スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2018年03月31日

やってみたら出来た(笑)



軽い力でコッキングが出来て初速も確保するというHAAカスタムのコンセプトを引き継いで、HAAカスタムよりももう少し初速を上げるカスタムを施したうちのSTF12ですが

これもサラコナーコッキングが出来た

動画はツイッターに上げてあります。
本体が軽いから出来るとは思わなかったんですが、やったら出来たicon12

箱出しのSTF12を撃ったことある人なら分かると思いますが、このコッキングの軽さは箱出しと比べると驚異的です。尚且つ箱出し初速が85m/s前後なのに、ここまでコッキングを軽くしても83~81m/sと、体感差はほぼ無いレベルの初速が出てます。

このカスタムはCYMAやM3にも応用出来るので、純正相互初速なら超コッキングが軽いショットガンが出来るね。icon12
もちろんこの状態でもっと弱いスプリングを使えばもっとコッキングが軽くなります。(たぶんそれでも70中盤~後半の初速は出ると思う)

カスタム屋辞めてからいろいろ実験してたら進化した(笑)

引退した後のほうが部活楽しいみたいな感じ


STF12を持ってる人!コッキングはなるべく軽くした方が楽しいぞ!
50m以上を狙うショットガンはM3やCYMA M870に任せてさicon12  


Posted by フリップ好き  at 14:50Comments(2)ショットガン

2018年03月29日

ゆっくりですが




作業場を手に入れてからシェルキーパーの製作に着工しました。



以前に比べたら時間が少ない分、製作ペースは遅いのですが、4月中旬あたりからはネット販売(ヤフオク)に流せる予定です。

その前に4/8(のさんだんキャンプへの参加許可が出ましたので、そこでの販売をまず優先で製作してます。
4/9は幼稚園の始業式なんですけど、9日は年長さんだけで、年中さんと年少さんは10日とのことで参加許可が下りたんですよface03

以前のようにショップ様やフィールド様に卸すほどの製作数は作れないので、直売のみですが、今後もよろしくお願いします。
値段は据え置き1800円ですが、送料は以前よりも上がりますのでご了承下さい。
定形外郵便の規格が変わり、厚さ3cmを越えると規格外料金になるためです。
保証の有無も考慮するとレターパック(一律510円)に切り替えた方がいいかも知れませんね。シェルキーパー4個くらいまでは同封出来ますし。

  

Posted by フリップ好き  at 08:39Comments(0)お知らせ

2018年03月17日

シェルマガジンのメンテナンス


今日はシェルマガジンのメンテナンスについてです。

銃本体はメンテしていてもマガジン側は意外とやってない人も多いと思うので。(という私自身も実は年1回やるかやらないか程度でしたw)


見てない人・覚えてない人も多いのですが、ちゃんと説明書にも書いてあるんだよ?
やり方はシリコンスプレー吹いて、弾を出し入れするだけなんだが。

本来なら3ヶ月とか半年とかに1回はやった方が良いんだと思います。
BB弾表面のワックスや汚れ、入り口から入った塵・埃も付着していきます。全然給油しないと中のスプリングのサビにもつながります。
もうお分かりでしょ?何もしないと給弾能力が落ちてくるんですよ。肝心な時にシェルマガジンから弾が上がってこないなんてことが起こるんですよ。
今まで問題なかったマガジンに弾上がりが悪い症状が出たらまずメンテナンスして見てくださいね。

ただ、副作用として少しの間は弾道が安定しなくなるという欠点があります。
(少なからず装填弾にもオイルが付着するため、ホップが不安定になります)

なので、メンテナンス後はとにかく弾をぶっ放しまくるトリガーハッピーになりましょうicon12


まぁ、中にはメンテナンスでは解消できない弾上がりの悪い”ハズレマガジン”もありますが。
現行品は知りませんが、前のマルイのグリーン、ホワイトシェルは本体が反っちゃってる成型不良品もあって割りとハズレが多かったです。
ゆえにグリーンシェルとホワイトシェル買わなくなった・・・
というか高いのにハズレが混ざってる可能性があるならCYMAのシェルでいいや。ってなっちゃったのよ・・・

レッドはそんなことほとんどないのにね。成型色違いによる樹脂の混合比率の違いとかなのかな?

初期不良マガジンの件はどうでもいいやw
大事なのは、本体だけでなく、マガジンもたまにはメンテナンスしてねってことです。ここだけ頭に入れておきましょう。
  


Posted by フリップ好き  at 08:18Comments(0)ショットガン

2018年03月13日

作業スペース確保!

