2015年04月04日

イサカマガジンを改良する


そのままでもスナイパーライフルとして通用する性能を持ち、多弾同時発射カスタムも容易に行えるKTWのイサカですが、そのマガジンが仇となってイマイチ評価が低いicon15

現行の物はマガジンにロック機構が追加され、以前のもの(それでももう数年前)よりもマシにはなりましたが、ロック力が甘く、振動で暴発することもしばしば。
私自身も経験ありますが、手元でマガジンが暴発して自爆なんてこともありました。

そのせいでマガジンの携帯方法に難があります。サイリュームホルダー等に入れて携帯している方も良く見かけます。

が、やはり暴発には難儀している様子・・・

そこで生まれたのがシェルマガジン化なのですが、6発カスタムとの併用は、今度は本体側の破損率が高くなるので正直安心して運用出来るかと言われれば、うーん・・・って感じでした。

てなわけで純正マガジンを扱いやすく改良してみましょうicon12

まずマガジンを分解し、フォロアーに小加工

レバーの上部角を、削ってRを付けます。


マガジン本体のこの部分は肉厚が薄いので、カラ状態で一気に開放してしまうと破損する恐れがあります。
この部分に応力が集中しないようにするちょっとした措置です。
(破損率を和らげる程度の効果ですので、カラ状態から一気に開放する事自体をしないようにすることには変わりありませんのでご注意を。)


で、肝心のロック機構周りですね。


下から押されることで開放される仕組みですが、ちょっとの振動でフォロアーが上にずれただけでも開放されてしまいます。
なので、上からフォロアーを押し下げるように図のようにカットしたスポンジゴムを貼り付けてやります。
あまり弾力が強すぎるとロック自体が掛からないか、強すぎて開放できなくなるので、少し下に向かってテンションが掛かる程度で大丈夫です。

まぁ、正直感覚なので、トライ&エラーで丁度良いテンションの厚みを見つけるしかないです。

これでマガジンを戻してみて、ロックを掛けてみます。机等にコンコン叩いてみてロックが外れるようなら弱いです(純正はこれでロックが外れてしまいます)
なおかつ開放ボタンを押してちゃんと開放されるようなら成功です。

こうすれば、振動程度でロックが勝手に開放されてしまう確立は大幅に減ります。


この小加工、今日マガジンホルダーを作ってるときに思いついたんで(ホルダーを使っても勝手に開放される場合があり、ホルダー側だけで解決できる問題じゃねーな?と気づく)、今までのイサカには施してません。

ですが今後出品していくものには施していこうと思います。









同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
猟銃っぽいショットガン
モデュレイテッドカスタム
やってみたら出来た(笑)
シェルマガジンのメンテナンス
不具合修正
手術完了
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 猟銃っぽいショットガン (2018-04-28 13:39)
 モデュレイテッドカスタム (2018-04-26 13:09)
 やってみたら出来た(笑) (2018-03-31 14:50)
 シェルマガジンのメンテナンス (2018-03-17 08:18)
 不具合修正 (2018-03-10 09:46)
 手術完了 (2018-03-09 12:38)

Posted by フリップ好き  at 12:25 │Comments(2)ショットガン

この記事へのコメント
初コメントさせていただきます。私もイサカを愛用していて暴発には苦労しており、マガジンポーチ内に弾が全部出てしまったりしていたので、このようなカスタムがあるのかと感心させられました!

6発発射のイサカというのもイサカ愛好家の私としてはとても気になりましたので、出品の方お待ちしてます( ̄^ ̄)ゞ
無理はなさらないよう、頑張ってください!
Posted by どろんこ at 2015年04月06日 21:37
>どろんこさん
せめて入り口が電動ガンマガジンのようならロックがなくても暴発しないんですけどね(^^;
ロックがしっかり掛かっていればまず暴発しないのでそれだけでも安心して使えるようになるので参考にしてみて下さい(^^

今週末には2丁出せる予定ですので、興味があればよろしくお願いします。
Posted by フリップ好きフリップ好き at 2015年04月06日 22:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。