2013年09月14日

スイベル撤去


BM31です。

先日のブラムトレーニング時、足音は消せているけどカチャカチャなる音で居場所を悟られることがありました。
シェルキーパー内にあるシェルがなっていたものと思ってましたが、BM31のスリングスイベルがストックに当たってカチャカチャなっていたことが判明

元がガスM870のストックゆえに中は空っぽになっていて、CA870のストックよりも肉薄のため、乾いた高い音が鳴り、音も響きやすかったようです。

撤去


何にもなくなっちゃうとさびしいかなと思いまして、同サイズのパイプ付けておきました。


ちなみにスリングはトリガーガードにパラコードを通して、グリップ付け根付近でワンポイントにしています。
この位置でのワンポイントだと、M4と取りまわし方も同じで、ハンドガンへのトランジションもやりやすいです。
BM870はフック自体をここに作ってありますし、M1014カスタムはQDスリングスイベルがこの位置に付けてあります。
BM31はクラシカルな外見をいじりたくなかったためにパラコードを使ってます。

この位置でスリングするのはおススメですよicon12






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
猟銃っぽいショットガン
モデュレイテッドカスタム
やってみたら出来た(笑)
シェルマガジンのメンテナンス
不具合修正
手術完了
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 猟銃っぽいショットガン (2018-04-28 13:39)
 モデュレイテッドカスタム (2018-04-26 13:09)
 やってみたら出来た(笑) (2018-03-31 14:50)
 シェルマガジンのメンテナンス (2018-03-17 08:18)
 不具合修正 (2018-03-10 09:46)
 手術完了 (2018-03-09 12:38)

Posted by フリップ好き  at 08:51 │Comments(0)ショットガン

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。