2014年03月20日

M870ベースで


出品中のSAI BM870がすでにびっくり価格になってますが何なんでしょうね?(^^;
嬉しいですけどねicon12

さて、SAIカスタムのショットガンを作っていて、「6発機で作れませんか?」という質問をちらほら受けることが多くなりました。

以前M3の6発同時発射化には成功しましたが、安定度が低く、とても人様に販売向け製作するには程遠いレベルです。
ゆえに多弾同時発射の製作はイサカに移行してしまったのです。
イサカはどんなに速くコッキングしても必ず設定通りの発射数になるので、多弾同時発射の安定度は100%です。
しかも初速も60m/s代は確実なので、M3の6発化とほとんど差もなく、それでいてM3よりもコッキングが軽いときたもんですから、もう戻れない。
イサカ、万歳状態なわけです。

かといってイサカではSAIカスタムは施せないので、考えまして、

初めてガスショットガンに手を出します。

発売当初は不具合多発で不調報告ばかりでしたが、最近のロッドのは改善されたようですし、注文しました。
明日明後日にはこちらに届く予定です。

これをベースにM3と同じくゴーストリングサイトの搭載とバレルクランプの追加等、M3と同じSAIカスタムのショットガンを作ってみようと思っています。

すぐ製作できるように、サイト等の取り付け小物の準備は進めてますので、今月中には出せる予定です。

その反面、SAI M3をまだ出品するわけにはいかなくなってしまったわけですが。
バレルクランプの注文は今からでは間に合わないので、とりあえず、SAI M3に付けているのを外してM870に付けます。
これなら今月中に間に合うでしょ?

ただ、今後もM870でSAIカスタムを行うかは未定です。
理由は、私の専門がエアショットガンだからです。
M3やスパスの構造は完全に把握してるので、整備サポートも受けることが出来ますが、ガスM870は守備範囲外、しかも構造が複雑で不具合が起きると厄介になることが多いと来たもんです。

もちろん機関部をどうこうするつもりはないですが、カスタムしちゃうとメーカーサポートを受けられない、かといって私自身も直せないので、作って壊れたら大ピンチになるという・・・

そのため、今まで作らなかったのと、今後もあまりやりたくないと言うのが本音です。

作るなら最高にカッコいい物を目指して作りますが、同じものを作ってくれと言われてもやるかどうかは未定。

とりあえずは1丁、頑張ってみますicon09






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
CYMA M870 ポート可動域拡張
CYMA M870 マグプルカスタムレビュー
愛機整備
レイルフォアエンド
イベント販売分の2丁
ぶっ壊しちゃったので(汗)
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 CYMA M870 ポート可動域拡張 (2017-06-26 17:03)
 CYMA M870 マグプルカスタムレビュー (2017-01-20 10:15)
 愛機整備 (2016-12-28 11:17)
 レイルフォアエンド (2016-12-04 18:15)
 イベント販売分の2丁 (2016-11-24 18:28)
 ぶっ壊しちゃったので(汗) (2016-11-23 19:42)

Posted by フリップ好き  at 19:22 │Comments(0)ショットガン

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。