2014年05月22日

SAI M3



今回のはリブ付きでデザインしてみました。


リブ付きアウターバレルには集光アクリルのフロントサイトが載っています。リアサイトはありません。イサカフェザーライトのビーズサイトと同じ分類になりますね。
ロングサイズ仕様で、純正のバレルクランプを使用しました。それに合わせてS-Ventはデザイン変更。バレルクランプを挟んで大穴を前、小穴を後ろに配置しました。

ただ、今回左側S-Ventの穴あけに失敗icon15大穴の最後がガクっとなってしまってます。全体の位置も右に比べて2、3mmズレてしまいました。ぱっと見では気にならないのですが、気にする人は気にすると思いますので、今回開始価格をいつもより安く設定します。

今回マガジンチューブの予備シェル機構は生きてます。使ってる人見た事ありませんが(笑)、一応マガジンチューブ内に2本のシェルマガジンを入れておけますよ。


ハンドルステッピングはいつも通り



エジェクションポートの連動開閉・セーフティーボタン大型化・リリースレバースプリング調整・飾りパーツ
このあたりもいつも通りですね。フレームトップにレイルを載せてます。
レイルは中華M1014の余りモノだった樹脂製ですので、あまり大型・重いサイトは使用しない方が良いかと思います。
HAAカスタムにつきシェルカバーはありません。


ストックは純正M3ストック。最近マジでCA870/M870のライフルストックが手に入らなくなってきました(汗)サンドカラーのはよく出回ってますが、ブラックが全く・・・・・・
ライフルストックの方が良いって人も多いですし、困ったもんですね。


シングルスリング対応フック。



内部カスタムはHAAカスタムです。ホップは補正ホップを搭載。
ですがいつものHAAスプリングより、もう一段階強い物ですのでTNバレル不使用ですが80m/sに届いております。計算通りでしたね。
コッキング負荷はいつものHAAより少し重いですが、純正ノーマルに比べると遥かに軽いので、いつものHAAと撃ち比べた事のある方でないと違いはわからないでしょうね。とりあえず言えることは純正よりもコッキングが軽く、初速はちょっと低い程度・飛距離はこっちの方が上だということです。

さて、前述のようにリアサイトはありません。SAI BM870もそうでしたが、ショットガンの特性上フロントサイトだけでも良かったりします。この銃に関しては突撃連射も可能なHAAカスタムですしね。
精密な射撃をしたい方にはドットサイトの使用をお勧めします。

T-1サイトが良く似合うicon12
※T-1サイトは出品物に含まれません。


個人的にはリブ付きバレルって競技用カスタムのイメージがします。でも今回はそれをSAIってみました。
出品後に追記しますのでよろしくお願いします。

<追記>
出品しました。
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g134048256
S-Ventのみが残念な箇所ですが(ガンガン使用する方には気にならないとは思いますけど)、性能は間違いなく良い物ですicon12

実はこのスプリング、非コッキング時にはほとんど圧縮されていないので、ヘタりにも強いんですよ。でも実験用に1本しか仕入れなかったので他HAA機には使用されなかったスプリングなんです。
HAA用スプリングは今後これに移行しようか検討中。純正バレルで80m/s出せるのは魅力的ですから。
現行イサカのはやや役不足になってしまいましたからね。旧イサカのと同等スプリングも入手してあるので、テストによって、と言ったところでしょうか。

アウトドア兼用でと考えると75m/sは越えて欲しいところですからね。







同じカテゴリー(オークション情報)の記事画像
ラプターグリップ
緊急オークション
在庫整理
残り物には福がある
ショットガンオペレーターTシャツ
ショットガンオペレーターパッチ
同じカテゴリー(オークション情報)の記事
 ラプターグリップ (2018-02-28 17:28)
 緊急オークション (2018-02-22 17:53)
 在庫整理 (2017-11-23 16:02)
 残り物には福がある (2017-11-20 19:55)
 ショットガンオペレーターTシャツ (2017-09-11 17:41)
 ショットガンオペレーターパッチ (2017-07-19 14:43)

Posted by フリップ好き  at 15:32 │Comments(0)オークション情報

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。