2013年02月19日

ショットガン電動化への実験1


まず簡単な実験から始めて見ました。

インナーバレルを加工し、チャンバーパッキン周辺を自作。BB弾保持位置を3発分前方にずらしたもの
を作ってみて、あとはそのままです。
KTWイサカではこの方法でも同時発射数増加が可能です。(ただ、この方法ではノズルがシールされないので盛大にエア漏れしますが。)

結果は失敗。
保持位置をずらしただけではつまずきホップ&エア漏れしただけでした。
垂直に上がってくる給弾ルートでは、電動ガンノズルのような瞬間的解放では複数発流れ込ませるのは無理なようです。
給弾ルートは斜めにしないとダメなようですね。φ(..)メモメモ

ガンジニア様で新しい電動ガン電子回路商品が紹介されていてひらめいたのですが、
DSGを用いて超ハイサイ状態に調整した電動ガンを3発や5発のバーストに固定してしまって、疑似的に1ショットで複数発出ているかのようにするってのも良くないですか?
これなら弾道性能は間違いなく維持出来ますしね。
マガジンはショットシェルマガジンを使って・・・

でも憧れはやっぱり同時発射だよなぁ。






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
CYMA M870 ポート可動域拡張
CYMA M870 マグプルカスタムレビュー
愛機整備
レイルフォアエンド
イベント販売分の2丁
ぶっ壊しちゃったので(汗)
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 CYMA M870 ポート可動域拡張 (2017-06-26 17:03)
 CYMA M870 マグプルカスタムレビュー (2017-01-20 10:15)
 愛機整備 (2016-12-28 11:17)
 レイルフォアエンド (2016-12-04 18:15)
 イベント販売分の2丁 (2016-11-24 18:28)
 ぶっ壊しちゃったので(汗) (2016-11-23 19:42)

Posted by フリップ好き  at 10:13 │Comments(4)ショットガン

この記事へのコメント
むかしアームズマガジンのカスタムガンコーナーにM4を使用した電動ショットガンの作例が出てましたね。その作例では三発発射の為にチャンバー加工とセクターギアにタペットプレートを三発装填できるように突起位置の変更と増設がなされていました。他にも色々と加工がされていて、考えた人は凄いと感心したものです
Posted by タキ at 2013年02月19日 18:43
>タキさん
なるほど。1コッキング中に複数回タペットプレートを動かすわけですな。
良い案を頂けました。また考えが広がります(^^
Posted by フリップ好き at 2013年02月19日 19:20
ショットガン記事参考にさせてもらってます。
電動の複数給弾ですが、アルミ削りだしのチャンバーのすべりが良すぎて2発流れ込む事例があったようです。
ルートの行き止まり(上側)にへこみをつけて解決したようです。

なのでノズルに干渉しない程度(もしくはノズルの加工もして)に上側に斜面を作ると、多数流れ込むのではないでしょうか。
Posted by AMA at 2013年02月19日 20:42
>AMAさん
いかにスムーズに流れるかが鍵なんですよね。

ただ、今のところ出ている案は、タペットプレートの可動回数を増やす方式以外はエア漏れ前提になってしまうので、頑張って作っても使い物にならない可能性もあり、さてどうするか状態です(^^;
Posted by フリップ好き at 2013年02月19日 21:31
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。