2013年03月30日

補修強化


強度面でシェル仕様に耐えられなかったため、純正マガジン仕様に戻したイサカです。

シェル仕様時に破損した箇所を検証し、純正マガジンフレームもその箇所に補強を入れました。負担が増えている分、いずれ同じ個所が破損するだろうと思ったからです。

あと、マガジンを購入して発見したのですがイサカM37シリース用(ライアット除く)の最新ロッドのマガジンはライアット仕様と同じように、ロックが掛かるようになってましたicon12
これにより携帯性がグンと上がってます。不用意にぶちまける心配がなくなりましたね。
戦民思想様の「まほうの杖」と併用すると、マガジン交換も容易に行えるようになります。イサカ使いにはありがたいですね。

初速にも調整を加えました。ノズルをもう少し絞って、3mmまで落としたところ、0.2g単発で90m/s、6発で59m/sとグレーゾーン時と遜色ないどころか、同じ数値まで持っていくことが出来ましたicon12
(単発初速が下がり、複数発初速が上がった)
これならアウトドアで散弾使って戦えます。それも0.2g弾で。接近戦に限るなら0.12g使った方が弾速も速いのですが、失速が激しい分、単発も視野に入れると0.12gでは狙撃は出来ないです。

飛距離も十分ですのでメインでも使用可です。
発射回数少ないけどね。

話変わりますが、CA870やG&PのM870(中身CA870)ってインナーフレームはメタル製なんですね。強度は十分だと思うのでこっちをベースにシェル仕様に出来ないか考え中です。






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
猟銃っぽいショットガン
モデュレイテッドカスタム
やってみたら出来た(笑)
シェルマガジンのメンテナンス
不具合修正
手術完了
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 猟銃っぽいショットガン (2018-04-28 13:39)
 モデュレイテッドカスタム (2018-04-26 13:09)
 やってみたら出来た(笑) (2018-03-31 14:50)
 シェルマガジンのメンテナンス (2018-03-17 08:18)
 不具合修正 (2018-03-10 09:46)
 手術完了 (2018-03-09 12:38)

Posted by フリップ好き  at 11:37 │Comments(0)ショットガン

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。