2013年05月21日

DE M1014にマルイM3機関部を入れる

さて、内部はダメダメだったDE M1014にマルイのM3機関部を入れる加工です。



まずはストック基部の切断。これは簡単ですね。例のスライドストックを組まない(M3のストックを使う)なら切る必要はありません。


フロント側は、カバーみたいなパーツを取りつけるためのネジ穴土台となる2mm厚板を貼り付けてネジ穴を開けます。さらに、上部にはそのパーツのピンが填まる為の2mmの穴を開けます。
そして、マガジンチューブを取りつける部分を0.5mmほど細くします。
ここが一番面倒な部分です。M1014のマガジンチューブはM3のパイプより肉厚なので、ここを細くする必要があるんです。

以上の加工で外見はM1014、中身はそっくり信頼と安心のマルイM3に出来ます。


シェル見せギミックはお好みで~


あと今日は破損したA-TACS FGハットのボタンをつけ直しました。

安物レプはこういうとこの作りがいい加減だから困るわぁ。


今日はこの後フロンティアに買い物行って、自宅でショットガントレーニング
通称宅トレをやります。
宅トレとは、宅手軽トレーニングの略で、タクティカルトレーニングの真似ごとを自宅で手軽に行うことである

<追記>
このあいだのサバゲの時に撮影しておいたイサカ6発発射の野外射撃風景をアップしました。

1バレル6発装填ですが、可変ホップですし、意外と飛ぶんですよicon12大画面・高画質で見て下さいね。
弱ホップでも20m程度は飛びます。強めにホップ掛けると1~3発目くらいまでは浮き弾道になりますが30m以上まで行きます。
長掛けホップの影響なのか、10mくらいまでは一直線に飛ぶんです。んで突然ブワッと広がって浮いたり落ちたりまっすぐ行ったりの弾道に分かれます。
1、2発目を0.25g、3、4発目を0.2g、5、6発目を0.12gで装填してホップを強めにすると良い感じの弾道になりますが面倒なのでそんなことしません。
全部0.2gでブワッとね。
おもしろいでしょ?
サイティング不要・出会い頭ではとても心強い兵器です。






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
CYMA M870 ポート可動域拡張
CYMA M870 マグプルカスタムレビュー
愛機整備
レイルフォアエンド
イベント販売分の2丁
ぶっ壊しちゃったので(汗)
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 CYMA M870 ポート可動域拡張 (2017-06-26 17:03)
 CYMA M870 マグプルカスタムレビュー (2017-01-20 10:15)
 愛機整備 (2016-12-28 11:17)
 レイルフォアエンド (2016-12-04 18:15)
 イベント販売分の2丁 (2016-11-24 18:28)
 ぶっ壊しちゃったので(汗) (2016-11-23 19:42)

Posted by フリップ好き  at 11:21 │Comments(0)ショットガン

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。