2018年03月10日

不具合修正

連日投稿(笑)

やっぱりこの程度のネタだとすぐ終わっちゃうよね・・・


チャンバー内の弾を抜く際にフォアエンド内にBB弾が入り込んじゃう構造上の欠陥があるSTF12です。

全弾撃ってからマガジンチェンジすれば問題ないのですが、ヒットされてセーフティーに戻る際、残弾に関係なくマガジンを抜き、必ずチャンバークリアの動作はしますよね。

てことはやはり改善が必要なのですよ。


まぁ、簡単ですよ。フォアエンドの手前側の溝を埋めるだけです。ここの溝の段差にBB弾が引っかかってそのままフォアエンド内に入っちゃうので、そこを平坦にしてやればチャンバークリアされた弾は溝にはまることなく外へ流れ落ちていきます。


強化もしたし、不具合改善はしたし、もういじるとこねーやw

ついでなので、STF12に興味があるけど性能が・・・って人のために書いておきますね。

まずSTF12はその構造からパワーカスタムには不向きです。
原因は以下

・オールプラ製ってもありますが、フォアエンドを引いた際にフレームに少し擦れます。
パワーカスタムするとコッキングに力を使うために強く握りこんでしまい、擦れも強くなり、コッキングが重く感じる悪循環になります。

・シリンダーはボアアップシリンダーなのですが、ピストンカップがクソなせいで、シリンダーとの摩擦力が大きくその特性を生かせません。
摩擦力を軽減するためにオイルやグリスをしっかり塗ると今度はそれがバレルに流れ込み、弾道が不安定になるという事態になります。

・機関部内にバリが多く、(それも内側に出っ張るバリ)ピストンの動きを阻害しています。結果、引きが重く前進力も削がれるダメダメ仕様です。

以上のことから、最低限上記の問題点を改善してやっと使える物になります。なので、

そのまま使う分にはやや難あり(コッキングが重い割に初速が出ない)

ではありますが、素体としては悪い物ではないですよ。
散弾工房さんにカスタムをお願いするなり、自分でいじくるなり出来る人向けですね。






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
猟銃っぽいショットガン
モデュレイテッドカスタム
やってみたら出来た(笑)
シェルマガジンのメンテナンス
手術完了
強化骨格
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 猟銃っぽいショットガン (2018-04-28 13:39)
 モデュレイテッドカスタム (2018-04-26 13:09)
 やってみたら出来た(笑) (2018-03-31 14:50)
 シェルマガジンのメンテナンス (2018-03-17 08:18)
 手術完了 (2018-03-09 12:38)
 強化骨格 (2018-03-07 17:08)

Posted by フリップ好き  at 09:46 │Comments(0)ショットガン

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。