2015年06月20日

S&T M870 その4


さて、今日作ったのはストックの上に付いてるシェルホルダーicon12


このM870には赤シェルの方が似合う気がするな・・・後で変更しよう。


ストックを開くとこの位置に来ます。


この向きで入れておく方が左手でシェルを抜きやすいicon12


あと、今日は野外でテストして来ました。
弾道はイイicon12そりゃそうですよね。システム自体はイサカのものなんだから。
初速が低いせいで、ふわ~んと30m飛ぶ感じです。6発ね。
投網してる感じwww

注文したスプリング(G&Pの190% 恐らく現行市販されている細径スプリングでは最高値)がいくつ出力を出せるかが最後の望みです。
ダメならこのまま使うしかない。サラコナー撃ちでwww

このスプリングの結果をもって本機の実験は終了となるので、紹介動画等作って動画アップする予定です。
せめて50m/s台に乗ってくれればエアコキハンドガンクラスにはなるのでOK。

あと実験中にまた発見がありましたicon12単発初速に余裕のある8発イサカにぶっこめばもう少し初速を上げられるはずなので、後日やってみます。
(6発イサカには単発初速の都合上やるわけにはいかない加工です。)

まぁ、先に結果から言えば、散弾化するならイサカが最も最適である(使えるスプリングやシリンダーバランスの関係)ということははっきりしました。
KTWからM870出ればねぇ・・・

<追記>
スプリング、変更しました。
結果サラコナー撃ちは出来なくなっちゃいましたが、46m/s→57m/sicon12
イサカに比べるとやや低いですが、これでもエアコキハンドガンクラス(マルイ ガスブロハンドガンと比べるとストライクウォーリアーやデトニクスより気持~ち低い程度)にはなりましたので十分実用範囲です。
ちなみに単発では96m/sです。

これが限界かな?鋼材使って重量ピストンを作れば60m/s台まで持っていけそうですが、それはワンオフでしか出来ず、量産前提の実験機としては意味がなくなってしまうので止めました。
量産するなら同時発射数を5発に減らして60m/s台に持っていこうと思います。






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
夜鷹カスタム
クリスマスプレゼントw
CYMA M870 ポート可動域拡張
CYMA M870 マグプルカスタムレビュー
愛機整備
レイルフォアエンド
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 夜鷹カスタム (2017-12-08 16:07)
 クリスマスプレゼントw (2017-11-29 17:46)
 CYMA M870 ポート可動域拡張 (2017-06-26 17:03)
 CYMA M870 マグプルカスタムレビュー (2017-01-20 10:15)
 愛機整備 (2016-12-28 11:17)
 レイルフォアエンド (2016-12-04 18:15)

Posted by フリップ好き  at 17:18 │Comments(6)ショットガン

この記事へのコメント
はじめまして
初めてブログを拝見させていただいた時から
参考にさせて頂いております
今後のS&T M870の改良等の関連記事
期待しています
Posted by 低王低王 at 2015年06月20日 18:49
>低王さん
はじめまして
低王さんもCA870系のシェルマガジン化と散弾化を行っているんですね(^^

・・・CA系の場合メインスプリングの関係で、散弾は5発までにした方が良さそうです。
Posted by フリップ好きフリップ好き at 2015年06月20日 19:41
ある意味インドア戦限定装備と割りきると、ちょうど良いなと思ってしまいますね。私はインドア戦が多いので至近距離でも気兼ね無く使えそうです。
Posted by こばやん at 2015年06月22日 06:57
>こばやんさん
でも6発ですぜ?www実際は結構痛いかと(笑)
Posted by フリップ好き at 2015年06月22日 20:09
はじめまして。
勝手ながら いつもフリップ好きさんのブログから
色々とアイデアを参考にさせて頂いてます。

質問なのですが、こちらのフォ-ルディングストック用の
シェルホルダーは販売する予定は御座いませんでしょうか?
Posted by たっちん at 2015年07月28日 23:18
>たっちんさん
はじめましてm(_ _)m
お!?興味がお有りですか?送料含3250円で宜しければお作りします。

よろしくご検討下さい。「欲しい!!」となりましたら「オーナーへメール」の項目からご連絡下さい。
Posted by フリップ好きフリップ好き at 2015年07月29日 07:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。