2013年09月14日

余計な事

絶賛出品中の試作品ショットシェルホルダーの値段が意味不明なことになってますicon10
いや、こちらはありがたいんですがねicon12
イロモノ装備が好きな人がいて良かった(笑)

さて、BM31ネタです。

たまに7発給弾されて6発発射・1発弾ポロが発生してしまいます。

原因はこれ

弾流れをスムーズにしようと給弾ルートをちょっと削ったのが原因でした。ノーマルのままでも径の小さいエクセル弾を使った時にはまれに3発だけ入るタイミングに強引に4発目が入ってしまう事がありましたが、ここをいじったせいでエクセル弾以外の弾を使っても結構頻繁に4発目が入ってしまう事態が発生。

気が付いてからはルートをプラリペアで元に戻しました。

エアショットガンで6発発射化する際、余計な加工はしない方が良いと気が付きました。
インナーバレルのホップ窓・ホップチャンバーパッキン・アクションバー・シリンダー・機関部本体シリンダー干渉部分
それ以外の場所、例えばシャッターや給弾ルートには一切手を加えない方が良いです。
特に給弾ルートは0.1mm削ってしまっただけでも4発目侵入率が大幅に上がります。8発同時発射機作るってんなら別ですがね。
素早く引いても最低4発は出る。というのはこういうことだったんです。タイミング変更のお陰ではなく、単なるミスでした。
だから普通の速度でコッキングすると6発以上出ちゃう場合が発生していたんです。

現在はちゃんと修正。6発以上は出ませんし、あまり素早く引くと3発発射になってしまいます。でもエアコッキングなんで、安定して3発発射になってしまうほど早く引けないですwww
連射しても3発で出るのは最初の1、2回ぐらいで、あとは5発6発発射に。
解放タイミングとノズル開放延長は効果あったようで、ちゃんとマガジンに弾が入っていて普通にコッキングすれば、かなり高確率で6発発射になるようになりました。

正直もう少し初速が欲しいところではあります。ピストンの重量化を試そうか検討中です。
(ピストン強度が耐えられないニオイがぷんぷんしますが。)
エアショットガンは装填数が2発以下になると初速が上がります。装填されなかったシリンダー分のエアブレーキが効かなくなるためです。
ピストンに、エアブレーキを押し切るパワー(重量)があればスプリングを強化しないでも初速を上げられるのでは?と考えています。
これもそのうち実験してみます。






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
CYMA M870 ポート可動域拡張
CYMA M870 マグプルカスタムレビュー
愛機整備
レイルフォアエンド
イベント販売分の2丁
ぶっ壊しちゃったので(汗)
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 CYMA M870 ポート可動域拡張 (2017-06-26 17:03)
 CYMA M870 マグプルカスタムレビュー (2017-01-20 10:15)
 愛機整備 (2016-12-28 11:17)
 レイルフォアエンド (2016-12-04 18:15)
 イベント販売分の2丁 (2016-11-24 18:28)
 ぶっ壊しちゃったので(汗) (2016-11-23 19:42)

Posted by フリップ好き  at 21:07 │Comments(0)ショットガン

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。