2013年09月02日

M3再生記3-BM31完成-


こんなもん作ってるから、ショットシェルキーパー製作が遅れとりますicon10明日にはそっちも完成させますからねicon10
さて、頂き物のジャンクM3ショットガンの再生記。完結編です。

BM31完成icon12

エアショットガンのベネリM3をベースに、オーソドックスでクラシカルなショットガンにしようということでした。
んで、M870を通り越して、その前身機種にあたるレミントンのM31をモチーフにしました。
クラシック路線なのでハンドルもストックも木目調塗装です。


フロント周りです。完全再現じゃないけど雰囲気は似せてます。フロントサイトはビーズサイト
(形状はMGCのモデルガンの画像を参考にしました。)


バットプレートも一世代前の形状。イサカのバットプレートに近い形です・・・現行ラバーのが作れないからこうなっただけだったりもします。


ブラックスチールで塗装後に磨くことで金属的な艶を出しました。ブラックスチールでも磨けばこんだけ艶が出るんだと知りました。


私のショットガンには必ず追加するエジェクションポート開閉ギミックも当然ながら搭載

性能面でのポイントは1コッキング6発同時発射であるという点icon12
テストの結果、初弾は5発になることが多いですが、2回目以降は6発安定します。
マルイのM870と同じく1バレルに2発装填です。M870と違って、初速が落ちる分は長掛けホップで飛ばす方式です。
コッキングが重いのはエアショットガンの宿命ですが、気温による初速変動はないし、何より安定度は高いですからね。

後日動画撮って来ますicon12


最近はタクティカルなのばっかりでしたが、たまにはこういうクラシック路線のショットガンも良いですねicon12






同じカテゴリー(ショットガン)の記事画像
CYMA M870 ポート可動域拡張
CYMA M870 マグプルカスタムレビュー
愛機整備
レイルフォアエンド
イベント販売分の2丁
ぶっ壊しちゃったので(汗)
同じカテゴリー(ショットガン)の記事
 CYMA M870 ポート可動域拡張 (2017-06-26 17:03)
 CYMA M870 マグプルカスタムレビュー (2017-01-20 10:15)
 愛機整備 (2016-12-28 11:17)
 レイルフォアエンド (2016-12-04 18:15)
 イベント販売分の2丁 (2016-11-24 18:28)
 ぶっ壊しちゃったので(汗) (2016-11-23 19:42)

Posted by フリップ好き  at 12:01 │Comments(4)ショットガン

この記事へのコメント
いつも拝見させてもらってます!
エアコキで6発同時発射すごいです!!
なかなか理想的な感じですね!!
カスタムおねがいしたいぐらいです!!
Posted by だらたか at 2013年09月02日 15:25
>だらたかさん
お褒め頂き光栄ですm(__)m

初速が低いという欠点はありますが、飛距離は確保してあるので、至近距離で撃ってもある意味安全です(笑)

天気が良ければ明日にでも動画撮ってこようかと思ってます(^^
Posted by フリップ好き at 2013年09月02日 16:07
おぉ、やりそうだなと思ってたらほんとにやってたw
相変わらず工作すごいですねー。

自分はマルイの870に苦戦中・・・w
Posted by HIO at 2013年09月03日 23:20
>HIOさん
どうせ頂き物のショットガンだし、ダメ元でやってみたら出来たっす(笑)

機構的にM870も同じなんで、シャッター解放時間を見直せば6発発射安定するんじゃないですかね?ノズル解放延長はさすがに無理っぽいです(汗)後退量増やすやり方はノズル側にBB弾が流れ込んで破損しかねませんし。

パッキン不具合は接着すると良いみたいですよ。
Posted by フリップ好き at 2013年09月03日 23:33
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。