2013年05月25日

完成したけども・・・



マルイユニットを搭載して完成したM1014です。

バレルやパッキンも全てマルイに変えました(0.2g使用を考え、とりあえずノーマルホップです)
シェル見せギミックも追加したのですが、下がってくるハンドガードが被るせいでM3よりも目立たずicon15


あと、コッキングがめちゃめちゃ重たくなっちゃったicon10たぶんフレームの削り不足でエジェクションポートが擦れているんだと思いますが。
とりあえずコッキングが重すぎで現状では使い物にならない(筋トレマシーンになるかも)ので、再度フレーム削りを頑張ります。

初速は89m/s前後で安定してます。






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
CYMA M870 ポート可動域拡張
CYMA M870 マグプルカスタムレビュー
愛機整備
レイルフォアエンド
イベント販売分の2丁
ぶっ壊しちゃったので(汗)
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 CYMA M870 ポート可動域拡張 (2017-06-26 17:03)
 CYMA M870 マグプルカスタムレビュー (2017-01-20 10:15)
 愛機整備 (2016-12-28 11:17)
 レイルフォアエンド (2016-12-04 18:15)
 イベント販売分の2丁 (2016-11-24 18:28)
 ぶっ壊しちゃったので(汗) (2016-11-23 19:42)

Posted by フリップ好き  at 17:29 │Comments(2)ショットガン

この記事へのコメント
初速の安定がショットガンにおいて意外と重要なんですよね
散弾銃らしく一応長距離で散るのですが40m程度の空き缶プリンキングならフルカスタムのボルトや精度の高い電動の倍は命中率高いんですよね
これはやはり複数弾同時発射と曲銃床化の賜物ですね

6発発射ですが3日程仕事が暇だったので色々試しましたがm3ベースではどうやっても6発給弾自体上手く行きませんね
チャンバーとノズルの位置関係とBB弾の流れ方そしてBB弾シャッターと3発完璧に給弾する仕切りのパーツ全てが連動しかつ絶妙のバランスがありますね
99%給弾が上手く行く作りにしようとするとマガジンからチャンバーに向かうルートから始まりほぼ全てを作り変えないと無理っぽい様に思います
Posted by すなぼ at 2013年05月25日 21:20
>すなぼさん
【面で狙える、ボルトより連射の出来るスナイパーライフル】という認識で使ってます(^^

やはりそうですか。
私もたどり着いた結論は「専門知識も工具もない個人では難しい」です。
頭ではわかっているのですが、精度と強度を両立した部品がどうしても手作業だけでは難しく、こりゃ無理だと思いました。

複数回コッキングでなら6発も楽に出来ますがやはり1コッキングで6発ローディングが理想ですよね。

1バレル6発ローディングも考えましたが、やはり手作業自作では強度が出せずです。
Posted by フリップ好き at 2013年05月26日 08:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。