2017年06月26日

CYMA M870 ポート可動域拡張

以前質問があった加工法です。文章ではわかりにくいと思ったのと、丁度やる機会があったので写真を取りました。


うちでカスタム済みショットガンを出す際には標準加工にしてました。
エジェクションポートの可動域を拡げてチラ見せをより良く見せるための加工です。
CYMA M870はデフォでここが可動するのでシリンダーにステッカーを貼ればチラ見せギミック自体は簡単にできます。が、拡張をしないとリム部分が見える位置までポートが開きません。
その僅かなこだわりをするための加工です。


まずアクションバーのポート側です。この溝にポートの板が引っかかって後退するようになってます。
その引っ掛かりの位置を10mmを目安に後ろへ下げます。
方法としては10mm下げた位置にイモネジを埋め込みます。


裏から見るとこんな感じ。しっかり垂直にやれば、トリガー連結パーツの動きを阻害しない位置にネジが来ます。
アクションバーの加工は以上です。
網目状の切削はグリスを乗り易くしてコッキングを軽くするための油溝加工ですので、今回の拡張加工には無関係です。



次に機関部のガワです。そのままでは赤丸の位置が、後退量の増えたポートカバーとぶつかるので、ここを削ります。


こんな感じで切り離さないように。角にはアールを残しておくと応力が集中しにくいです。


そしたらシリンダーにシェルステッカーを貼り、組み直すのですが、その際に、このポートに繋げるスプリングを


純製の物よりも良く伸びる物に変更します。純正スプリングだとスプリングが伸びきらずに破損します。


ビヨーンw
ちなみにここのスプリングが軟らかくなると若干コッキングも軽くなります。

これで組めば可動域拡張加工は完了です。


難しくは無いですがドリルとリューター、タップの道具3点は必須です。

  


Posted by フリップ好き  at 17:03Comments(0)ショットガン

2017年06月24日

気化効率アップ化

点で的を狙えないショットガンナーにとって、点射撃を可能にするハンドガンは絶対欠かせない存在です。
(単発発射式のショットガンをスナイパーライフル的に運用する場合は別でしょうが・・・)


再度相棒をガバ系(ナイトウォーリア)に戻したわけですが、シングルカラアム機種はどうしてもガスの気化効率が悪いんですよ。

正直スライドスピードもM&Pに比べて遅い(体感して遅く感じます)です。
ここに関してはハイスピードリコイルスプリングとブリーチの軽量化で対処出来るんですが、スライド可動の負荷が増えるとガス消費が増える=冷えやすくなるわけです。
ブリーチを軽量化して、リコイルスプリングで増やした負荷をある程度相殺する形にはなってますが。

35℃を越えるような時期なら全く問題ないんですがね。
ロングマガジンを使うって手もありますが、出来ればショートマガジンで行きたい(><)

で、いろいろ調べてまして


この金魚のフィルターをマガジン内に入れると気化効率が上がるらしいという情報を得ました。


こうやってね、ゴムパッキンに挟まないようにマガジンに戻すだけです。
1個200円ほどですが、ガバのマガジンなら1個で2本分使えます。


気温25℃です。試す前がこんな感じ。

で、フィルター搭載後

3m/s上がったw

ブローバックも明らかに変わります。非搭載マガジンと搭載マガジンが空撃ちするとわかるくらい体感差が出ます。
3本マガジンがあり全てにやりましたが、全て3m/s~4m/sの向上とブローバックスピードの向上が見られました。

1本当たり100円程度でこんなに効果が出るとは思わなかったicon12

たぶん1チャージで撃てる弾数は減るんでしょうが(気化スペースを増やしてるため?よくわかりませんが。)、よくよく考えるとサバゲの時は弾を装填毎にガスもチャージしてるのであまり関係ないです。

元々気化スペースも広いダブルカラアム機種に効果があるかはわかりませんが、ガバ系使用者にはすげーお勧め出来る加工です。

<追記>
なぜこんな物に効果があるのか?理論的なことはわかりません。たまたま見つけた情報を試してみたら効果があったという結果論なんでw

これ、他のガスガンにも(M870とかガスライフルとか)効果あるのかな?
放出量が上がるわけではないので30℃近くになってくると初速アップの恩恵ってのは感じなくなるでしょうが、連射時の低温化が抑えられるので作動性は維持できるかとicon12  


Posted by フリップ好き  at 11:30Comments(2)ハンドガン

2017年06月12日

さんダンCAMP


参加された皆様お疲れ様でした!!

そしてカスタムを注文して頂いた方々、有難う御座います。今回を持ちましてフィールドでの直接依頼も終了となります。
駆け込みの予想はしていましたが、予想の倍以上の駆け込み依頼(^^;
すばらしい散財キャンプでしたねw

また2、3ヶ月掛かるかと思います。ここで締め切って正解だった・・・。

順次作業して行きますのでよろしくお願いしますね。
置き場もないので支払い済みの方・内部カスタムのみの方を優先して捌いて行きます。

帰ってから各種パーツの発注を行ってますが、TNバレルをまとめて30本以上注文とか初めてだわw

商品もほとんど売れまして、在庫がほぼ無いというありがたい状態です。ですが、銃本体のカスタムを捌いていく関係上、商品製作に着工できないので夏のイベント事には出店出来ないかと。売り物がないので・・・

現在ショットガンカスタムを行ってくれる所で私が知っているのは
ユニオンワールドのトージンさん
カスタムショップのCZさん
くらいですかね?あとはライズのオーナー雷さんが新たなパイプラインを繋げたようで、雷さんに相談すればショットガンカスタムが可能になるそうですよ。



うちも落ち着いたら再開したいとも思いますが、この先そんな時間は来るのでしょうかね?(^^;
子供が落ち着く頃にはエアコキショットガンがどうなっているかも不明ですしね。
個人的に友人のをいじったりすることはあっても、たぶん公に再開を宣言することは無いんだろうなぁ。


まぁ、私自身もサバゲ引退するわけじゃないですし、これからは装備品やアイテム類を作っていく予定ですから、死人扱いは止めてね(^^;  


Posted by フリップ好き  at 17:30Comments(0)サバイバルゲーム