2017年01月22日

告知!!

3/26( 茨城県潮来のライズシークレットキャンプにて、ショットガンVS定例会を行うことが決定しましたface03

まだ場所を押さえたという段階で、細かいことはこれからなのですが、一応事前に告知ということで。

当初はショットガン定例会にしようかと言う話だったのですが、アウトドアフィールドですし、料金的にもそこそこ人が集まってくれないとどうしようもなくてですね、

「だったらショットガンVSその他(電動・ガス・ボルトアクション)にしてみよう!!」

って方向に話が行きました(笑)

その代わり電動ガンやガスでフルオート可能な物に関してはセミオートで使用するというだけは確定しています。
電動ショットガンはショットガン枠とするかその他枠にするかはまだ検討中です。

あとはショットガン関連アイテムの販売とか。

これならショットガン持ってない人でも参加出来ますし、ショットガンナーは大いに日ごろの成果を発揮出来ます。ショットガン持ってない相手=敵なので、マーカーなしでも区別がつきますしね。

普段ショットガンを使ってない人でも、がっつりショットガンとやり合うことでショットガンの魅力に触れてもらえるかも知れません。そこからショットガンへ興味を持ってもらうことも目的としています。

あまりにもショットガンナーが多ければ3チームくらいに分けてショットガンナーA VS ショットガンナーB VS その他 ってなるかも知れません。
逆に、その他チームに対してショットガンナーが少なかった場合は、その他チームを2チームぐらいに分けるかもしれません。

いずれにしろ偏りが無いよう、かつショットガンナーは全力で戦っていけるチーム分けは行いたいと思います。

まだ先の話ではありますし、年度末でお忙しいとは思いますが、ショットガンナーの方、ショットガンナーを倒したい方、ショットガンに興味はあるけどまだ電動ガンしか持ってない方も是非ご検討下さい。


  


Posted by フリップ好き  at 22:08Comments(6)お知らせ

2017年01月20日

CYMA M870 マグプルカスタムレビュー


うちにも納品されて来ましたicon12

CYMA M870シリーズの最新機マグプルカスタムで御座います。
昔、BM870と称して自作したことがありましたが、ついに来たか!といった感じです。
全体的には結構いい感じの作りです。
ちなみにこれは自分用のメタルモデルです。

販売用としてはメタル2本、プラ2本の計4本を入れて、全てフルチューンして販売に回します。(メタルがアウトドア仕様、プラがHAA仕様になる予定です。)


まずストックですが、赤丸部分のネジを外すことでプレート枚数を減らすことが出来ます。
体格の小さな方はプレートを抜いた方が扱いやすいですよ。


ストックの固定ネジはここにあります。レンチが当たったような跡が付いてますが、これは他のにも全て付いていたので、仕様の傷のようです(汗)
あと、残念な事に本来ここにはネジを隠すラバー製のカバーがあるはずなのですが、ありませんでした。
全ての製品(今回仕入れなかったモデルにも)に付いてなかったので、不足パーツではなく、初めから無いようです。


ちょっと試作してみましたがすんなり出来た(笑)どうせステッピングしてしまえば消えてしまうのでモールドの再現はしませんでした。
うちで作るカスタムガンには標準パーツにしようと思います。


フォアエンドです。マグプルの樹脂レイルがそのまま付きそうですが、そのままだとアクションバーベースに干渉するので、付けるなら要加工です。


フロント/リアサイト形状はM3のコピーですが、リアサイトはクリック感があり、工具なしでカチカチカチと左右調整が出来ます。
これだけでもM3に逆輸入していいくらい良い物です。


内部に関してはまだ各個体ではややバラツキ(個体によりスプリングテンションが異なり初速は90越えの物もあれば80前半の物もあり、バラバラ)がありますが、概ね良好です。
ホップは強く掛かる傾向にあり0.28gが初めから使える個体がほとんどでした。
逆に言えば0.2gや0.25gを使うには要調整。0.28gも本格使用するなら要調整。結果、要調整なんですがね(笑)

ホップが掛からない以前に比べればだいぶマシになりました。ベースガンとしても十分過ぎるものです。
下準備はしてありましたので、カスタムガン完成までそう時間は掛からないかと思います。

頑張りマース!

