2015年08月27日

アウターバレルは樹脂製


イサカのライアットですが、結局アウターバレル内側の圧入パイプは外せないことが判明したので、フェザーライトの樹脂製アウターバレルを使いました。

そのままでは浮くので、フレームもろともブラックスチールで塗装


樹脂感が出ないようにパーティングラインも処理しましたよ

で、当然ながら6発同時発射です(69m/s)

あと

シェルマガジンwww
依頼が来たときに「私には出来ません」ってわけにもいかないので、テストも兼ねて。
フレームの金属はS&Tのダイキャストよりも硬かったですicon11
結構大変だった。


これで手持ちのショットガンはマガジンが全て共用できるicon12

さて、他の作業に戻りますよ






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
猟銃っぽいショットガン
モデュレイテッドカスタム
やってみたら出来た(笑)
シェルマガジンのメンテナンス
不具合修正
手術完了
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 猟銃っぽいショットガン (2018-04-28 13:39)
 モデュレイテッドカスタム (2018-04-26 13:09)
 やってみたら出来た(笑) (2018-03-31 14:50)
 シェルマガジンのメンテナンス (2018-03-17 08:18)
 不具合修正 (2018-03-10 09:46)
 手術完了 (2018-03-09 12:38)

Posted by フリップ好き  at 18:24 │Comments(2)ショットガン

この記事へのコメント
欲しい時にはかなか出てこない法則回避のためにG&Pのマッドブルフロントは確保しました(笑)、例のあぶデカ仕様のショーティー化を依頼する際はS&Tフェイクウッドのソードオフ辺りの本体も確保しといた方がいいでしょうか?
Posted by 飛鳥 at 2015年08月28日 02:46
>飛鳥さん
本体があれば確実ですね(^^
内部で必要な部品はこちらで準備出来ますのでご安心を。
Posted by フリップ好きフリップ好き at 2015年08月28日 08:20
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。