2013年03月25日

イサカM37 シェルマガジン仕様作り方


はじめに言っておきますが、簡単に行える加工ではありません。失敗すれば大事な銃がお釈迦になります。自己責任において、加工は慎重に行って下さい。

さて、昨日紹介した、KTWのイサカM37にマルイのショットシェルマガジンを使用できるようにするやり方の紹介です。
ちなみに、本体がメタルであるライアットには出来ません。
ライアットにしたいならフェザーライトにこの加工をしてマガジンチューブを自作・ライアットカスタムにした方が良いです。


まず全体像です。私は左右均等に加工するのが苦手なので、機構はすべて片側に集約しています。


トリガー周りです。
まずトリガーバーを切断し、リターンスプリングの機構を新造します。単純にそのままの形で短縮しました。
トリガーバーが穴だらけなのは1回失敗したから(笑)
シリンダーがずれないように、このバーに沿って下がってくるため、バーを切断するとこの能力を失います。なので、シリンダーがずれないようにするプレートを追加します。


シェル挿入口です。大きく切開し、フロント側へギリギリまで広げます。んでシェルをロックするパーツと排莢用パーツを自作。ぶっちゃけシェルロックがあれば十分ですが、シェルを下に押し出す排莢用パーツがあった方が取り出しやすくはなります。
挿入時には2つのパーツとも上に上がり、シェルの挿入を阻害しません。シリンダーロックが少し干渉するので、干渉部分を2mmほど削ります。
排莢の時は、ロックを外した後、シェルが出てきますが、その際に排莢パーツに押されて、シェルが下に下がり取り出しやすくなります。


シェルの入る部分です。他の方の方法はここを限界まで削るというやり方でしたが、私は挫折した(笑)ので、切開しちゃってシェルがすっぽり入るABSパイプを移植しました。パイプの外径が大きいので削りました。大変ですが内側を削るよりはマシです。
給弾口はローダーの先端を移植。スムーズに流れることを第一にしたので、逆流防止用Oリングは取っ払ってます。弾が残った状態でシェルチェンジするとぼろぼろこぼれます。まあ発射回数が少ないので撃ち切ってからしかチェンジしないから良いかなと。
給弾ルートも自作する必要がありますが、ここがいい加減だと弾がスムーズに上がらないのでご注意を。


排莢するためのスプリングです。ロッドが、シェルが入る部分まで伸びていて、シェルを押し出す仕組みです。
マガジンチューブ内に隠れちゃうので不格好でも構わないと判断。ガチガチにくっつけてあります。

トリガーバーの移設・シェルの固定方法・排莢方法。重要な加工はこの3点です。シェルが入るようにするだけなら簡単に出来るので、頑張ってみて下さい。

一番注意するのはトリガー周りね。修正効かないので。

あと、昨日言ってたパルスライフルの再製作はあっさり却下されましたicon15今後は出産費用とかも大変になるのよだってicon10
銃器にお金掛からなくても材料費に2万ほど掛かるのがNGだったみたいですicon11
ずっとショットガンナーでいろってことですね。






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
CYMA M870 ポート可動域拡張
CYMA M870 マグプルカスタムレビュー
愛機整備
レイルフォアエンド
イベント販売分の2丁
ぶっ壊しちゃったので(汗)
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 CYMA M870 ポート可動域拡張 (2017-06-26 17:03)
 CYMA M870 マグプルカスタムレビュー (2017-01-20 10:15)
 愛機整備 (2016-12-28 11:17)
 レイルフォアエンド (2016-12-04 18:15)
 イベント販売分の2丁 (2016-11-24 18:28)
 ぶっ壊しちゃったので(汗) (2016-11-23 19:42)

Posted by フリップ好き  at 08:55 │Comments(2)ショットガン

この記事へのコメント
外交に敗北しましたか…土下座のバリエーション沢山用意しとくべきですね。
もしくはイサカを口に突っ込んで「自殺しちゃう!」と叫ぶとか。
Posted by Nuada at 2013年03月25日 09:21
>Nuadaさん
ダメでしたwww
代わりに、誕生日プレゼントにチェストリグを要求しました。が、これも承認されるかは微妙なところです。
Posted by フリップ好きフリップ好き at 2013年03月25日 11:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。