2013年05月18日

出品&音対策


人様の銃いじくってて遅れてましたが、完成分を出品しました。L2、S1です。

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f128637337
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g121959896

新ガスショットガンの影響で需要が高まりそうな気配(笑)

さて、たまに、「扱いやすいんですが、走ってる時にカタカタ鳴っちゃうのはどうにかなりませんかね?」
ということを質問されます。
解決策がないわけではないのですが・・・

ひとつはスプリングに押される強制タイプにすることです。実銃やモデルガンのマガジンを想像してもらえればわかりやすいかと。
シェルを上げてくる底板の下にスプリングを入れてシェルを上に押し出すようにすることです。当然ながら扱いやすさはかわらずにシェルが動いて音が出ることもなくなります。

が、スプリングが自作出来ない(市販品では代用が効くサイズ・テンションの物がなく、自作では均等なテンションにならずにキーパー内で引っかかってしまいました。)ため、価格が大幅に上がる&手軽に作れなくなる(バネ屋さんに発注する必要があるため)ので、個人のやるべきことじゃない気が・・・(^^;

もうひとつは各シェルの間に三角に切ったスポンジゴムを貼る方法です。こっちの方が現実的ではあります。


私はこのシェルキーパーのコンセプトを取り出しやすく落としにくいという点に絞っています。
上記方法では固定力が上がるので、確かにカタカタ鳴らなくなりますし、隠密行動派にはおススメですが、取り出しやすいという点が犠牲になります。

なので方法は提示しますが、こちらではこの加工はしません。個人的には音がなろうが、スッと取れる方を優先したいので。
上半身を固定し、移動しながら射撃をしてもブレにくくなる歩き方をすればシェルも上下には動かず、音も発生しないので、こちらの歩き方を練習して、シェルキーパーはそのままさっと使える状態であった方が良いと感じます。

私は上のような行動方法をとっているので、シェルの音は大して気にはならないのですが、音が気になる方は一度上記方法を試してみて下さい。たぶんスッと抜ける方が良いと感じますが。
一応製作者として提案をね(^^






同じカテゴリー(オークション情報)の記事画像
クラシックスタイル
T2仕様 M870
実パ付きナイトホーク
M870 ハンター仕様
SAI M870 スポーツラインベース
扱いやすいモデル
同じカテゴリー(オークション情報)の記事
 クラシックスタイル (2017-04-02 21:00)
 T2仕様 M870 (2017-03-28 08:45)
 実パ付きナイトホーク (2017-03-18 15:29)
 M870 ハンター仕様 (2017-02-24 08:07)
 SAI M870 スポーツラインベース (2017-02-18 17:03)
 扱いやすいモデル (2017-02-16 17:24)

Posted by フリップ好き  at 12:00 │Comments(0)オークション情報

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。