縦1500mm×横900mm×高さ1400mmの作業スペースを確保しました!face03

イレクターパイプで組んだ枠に、プラダンで壁を貼り、隙間はガムテープで密閉するというポンコツクオリティーw


削りカスを一切外側へ出さないための措置です。

が、空気の流れも無いため、一定時間入ると酸欠になりますicon10
なので数箇所に穴を開けて換気扇用フィルターを貼り付けて空気穴としました。

ないよりマシ程度ではありますが、自分にとっては十分です。玄関先での削り作業はきつかった・・・


ちょいちょいシェルキーパーの製作を再開して行こうかなface02

決まった時間が取れないという点だけは変わりないので、銃本体の製作を再開することはたぶん出来ないと思います。

いや、作るには作れるのですが、以後のサポート体制に問題が出るので。
サポートはいいから作ってくれよという闇取引なら応じれますがね
公には、今後も本体の製作はやらないと思ってください。公には・・・

とりあえず、シェルキーパーの製作再開を頑張りますface02



  


Posted by フリップ好き  at 15:26Comments(4)お知らせ

2018年03月10日

不具合修正

連日投稿(笑)

やっぱりこの程度のネタだとすぐ終わっちゃうよね・・・


チャンバー内の弾を抜く際にフォアエンド内にBB弾が入り込んじゃう構造上の欠陥があるSTF12です。

全弾撃ってからマガジンチェンジすれば問題ないのですが、ヒットされてセーフティーに戻る際、残弾に関係なくマガジンを抜き、必ずチャンバークリアの動作はしますよね。

てことはやはり改善が必要なのですよ。


まぁ、簡単ですよ。フォアエンドの手前側の溝を埋めるだけです。ここの溝の段差にBB弾が引っかかってそのままフォアエンド内に入っちゃうので、そこを平坦にしてやればチャンバークリアされた弾は溝にはまることなく外へ流れ落ちていきます。


強化もしたし、不具合改善はしたし、もういじるとこねーやw

ついでなので、STF12に興味があるけど性能が・・・って人のために書いておきますね。

まずSTF12はその構造からパワーカスタムには不向きです。
原因は以下

・オールプラ製ってもありますが、フォアエンドを引いた際にフレームに少し擦れます。
パワーカスタムするとコッキングに力を使うために強く握りこんでしまい、擦れも強くなり、コッキングが重く感じる悪循環になります。

・シリンダーはボアアップシリンダーなのですが、ピストンカップがクソなせいで、シリンダーとの摩擦力が大きくその特性を生かせません。
摩擦力を軽減するためにオイルやグリスをしっかり塗ると今度はそれがバレルに流れ込み、弾道が不安定になるという事態になります。

・機関部内にバリが多く、(それも内側に出っ張るバリ)ピストンの動きを阻害しています。結果、引きが重く前進力も削がれるダメダメ仕様です。

以上のことから、最低限上記の問題点を改善してやっと使える物になります。なので、

そのまま使う分にはやや難あり(コッキングが重い割に初速が出ない)

ではありますが、素体としては悪い物ではないですよ。
散弾工房さんにカスタムをお願いするなり、自分でいじくるなり出来る人向けですね。

  


Posted by フリップ好き  at 09:46Comments(0)ショットガン

2018年03月09日

手術完了



STF12の強化骨格埋込手術は無事完了しましたicon12


埋め込み箇所はいつもと同じですが、今回はフラットバーの長さがいつもより長いです。


これにより、アウターバレルを固定するアウターバレルサドルを挟み込む形で固定されるので、より強くなりました。

これでグニグニだったSTF12も十分な強度となり、激戦投入も問題無しとなりましたicon12
これでフレームもメタルだったらガチガチに出来たんですけどね。

あとはフォアエンドですね

STF12はフォアエンドを引いた際にフレームを覆う形になるので、チャンバー内の弾を抜く時にフォアエンド内にBB弾が入り込んでしまう欠陥があります。
毎回ではないですが、結構高頻度で起こるので、次はフォアエンドの隙間を埋めて弾がフォアエンド内に流れ込まないようにして行こうと思います。


  


Posted by フリップ好き  at 12:38Comments(0)ショットガン

2018年03月07日

強化骨格

削りカスが飛び散らないように完全密閉のダンボールハウス型簡易作業場を検討中です。
子供の秘密基地かよwって思われますが結構マジです。玄関先よりマシですので。

そんなことは置いておいて、3月はお宮参りがあったりで予定が合わず、サバゲに行けそうに無いので、代わりに何かしようと思いまして。
ちなみに来月のさんだんキャンプも幼稚園始業式の前日になるため、許可されない可能性が・・・まだわかりませんが、正直望み薄ですicon11


先のさんだんキャンプにおいて、思った以上に使い勝手がよく、戦果も上げられたSTF12です。
0.28gでも30m飛ばせたのは予想外でした。(ホップが0.2用だったので)

そこで予備ショットガン2号機のポジションから予備ショットガンのポジションに昇格させてやろうということで、より激戦に耐えうるべく、こいつにもアルミの強化骨格を埋め込む手術をしていこうと思います。

軽くて良いんだけど首周り結構グニグニだしね。あと、チャンバーの弾抜きする時にフォアエンド内に弾が入り込んじゃう構造上の欠陥もあるので、そこも修正して行こうと思います。

まったりやっていく予定ですが意外とあっさり出来るかも・・・どのみち記事には上げていきますね(^^
  


Posted by フリップ好き  at 17:08Comments(3)ショットガン