2013年05月21日

偶然の発見


M1014に入れるホップどうするかなぁといろいろ実験してる時に、失敗した0.28g用ホップ(形状は変形もなく良いものの0.28g用としては掛かりが弱い)が0.25gに適応出来ることがありました。

緩く貼った場合でした。0.25g用長掛けホップと同じように、0.25gに対しては45m付近でやや浮き上がり、50mオーバー。0.28gに対しては最大飛距離は落ちるものの40mまでサイト通りのほぼフラットに飛び、サイティングが非常にしやすいという。

緩貼り0.28g用長掛けホップ=0.25g用長掛けホップという状態です。
0.25g兼用ホップとして考えてもこっちの方が接着面広いんだから耐久性は上なんじゃないか?

さらに考えれば、0.25g用もテンションを掛けずに緩貼りしたら0.2g用が出来るのではないかと考えています。これは実験の価値ありですね。
ただ、どの程度緩く貼った時にこうなったのかは不明で、ゴムを貼る時のテンションで大きく変わってしまうあたりが、作るにあたって安定性に欠けます。数作って成功品を引き抜く以外ないでしょうな。
なんかすごく良い弾道だったのでこれをBM870TCに載せ、M1014には0.2/0.25兼用ホップが出来ないかの実験機として(成功ならインドア/アウトドア対応機になれる)頑張ってみます。

2種の弾を兼用出来た方がショットガン的な使い方が出来るんですよね。
50m以上の遠距離なら0.25gでけん制しつつのヒット狙い、40m以内に来たら0.28gに変えて必中狙い、というふうに。
シェルの色を変えた意味が出てきますねicon12
グリーンに0.28g、ブルーに0.25g・・・・良いかもicon12


TさんのショットガンとざぶさんのHk416の調整も終了したので、またぼちぼちシェルキーパーも作っていきます。







同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
CYMA M870 ポート可動域拡張
CYMA M870 マグプルカスタムレビュー
愛機整備
レイルフォアエンド
イベント販売分の2丁
ぶっ壊しちゃったので(汗)
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 CYMA M870 ポート可動域拡張 (2017-06-26 17:03)
 CYMA M870 マグプルカスタムレビュー (2017-01-20 10:15)
 愛機整備 (2016-12-28 11:17)
 レイルフォアエンド (2016-12-04 18:15)
 イベント販売分の2丁 (2016-11-24 18:28)
 ぶっ壊しちゃったので(汗) (2016-11-23 19:42)

Posted by フリップ好き  at 17:53 │Comments(6)ショットガン

この記事へのコメント
どうせなら可変ホップ作ってくださいよー\(^o^)/
Posted by 通りすがり at 2013年05月21日 19:28
>通りすがりさん
それが一番理想なんですけどね(^^;
Posted by フリップ好き at 2013年05月21日 20:05
長掛けホップは歪みがないよう一直線にくっつけると思っていましたが、緩く貼ってあるものは一直線ではないのですか?
Posted by Chunn at 2013年05月22日 00:18
今更ながらですが、新たに購入したM1014はてっきり電動化の形入り用かと思ったのですが・・・
このままインドア専用行きかな?
Posted by boss at 2013年05月22日 00:40
>Chunnさん
一直線は一直線ですよ。ただ、その【張り具合】のテンションの違いだと思います。元々0.28g用としては失敗した物だったのでごく僅かで微妙な違いだと思われます。
Posted by フリップ好き at 2013年05月22日 03:30
>bossさん
当初その予定だったのですが、せっかくM3の機関部が生きていたのでそれの【ガワ】として使いました。
単発の電動搭載にあたり、必要な箇所は給弾ルートとシェルマガジン搭載機構の部分だけなので、元々M1014に入ってた中華機関部の方を使おうと思ってます。

ジャンクM3のガワをベースにしますが、M1014を参考にして作ろうかと。
Posted by フリップ好き at 2013年05月22日 03:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。