軽いので片手でサイティングすることも可能です。


シェルカバーは排除。またレバースプリング自体を少し弱めのスプリングに変えてシェルチェンジしやすくしてあります。


ストックはギリギリまで切り詰めています。

  
タグ :マルイ


Posted by フリップ好き  at 13:57Comments(0)オークション情報

2013年12月02日

整備完了


BM870TC及びショットピストルのオークション出品に向けての整備が完了しました。本日中には出品出来るかと思います。

BM870TCは破損したピストンを新品へ交換し、ピストンカップも純正にしました(PDIヘッドを使うとなぜがヘッドが折れやすいので)
外装も塗装剥がれがひどかった部分は修復。
純正スプリングですが、バレル長とシリンダー量量を合わせることで0.2g初速95m/s前後となってます。ですが搭載しているホップの特性上、0.2gでは使用出来ず、0.25g以上の弾を使用することを前提としてあります。推奨は0.28gで、0.28gでの初速は79~80m/sです。

あと、コッキングハンドルの形状のせいで若干コッキングが重く感じるので、ステッピングを追加しました。

ショットピストルは、スプリングを交換し、78m/sまで初速を上げました。70m/sの時とコッキングの重さには大差がなく、良い感じです。


正直、戦闘能力の高い方はショットピストルです(笑)なんてたってコッキング連射がしやすいんですから。それでいて初速・飛距離はハンドガンクラスの水準を保っているんですから。

出品時には詳細な紹介記事も上げます。興味のある方はチェックよろしくねface02  


Posted by フリップ好き  at 10:42Comments(0)ショットガン