<追記>
シリンダーのノズル破損防止加工がなくなり、かつノズル寸法も変更になりました。
またアウターバレル内径も細くなりました。
結果、従来通りのカスタムが出来ない仕様になってしまいました。

マルイ製チャンバー、TNバレルを使う場合は、ほとんどの個体でシリンダーを含めたほぼ全てのパーツをマルイ製に交換する必要があり、カスタム前提と考えるとM1014並に厄介な状態に成り下がっています。
いや、成り下がったというのは語弊がありますね。独自の進化を遂げたおかげで従来のカスタムが出来なくなったというのが正しい言い方ですね。
  


Posted by フリップ好き  at 10:15Comments(17)ショットガン

2017年01月08日

サイト変更

皆さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますねface02
さて、急遽お呼ばれして3日にガーデンで撃ち初めをしてきましたicon12
ガーデンはイベントで行ってますが、自分自身がゲームでフィールドインするのは半年振りだったかな?もうちょっと経ってるかも。
だいぶ変わってましたね。知らなかったです(^^;
でもやっぱり森フィールドは重量弾に限りますね。ブッシュ抜けてくれないと話にならない。
「フリップさんのショットガン、すげー抜けてくるから怖いんですけど(汗)」ってのは褒め言葉だと思ってます。もちろん、違法な初速でブッシュ貫通させてるわけじゃないですからね!

天気も良くて、日なたは暖かく。M&Pも動きました。ガス圧上がらず初速が低いので飛ばないし、さすがに連続使用は無理でしたが(^^;
ジーザスのG17ベースのSAI G34は弾すら出なかった(給弾位置までブローバックが下らない)ことを考えると、動いて発射出来てただけマシだったかな?と。

M&PのCo2マガジン出ないかなぁ・・・まだハイキャパ用しかないし、トラブル多いらしいけど発展には期待してます。


そんなM&Pですが、

サイトを変更しました。この時点ではアクリルと蓄光のハイブリットサイトですが、ちょっと使いにくかった(あまり近距離だと、アクリルサイトで狙うと下に着弾。高さ的には蓄光サイトで狙えるが、かといって蓄光サイトはほぼ光らない・蓄光部分が奥まっていてホワイトサイトとしても使えない)ので、フロントは普通の集光サイトに、リアは純正サイトに変更しました。


純正サイトはホワイトの上から蓄光塗料を付けて簡易蓄光サイトにしました。やっぱりシンプルな方が狙いやすいです。

あと、チャンバーのガタ取りをテープ貼り方式から、アルミ板貼り方式に変更しました。

この個体だけなのか、補正しないと着弾が左による癖があったので、チャンバー固定は徹底的にしましたよ。
着弾ズレは、恐らく重いアウターバレルに振り回されるせいだと思います。

チャンバーとインナーバレルをがっつり固定しても可動するのはアウターバレルの方なので、特に作動に影響は出ません(現に出ませんでした)
しかし、集弾性は劇的に向上します。純正M&Pならアウターバレルも軽いのでそんなに影響受けないんでしょうが、社外スライドとアウターバレルを組んでるなら絶対やった方が良いです。

ショットガンナーは点では的を狙えません(狙えるような変態ショットガンも組んではいますがw)
サイドアームズにはしっかりとした相棒を選びましょうね。(チャンバー固定を前提とした場合、ガバ系が最も良いんですが、シングルカラアムはいかんせん寒さに弱すぎで・・・)

メインのショットガンで遠方射撃(←この時点で何かが違うw)と、3発同時の重い一撃を!!
サイドのハンドガンで近距離射撃と、隙間を抜ける正確な一撃を!!

ハンドガンは決してお飾りではないです。


別件で整備でお預かりしたショットガンがありますが、今チャンバーの在庫が切れてるんで少々お待ち下さい。



  
タグ :ハンドガン


Posted by フリップ好き  at 17:13Comments(2)ハンドガン