2017年02月16日

扱いやすいモデル

同時進行で作業してた関係で完成が遅れてましたが、完成時も同時にぽこぽこ出来上がり、ここ数日で完成ラッシュとなってます。

今回モデルにしたのはこちら


再現モデルではないですが、完成したのはこれ

ライトフォアエンドではないですが。


ストライクハイダーっぽいマガジンチューブ先端。フロントサイトはナイトホークタイプです。


サイトの集光アクリルはレッドです。フォアエンドもステッピング入り。


オールブラック仕上げ。フレームネジはナイトホーク仕様ではないですが、六角皿ネジに変えてあります。チラ見せシェルはレッド。
トップにはレイル。リアサイトはM1014タイプで上下左右調整可能です。


一応、マガジンチューブ邪魔なんですけど~って人のためにショート用のチューブキャップが付属します。交換すれば普通のショーティーモデルのカスタムガンに。特徴はなくなってしまいますが、扱いやすくはなりますよ。


今回ベースはスポーツラインです。
予告していた通り、インドア向けでコッキングは少し軽くし、初速は0.2gで74m/s。ホップは0.2~0.25となっています。

内部はCYMAパーツで、チャンバーパッキンのみマルイ製。パッキン巻き込みが怖かったのでチャンバーは過去のCYMAのも含めて出来の良い物を選定して組みました。現状問題ないです。

現行CYMAシリンダーと相性が良くないのはどうやらマルイ製チャンバーのようですね。
パッキンのみ交換の場合は大丈夫な感じです。(ただしホップの掛かりがCYMAチャンバーの出来に依存しますので当たり個体のチャンバーを使う必要があります。ハズレ個体のチャンバーだとマルイパッキンを使ってもホップが安定しませんでした。)

しかしTNバレルを使うにはチャンバーもマルイ製に変える必要があり、そうなるとシリンダーやピストンも変えるはめになり・・・かといってカスタムどおりの性能が出るかは不明という。

ショートアウターバレル+当たり個体チャンバー+マルイパッキン使用で、運用するのが現行CYMAではベストな組み合わせかと思われます。
お分かりのように対流速電動ガン向けにするようなガチカスタムには不向きです。マグプルカスタムのロングアウターバレルに至ってはホップすらいじれない可能性もあります。(ちょっと掛かりを良くするとアウターバレル内に弾がこすっちゃうんで。)

マグプル仕様になってからは一応当たりチャンバーは増えているので、やはり一定のレベルまではもっていけます。

なお、もうちょいで完成するSAI M870(先日出したモデルと同じデザインで、スポーツラインベース)に関しては内径太いロングアウターバレルを使ってるのでこの限りではありませんが、同じような性能になります。

初速の面でアウトドアには不向きですが、集弾性が悪いわけではないので、使えないことは無いです。実際インドア向けHAAカスタムでアウトドアでヒット取りまくってくれている方もいますしね。(一部定例会においてこの程度の初速ではやられてくれない人がいるってだけです・・・)でもスポーツラインはアクションバーベースも樹脂なのでスプリング交換で初速を上げるのは止めた方が良いです。

出品後に追記しますね。

<追記>
出品しました。
http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x476740400

メタルモデルではない・内部パーツは別途料金が必要なパーツには交換しなかった・例のバレルクランプ付いてないwという理由から、いつものぶっとんだ値段ではないです。流速電動ガン用には厳しくても普通の電動ガン相手なら十分使える仕上げになってますので、入門用としても如何ですか?






同じカテゴリー(オークション情報)の記事画像
在庫整理
残り物には福がある
ショットガンオペレーターTシャツ
ショットガンオペレーターパッチ
M&P 5インチ SAIカスタム
クラシックスタイル
同じカテゴリー(オークション情報)の記事
 在庫整理 (2017-11-23 16:02)
 残り物には福がある (2017-11-20 19:55)
 ショットガンオペレーターTシャツ (2017-09-11 17:41)
 ショットガンオペレーターパッチ (2017-07-19 14:43)
 M&P 5インチ SAIカスタム (2017-05-27 10:30)
 クラシックスタイル (2017-04-02 21:00)

Posted by フリップ好き  at 17:24 │Comments(0)オークション情報

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。