2013年11月04日

セイリエントアームズM3 作業確認

先日から製作を進めているセイリエントアームズのM3カスタムです。
現在、ボルト周辺・機関部内調整を進めている段階です。

今後について、フロント側に必要な作業の確認です。

フォアエンドキャップをはじめ、周辺のパーツ形状が少し違います。また塗装も部分的に艶有ブラック。

ガス抜き穴、S-ベントって言ったかな?の穴あけ作業。バレル長は18インチなので約4cm短くカット。(純正は19.75インチで、1インチは2.54cm)

マガジンチューブが延長されてますが、1本パイプではなく、うっすらつなぎ目が見えることから別パーツでの構成になります。


とっぱらったかに思えたフロントのスリングはこちら側に固定されてました。

ストック付け根にスリングフックが見えます。恐らくはストック~本体間に挟んで固定するタイプです。
↑これ、エアガンではストック付け根の構造が違い、作れないので(同じ構造ではスリングを掛けるには強度的に足りない)、本体に直接付けるか飾りとしてストックに付けるかになります。

どれも1日で終わる作業ですが、スリングはどうしましょうかね?この位置でのスリングが一番扱いやすいのはBM870で体験済みですし。やはり埋め込んで実用品にするかな?






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
CYMA M870 マグプルカスタムレビュー
愛機整備
レイルフォアエンド
イベント販売分の2丁
ぶっ壊しちゃったので(汗)
サイトの変更
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 CYMA M870 マグプルカスタムレビュー (2017-01-20 10:15)
 愛機整備 (2016-12-28 11:17)
 レイルフォアエンド (2016-12-04 18:15)
 イベント販売分の2丁 (2016-11-24 18:28)
 ぶっ壊しちゃったので(汗) (2016-11-23 19:42)
 サイトの変更 (2016-11-17 21:18)

Posted by フリップ好き  at 08:04 │Comments(0)ショットガン

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。