2015年12月25日

電動ハンドガン

やっと買いましたicon12
やはり狭い場所や曲がり角ではショットガンを左で持ち替えるだけでは対応出来ず、しかしシングルガバは動かないので、どうしてもハンドガンが欲しかった(><)

またUSPです。
で、1発も撃たずにカスタム中(笑)

もうね、純正電ハンの「ウィポ!ウィポ!」ってのは嫌なので、電ハン持つときは、電動用のリポを使えるようにするのが自分の中では必須カスタムです。

で、候補が
・M93Rを使ってオート9
・M9を使ってクラリックガン
・USPを使ってLAM装着のソーコム風

でしたが、コンパクトさを取ってUSPに。
以前にやってるから経験値があるってもありますが。

このLAM、本来ソーコムサイズなので、他の銃に付けるとでかく見えるので、今回はサイズのみUSPに合わせて、デザインは崩さずに製作。


ちなみにこれが以前のやつ

今はこの頃より技術力もあるし、なにより3Dプリンターがあるので、よりコンパクトにicon12
3Dプリンター万歳icon12でも細かなパーツは作れなかったので(小さすぎてモールドが潰れたり歪んだりして使い物にならず)、ネジやボタン等は手作業で作っていきます。


構造は以前と同じです。下のライトユニットを取り外して(ライトのレンズ部分が固定ネジになってます)電動用のPEQ型リポが入ります。バッテリーを扱う事からずいぶん離れているうちにグリーンラインってのが出てたのね。出力はレッドラインの上だとか。
7.4V1800mAhで30C(あれ?レッドラインも30Cじゃなかったっけ?内部抵抗が少なくなったとかかな?)なので、電ハン用リポ使用よりもレスポンスは良くなります。一度このカスタムやると純正ニッスイバッテリーでは満足出来なくなるw

当然配線もFET化しますが、内部はまだ作業出来ず。お客さんの方が優先ですので、こっちはゆっくりやります。
アウターバレルもガスブロでよくやるハイブリットアウターバレルにして、よりソーコムっぽくする&130mmまでインナーバレルを伸ばす方向で。初速は70m/s出てれば良いのでスプリングは変えません。レスポンス重視icon12

ちなみに「LAM型バッテリーケースは販売されていますか?」という質問がたまに来ますが、これはリアフレームと一体化することで使用可能になるもの(本体側にも切削が必要&脱着式にすると強度が足りない)のため、単体販売はしてないです。ご依頼があれば持込加工や完成品提供って形で製作はしますよ。
3Dプリンターがほとんどやってくれますが、細かいパーツが手作業になるので工数は掛かっちゃいますが。

ショットガンだけじゃないの?って言われそうですが、装備アイテムやアクセサリー(ナイフとかスタンロッドとか)も製作してます。
あんまり複雑な物は作れませんが(規則的な切削モールドが並ぶSAIスライドやコスタスライドなんかは出来ないです)

あとでホルスターも作らないといけないんだよなぁ・・・
正月やろうかしら?



たいしたことじゃないけどサイトもM&P9 Vカスタムのハイブリットナイトサイトを移植しております。

完成まではもう少し掛かりそう。






同じカテゴリー(ハンドガン)の記事画像
気化効率アップ化
ナイトホークっぽいナイトウォーリア
M&P 5インチ SAIカスタム
サイト変更
M&P
ストロークの短縮
同じカテゴリー(ハンドガン)の記事
 気化効率アップ化 (2017-06-24 11:30)
 ナイトホークっぽいナイトウォーリア (2017-05-27 20:52)
 M&P 5インチ SAIカスタム (2017-05-27 10:30)
 サイト変更 (2017-01-08 17:13)
 M&P (2016-10-16 16:55)
 ストロークの短縮 (2016-06-17 10:54)

Posted by フリップ好き  at 17:22 │Comments(3)ハンドガン

この記事へのコメント
質問失礼します。3Dプリンターをお持ちとの事ですが、ダミーナイフの製作を依頼した場合に受けて頂けますでしょうか?基本的にシースとグリップが一体になった抜けナイフで構わないのですが。
Posted by くろねこくろねこ at 2015年12月25日 18:20
>くろねこさん
うちの3Dプリンターではナイフほどの大きさの物は出力出来ないです。(汗)

ナイフ類の場合、ABS板材から削り出して、パテと併用して整形製作する形になります。
Posted by フリップ好きフリップ好き at 2015年12月25日 18:52
わかりました。
Posted by くろねこくろねこ at 2015年12月25日 19:31
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。